現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 11月新車販売台数レポート 登録車は順調に回復 軽自動車の伸びは鈍化

ここから本文です

11月新車販売台数レポート 登録車は順調に回復 軽自動車の伸びは鈍化

掲載
11月新車販売台数レポート 登録車は順調に回復 軽自動車の伸びは鈍化

登録車の前年実績超え 15か月連続に

部品の供給不足の改善を追い風に、生産状況が回復軌道に乗る日本の自動車メーカー。2023年11月期の新車販売は、その傾向が数値となって示された。

【画像】前年同月比23.7%増を記録 トヨタ自動車の注目モデル「クラウン・スポーツ」「アルファード」「ヴェルファイア」 全34枚

日本自動車販売協会連合会がまとめた登録車の11月期の新車販売台数(速報値)は、前年同月比15.1%増の25万5054台と11カ月連続でのプラス。

また、全国軽自動車協会連合会がまとめた11月期の軽自動車の新車販売台数(速報値)は、同0.3%増の15万6035台と4カ月連続でのプラスを成し遂げる。

結果として、トータルでの11月期の国内新車販売台数は同9.0%増の41万1089台と15か月連続での前年実績超えを達成した。

登録車の11月期のブランド別新車販売台数では、新車効果に一服感が出たスズキが前年同月比6.8%減の9095台、三菱自動車が同2.4%減の3231台、そしてロッキーのHV車の出荷停止が続くダイハツが同42.0%減の1987台と前年実績割れを記録。

一方、トヨタ自動車は同23.7%増の13万279台、ホンダは同14.5%増の2万9721台、日産自動車は同4.2%増の2万3109台、マツダは同16.9%増の1万560台、SUBARUは同24.6%増の9253台、レクサスは同159.3%増の6883台と前年実績超えを果たす。

また、貨物車のブランドでは新型エルフの販売が堅調ないすゞ自動車が同3.4%増の4322台、三菱ふそうが同27.1%増の3022台とプラスを継続し、また日野自動車は同15.2%増の2637台とプラスを回復。対して、UDトラックスは同22.2%減の766台とマイナスが続いた。

軽自動車 足踏みのスズキ・ダイハツ、新型N-BOXで勢いづくホンダ

軽自動車の11月期のブランド別新車販売台数は、前年同月比で6.5%減のマイナスだったものの5万3053台を売り上げたダイハツが4カ月連続でのシェアトップに就く。

最大のライバルのスズキは同4.4%減の4万6266台にとどまって、第2位に甘んじた。

一方でホンダは新型に切り替わったNボックスの好セールもあって同11.3%増の2万8544台、デリカミニの販売が伸びた三菱自動車は同72.7%増の6049台とプラスを継続。また、日産自動車も同5.9%増の1万5637台とプラスを回復する。

そして、OEM供給を受けるブランドではトヨタ自動車が同29.4%増の2569台と前年実績超えを果たしたものの、マツダは同5.2%減の2686台、SUBARUは同26.6%減の1199台とマイナスに落ち込んだ。

好調が見込まれる年末商戦 今後に向け懸念要素も

11月期の新車販売の動きについて業界団体の関係者は、「前年11月期の新車販売台数が37万7079台と低水準だったこともあり、本年11月期は前年同月比で9.0%増を記録した。また、台数で見ても40万台超を果たし、新型コロナウイルス感染拡大前のレベルに近づいている。さらに、暦年では本年1月~11月期で441万6247台と、すでに昨年1月~12月期の420万1262台を超えた」

「ただし、登録車が前年同月比で2桁の伸びを継続しているのに対して、軽自動車の伸びは鈍化している。一部では物価高騰や実質賃金のマイナスによる買い控えが国民車といわれる軽自動車で発生しているとの意見もあり、このあたりは注視していく必要がある」と解説する。

今後の展開に関しては、「新車の需要は新型車を中心に堅調で、また年末商戦に向けて新型車や特別仕様車が各メーカーから積極的に発売される予定。さらに、前年同期の新車販売台数が低迷していたことから、来月以降も前年実績超えを果たす可能性が高い」と指摘。

また、「生産調整はこれからも一部で続く見込みだが、その規模は着実に縮小していくと予想される。一方で懸念要素としては、依然として世界規模で続く部品の供給不安定や材料価格の高止まり、さらに円安傾向などが挙げられる。前述した物価高騰や実質賃金のマイナス、国民負担率の上昇なども、販売の面でマイナス材料。イスラエルとパレスチナの武力衝突によって、今後原油価格に影響が出るかどうかも気がかりな点」と示唆した。

こんな記事も読まれています

今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
motorsport.com 日本版
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
AUTOSPORT web
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
motorsport.com 日本版
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
AUTOSPORT web
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ヤバいほどややこしい!! 「私道と公道」じゃ大違いな事故対応!!! 
ベストカーWeb
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
【RQ決定情報2024】Moduloスマイルは継続の池永百合さんに加え、仲美由紀さんが新加入
AUTOSPORT web
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
スーパーGT300のSTI BRZがシェイクダウン! 2024年シーズンは「スバル」がチャンピオン奪回を狙う!!
ベストカーWeb
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
まるで映画『カーズ』の舞台! セリグマンの街から全米に広がった情熱が「母なる道」の保存に繋がりました【ルート66旅_41】
Auto Messe Web
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
広さと装備のバランスが良いダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
ヤマハからホンダへ。新天地で2度目のJSB1000王者を狙う野左根航汰/鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
ホンダCR-Vをベースとした新型燃料電池車が初公開。日本での発売は今夏を予定
カー・アンド・ドライバー
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
4.4mを超えても「ちゃんとミニ!」 新型カントリーマンへ試乗 らしい走りのゴーカート・モード
AUTOCAR JAPAN
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
FP3最速はキャデラック、好調ポルシェ勢が続く。LMGT3はアストンとフェラーリが接戦【第1戦カタール】
AUTOSPORT web
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
15台が参加したGT500鈴鹿テストは2日目。ENEOS X PRIME GR Supraがトップタイムを記録
AUTOSPORT web
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
ホムラの人気作「2×7」のスピンオフ最新作が登場!「2×7FTスポーツエディション」の新たな世界とは
Auto Messe Web
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
「幻のスーパーカー」復活 ジャガーC-X75 映画『007』劇中車、5.0L V8で公道デビュー
AUTOCAR JAPAN
レッドブル、タイヤ戦略でも一歩リードか。ライバルを絶望させる1セットの新品ソフトタイヤ
レッドブル、タイヤ戦略でも一歩リードか。ライバルを絶望させる1セットの新品ソフトタイヤ
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.01000.0万円

中古車を検索
N-BOXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.01000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村