現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 独メルセデスAMG、GLC43 4MATICクーペを発表

ここから本文です

独メルセデスAMG、GLC43 4MATICクーペを発表

掲載 更新

メルセデス-AMGは1日、本国で「GLC 43 4MATICクーペ」を発表した。GLC 43 4MATICクーペは、GLKの後継にあたるGLCから派生した、GLCクーペの最上級モデル。

パワートレインは、3リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、最高出力367hp、最大トルク520Nmを発生する。このエンジンは、1.1バールの高ブースト圧で出力アップを図るとともに、F1ゆずりのエンジン技術「NANOSLIDE(ナノスライド)」をシリンダーライナーに採用。これはエンジン内の高い摩擦が加わる部位の耐久性を高めるとともに、フリクション低減の効果もあるという。

GLC 43 4MATICクーペはこのエンジンに9速オートマチック「9Gトロニック」を組み合わせ、AMGパフォーマンス4MATICを介して4輪を駆動する。公表された性能データによると、0-100km/h加速4.9秒、最高速度250km/hとなっている。

サスペンションは、セルフレベリング機能を備える複筒式のエアサスペンションを搭載し、操縦安定性と乗り心地を追求。また、ボタン操作で簡単に車高を変化できる機構により、オフロード性能の向上も図られている。

GLC 43 4MATICクーペは9月28日、パリサロンで世界初公開される予定。欧州では10月6日に発売され、12月上旬より順次納車が開始される予定だ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

昔はターボエンジン=悪燃費じゃなかった!? 最近NAよりもターボのほうが「低燃費」となったワケ
昔はターボエンジン=悪燃費じゃなかった!? 最近NAよりもターボのほうが「低燃費」となったワケ
WEB CARTOP
WEC開幕、王者トヨタはマシンカラーリングを一新して6シーズン連続ダブルタイトル獲得に挑む【2024 WEC プレビュー】
WEC開幕、王者トヨタはマシンカラーリングを一新して6シーズン連続ダブルタイトル獲得に挑む【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
より現代的に、より大きく、より簡単に! 「アウディQ2」が大幅なテクノロジーのアップデートを実施
より現代的に、より大きく、より簡単に! 「アウディQ2」が大幅なテクノロジーのアップデートを実施
LE VOLANT CARSMEET WEB
MotoGPが予定する2027年のルール改定、新メーカー呼び込むチャンスに? アプリリアは”業界のため”なら空力制限も受け入れ姿勢
MotoGPが予定する2027年のルール改定、新メーカー呼び込むチャンスに? アプリリアは”業界のため”なら空力制限も受け入れ姿勢
motorsport.com 日本版
日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
日本と世界を繋ぐ、トヨタの“ドライバーズファースト”な取り組み。その輪が広がってほしい!:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
motorsport.com 日本版
「えっ…!」クルマでしか行けない「混浴大浴場」ドコ? 雪深い「酸ヶ湯温泉」 冬にあえて行く「雪景色ドライブ」の魅力は?
「えっ…!」クルマでしか行けない「混浴大浴場」ドコ? 雪深い「酸ヶ湯温泉」 冬にあえて行く「雪景色ドライブ」の魅力は?
くるまのニュース
ベントレー日本登場60周年! 10台限定の特別なクルマ 新型「アズール ニンバスコレクション」日本初公開
ベントレー日本登場60周年! 10台限定の特別なクルマ 新型「アズール ニンバスコレクション」日本初公開
VAGUE
さらにマニアックにサスセッティングを行いたい人必見! モータースポーツ総合エンターテイナーの濱原颯道がサスペンションの油面とオイルとローフリクションを徹底解説
さらにマニアックにサスセッティングを行いたい人必見! モータースポーツ総合エンターテイナーの濱原颯道がサスペンションの油面とオイルとローフリクションを徹底解説
バイクのニュース
やります!「MAZDA FAN FESTA」、第1弾は4月にSUGOで開催
やります!「MAZDA FAN FESTA」、第1弾は4月にSUGOで開催
レスポンス
【デグナー】から2024年春夏の新作!新デザインのMA-1タイプ、ブラウンのレザーパンツ、フード付きのレザージャケットなど  
【デグナー】から2024年春夏の新作!新デザインのMA-1タイプ、ブラウンのレザーパンツ、フード付きのレザージャケットなど  
モーサイ
アリアもついに400馬力オーバーへ!! e-4ORCEベースのNISMOチューンで電撃のコーナリング力
アリアもついに400馬力オーバーへ!! e-4ORCEベースのNISMOチューンで電撃のコーナリング力
ベストカーWeb
雨でNGのレース用スリックタイヤで氷上が走れた! 溝がないのに意外と速く走行できた理由とは【Key’s note】
雨でNGのレース用スリックタイヤで氷上が走れた! 溝がないのに意外と速く走行できた理由とは【Key’s note】
Auto Messe Web
60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要
60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要
月刊自家用車WEB
“苛立つ”フォード、タッグ組むレッドブルF1ホーナー代表の不適切行為疑惑で早期解決を要求「真摯な姿勢を示すことが不可欠」
“苛立つ”フォード、タッグ組むレッドブルF1ホーナー代表の不適切行為疑惑で早期解決を要求「真摯な姿勢を示すことが不可欠」
motorsport.com 日本版
【ハーレー】今年のブルスカは横浜で!「BLUE SKY HEAVEN 2024/ブルースカイヘブン2024」を6/1・2開催
【ハーレー】今年のブルスカは横浜で!「BLUE SKY HEAVEN 2024/ブルースカイヘブン2024」を6/1・2開催
バイクブロス
バイクのある日常をテーマにしたイラストレーション展「HAVE A BIKE DAY.Vol.6」がユナイテッドカフェ世田谷店/宮ケ瀬店で3/20~4/1まで開催!
バイクのある日常をテーマにしたイラストレーション展「HAVE A BIKE DAY.Vol.6」がユナイテッドカフェ世田谷店/宮ケ瀬店で3/20~4/1まで開催!
バイクブロス
28億円の資金調達で三輪超小型EVの市販に加速! リーンモビリティ・リーン3は2025年発売予定
28億円の資金調達で三輪超小型EVの市販に加速! リーンモビリティ・リーン3は2025年発売予定
THE EV TIMES
レッドブルF1のフェルスタッペン、テスト最終日はロングランに集中し4番手「マシンのパフォーマンスは強力だった」
レッドブルF1のフェルスタッペン、テスト最終日はロングランに集中し4番手「マシンのパフォーマンスは強力だった」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

839.0998.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

188.01068.0万円

中古車を検索
GLCクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

839.0998.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

188.01068.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村