現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダHSV-010、マツダRX500、日産MID4…幻になった国産スーパーカーたちの墓標

ここから本文です

ホンダHSV-010、マツダRX500、日産MID4…幻になった国産スーパーカーたちの墓標

掲載 7
ホンダHSV-010、マツダRX500、日産MID4…幻になった国産スーパーカーたちの墓標

 「スーパーカー」といえば、フェラーリやランボルギーニなど、海外メーカーのモデルを思い浮かべる人は多いと思うが、かつては日本のメーカーでもスーパーカーが開発され、なかには市販直前までこぎつけていたモデルも少なくなかった。

 実際に販売されていればと思うと残念でならないが、今回はそんなお蔵入りとなってしまった幻のスーパーカーをいくつかご紹介しよう。

ホンダHSV-010、マツダRX500、日産MID4…幻になった国産スーパーカーたちの墓標

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:MAZDA、NISSAN、TOYOTA、HONDA、MITSUBISHI、YAMAHA、ベストカー編集部

初代NSXの後継となるはずだった、ホンダ「HSV-010」

 HSV-010は、初代NSXの後継として登場する予定だったクルマだ。北米市場を意識したスタイリングとメカニズムをまとい、2007年のデトロイトモーターショーにおいて、「Acura Advanced Sports Car Concept」として初披露されていた。

 3.5リッターV10エンジンをフロントに搭載し、レジェンドにも採用されたSH-AWD(駆動力を曲がるために活用する電子制御四輪駆動技術)を採用。市販化に向けて開発が進められていたようだったが、リーマンショックによる景気後退などにより、プロジェクトは中止となった。

 残念ながら市販モデルが登場することはなかったが、このモデルをベースにしたスーパーGTのGT500カテゴリのワークスマシン「HSV-010 GT」は、2010年~2013年にかけてレースに参戦。投入初年度のデビューイヤーでチャンピオンを獲得するなど、ホンダファンを沸かせる偉業を達成した。

2010年、それまでのNSX-GTに代わり、スーパーGTのGT500カテゴリに投入されたHSV-010 GT。市販モデルはリリースされなかったが、レース車として見ることができたのはファンにとって喜ばしいことだった

スペックはまさにレーシングカー マツダ「RX500」

 マツダが1970年の東京モーターショー出展したコンセプトカー「RX500」。コンセプトカーとはいえ、実際に走行可能な状態まで開発が進んだモデルであり、まさに市販化が期待された一台だった。

 1967年に登場したコスモスポーツに採用された10A型ロータリーエンジンをミッドシップに搭載し、前後重量配分は50:50を実現。トランスミッションは4速MTで後輪を駆動する。車両重量は850kgで最高出力は250ps、最高速度は250km/hに達するなど、当時のレーシングカーのようなスペックであった。

 キャビンへのアクセスドアはシザーズ式で、リアに鎮座するエンジンルームのドアはガルウィング式を採用。ウェッジシェイプの低く構えたデザインはスーパーカーの王道を行くものであるが、残念ながら市販化には至らなかった。

マツダRX-500。市販化されてもおかしくないところまで開発が進んでいた幻のロータリースーパーカー。いま見ても素晴らしいデザインだ

いつ市販化されてもおかしくないといわれていた、日産 MID4/MID4-II

 日産「MID4」は、1985年のフランクフルトモーターショー、そして同年の東京モーターショーでお披露目されたコンセプトカーだ。

 「ミッドシップレイアウトでフルタイム4WD方式のスポーツカー」であることが名前の由来であるMID4。エンジンは3.0リッター V6 DOHCのVG30DE型、最高出力230psのものがミッドシップに搭載され、4WDシステムにはHICAS(四輪操舵システム)が備わるなど、当時の日産の最新技術が詰まった逸品であった。このMID4の評判がよかったことで、日産は市販化を前提にさらに開発を進め、2年後となる1987年の東京モーターショーでは、進化版である「MID4 II」を発表した。

 MID4よりも丸みを帯びた流麗なスタイリングとなり、エンジンはさらにハイパワーな3.0リッター V6DOHCツインターボ+インタークーラーのVG30DETTを搭載、最高出力は330psに達した。プロトタイプとしながらもその完成度は高く、テストコースでの試乗会も開催されるほどだったため、いつ市販化されてもおかしくないという噂があったが、価格や販売上の問題からプロジェクトは中止となり、お蔵入りとなってしまった。

MID4の反響を受け、市販化を前提に開発が進められた「MID4 II」。発売まで秒読みとも言われたが、直前でプロジェクトは中止された

「公道で乗れるフォーミュラカー」だった、ヤマハ「OX99-11」

 トヨタのエンジンサプライヤーとして歴史のあるヤマハ。特に高回転型のエンジンのノウハウが少量生産のスポーツカーなどに向いているといわれているが、1989年からはF1のエンジンサプライヤーとして参戦しており、その流れで初の市販四輪車として発売が計画されていたスーパーカーが「OX99-11」だ。

 車名のOX99は、1991年にブラバム、1992年にジョーダンチームに供給していたF1用エンジンの型式名。3.5リッター V12エンジンのレブリミットは10000rpmを超え、デチューンしたとはいえ、最高出力は450ps、車両重量は1000kgという、まさに公道で乗れるフォーミュラカーのようなマシンだった。

 丸いドーム型のキャビンには、中央に運転席、その後ろが助手席というタンデムレイアウトで、レーシングカーデザインで有名な由良拓也氏による美しく流麗なスタイリングが特徴だった。1994年の発売を目指して開発された(販売価格は1億3000万円と言われる)が、世界的な経済変動の影響により、プロジェクトは断念となった。

由良拓也氏による美しいデザインのヤマハOX99-11。もしリリースされていたとしたら、F1さながらの空力性能やパワートレインを楽しめる、本気のロードゴーイングカーであっただろう

◆     ◆     ◆

 日本のメーカーでも、こうした高性能なスポーツカーがいくつも開発されていた。クルマ好きとしては、まさに夢のようなモデルたち。やはり夢を実現させるのは、なかなか難しいということなのだろうか。

こんな記事も読まれています

レッドブル育成ゲーテとトライデントのメゲトゥニフが優勝分ける【正式結果/FIA F3第3戦イモラ】
レッドブル育成ゲーテとトライデントのメゲトゥニフが優勝分ける【正式結果/FIA F3第3戦イモラ】
AUTOSPORT web
初代レガシィB4たっか!!! ちょっと前なら50万くらいだったのに……B4人気が再びか!?
初代レガシィB4たっか!!! ちょっと前なら50万くらいだったのに……B4人気が再びか!?
ベストカーWeb
ブリストル研究所主任研究員が解説! 3350万円で落札された「450ル・マン」はいかにして復刻されたのか?
ブリストル研究所主任研究員が解説! 3350万円で落札された「450ル・マン」はいかにして復刻されたのか?
Auto Messe Web
カワサキ、世界初のストロングハイブリッドモーターサイクル『Ninja 7 Hybrid/Z7 Hybrid』発売延期
カワサキ、世界初のストロングハイブリッドモーターサイクル『Ninja 7 Hybrid/Z7 Hybrid』発売延期
AUTOSPORT web
ベントレー『コンチネンタルGTアズール』に日本限定車、白と黒の上品なデザイン…価格は4165万7000円
ベントレー『コンチネンタルGTアズール』に日本限定車、白と黒の上品なデザイン…価格は4165万7000円
レスポンス
【中古車テスト】1980年以来「フィアット パンダ」は特に賢い小型車のひとつである 中古パンダのテスト&チェック&評価!
【中古車テスト】1980年以来「フィアット パンダ」は特に賢い小型車のひとつである 中古パンダのテスト&チェック&評価!
AutoBild Japan
ジャガーFペイス MY25モデルと「90thアニバーサリー・エディション」追加 ディーゼルとガソリン
ジャガーFペイス MY25モデルと「90thアニバーサリー・エディション」追加 ディーゼルとガソリン
AUTOCAR JAPAN
琢磨の予選2日目は10番手に。空力を“2ステップ”変更も「コンサバティブに行き過ぎた」と悔やむ/インディ500
琢磨の予選2日目は10番手に。空力を“2ステップ”変更も「コンサバティブに行き過ぎた」と悔やむ/インディ500
AUTOSPORT web
トヨタが“新”「シエンタ」発表! オシャな「グリーン×グレー」&斬新「ルームランプ」設定! 装備充実化し発売 約199万円から
トヨタが“新”「シエンタ」発表! オシャな「グリーン×グレー」&斬新「ルームランプ」設定! 装備充実化し発売 約199万円から
くるまのニュース
ネクサスから トライアンフ スピード400・スクランブラー400X用「フェンダーレスキット/PROラジエターガード/クラシッククラッシュプロテクター」が発売!
ネクサスから トライアンフ スピード400・スクランブラー400X用「フェンダーレスキット/PROラジエターガード/クラシッククラッシュプロテクター」が発売!
バイクブロス
MAXWIN からヘルメットにドライブレコーダーやアクションカメラを固定できる汎用ステー「BDVR-OP11」が登場!
MAXWIN からヘルメットにドライブレコーダーやアクションカメラを固定できる汎用ステー「BDVR-OP11」が登場!
バイクブロス
こんどのスーパー耐久は眠れない? 深夜まで注目のイベントがズラリ!
こんどのスーパー耐久は眠れない? 深夜まで注目のイベントがズラリ!
レスポンス
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【ミツビシ・デリカD:5】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【ミツビシ・デリカD:5】
月刊自家用車WEB
トヨタ「シエンタ」車中泊仕様が登場! まさかの2列シートがフルフラット化!? 「VANLIFE ROOMKIT」68万円で発売
トヨタ「シエンタ」車中泊仕様が登場! まさかの2列シートがフルフラット化!? 「VANLIFE ROOMKIT」68万円で発売
くるまのニュース
発売は6月! ホンダが特設サイトで2つの新型「フリード」を先行公開
発売は6月! ホンダが特設サイトで2つの新型「フリード」を先行公開
バイクのニュース
威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
25歳の若者がトヨタ「70スープラ」に憧れてオーナーに!「ヴィッツ」から乗り換えて純正ルックでサーキット仕様へ
25歳の若者がトヨタ「70スープラ」に憧れてオーナーに!「ヴィッツ」から乗り換えて純正ルックでサーキット仕様へ
Auto Messe Web
コンビニ初! ファミリーマートが移動型無人トレーラー店舗をオープン! 場所は大阪・関西万博工事現場!?
コンビニ初! ファミリーマートが移動型無人トレーラー店舗をオープン! 場所は大阪・関西万博工事現場!?
くるくら

みんなのコメント

7件
  • R500
    HSV-010GTのV10NAエンジンの甲高い音すごく良かったな〜!
    今のGT500皆同じ音でつまんないんだよな...
    HSV-010が発売されていたら本当に購入したかったな
  • ********
    HSVはスーパーGTのホンダへの救済策だよね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2420.02794.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

600.05900.0万円

中古車を検索
NSXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2420.02794.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

600.05900.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村