現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産新型「オーラ」は速くて静かでお買い得! 話題の「BOSEサウンドシステム」がちょっと惜しい!?

ここから本文です

日産新型「オーラ」は速くて静かでお買い得! 話題の「BOSEサウンドシステム」がちょっと惜しい!?

掲載 更新 23
日産新型「オーラ」は速くて静かでお買い得! 話題の「BOSEサウンドシステム」がちょっと惜しい!?

■新型オーラが好調! 一体どんなクルマ?

 日産のコンパクトカー「ノート」の上級モデルとして2021年8月17日に発売された新型「ノートオーラ」(以下オーラ)の売れ行きが好調らしい。

まるで国産ポルシェ!? 日産「ノート」4WDが凄すぎる! その実力とは

 2021年8月の発売時点で受注1万台。その後も順調な受注状況で、2021年9月下旬時点で1万2000台を超えたという。

 主な購入層は、ひと昔前なら「ブルーバード」や「ローレル」、「スカイライン」などを買っていた日産のお得意さん達である。

 考えてみたら、現在の日産のラインナップを見ると、ノートより上のモデルは高価なスカイラインです。

 セダンの「シルフィ」も「ティアナ」も絶版になってしまい、ちょうど良いクルマがなくなってしまった。かといってほかのメーカーのクルマに乗りたくない、という質の良い顧客を日産はいまでも相当数持っている。有り難いことです。

 ノートだと少し物足りないものの、新型オーラならひとクラス上のクルマ作りを目指している。新型オーラのボディサイズはノートより拡大されたことから、ナンバーも「5」じゃなく「3」。

 加えて新型オーラとノートの価格差は42万円ほど。少なからぬ金額差ながら、内容を考えたらお買い得感がある。

 というのもノートは、ブラインドスポット警報やナビなど必要な装備を付けていくと簡単に40万円くらい高くなってしまう。

 一方の新型オーラならLEDヘッドライトなど魅力的な装備まで標準。後述するBOSEとアダプティブクルコンさえ諦めたら割安だ。

 ノートのパワートレインは1.2リッター+e-POWER。これは新型オーラも同じだが、普通のエンジンなら最高出力に相応する「システム出力」は、ノートの116馬力に対して新型オーラはワンランク大きい136馬力。

 1.5リッターエンジン車と1.8リッターエンジン車くらいの違いがある。これだけで20万円くらいの価値を持つ。

 私(国沢光宏)なら、ノートと新型オーラで迷ったら、迷うことなくすべてにいいて上質な新型オーラを選ぶだろう。

 そんなことを考えながらオーラのハンドルを握ると、「なるほど! これで十分良いじゃないか」と思う。

 驚くほど静か。10年前のガソリン車から乗り換えたら信じられないほどの静粛性だ。絶対的な動力性能だってひと昔前の2リッターエンジンより確実に速い。街中の追い越し加速など、クルマ好きが多い日産愛好家も満足出来る。

 トヨタのハイブリッド車と比べたら実用燃費で劣るが(新型オーラを街中で走らせると17km/Lから20km/L程度)、普通のエンジン車と比べたら圧倒的に良い。

 インテリアの質感が高く、絶対的な後席スペースだってティアナにこそ届かないまでも、それ以外の歴代日産車と比べたら余裕。豊富な電子装備なんか使い方を覚えきれないだろう。

■購入者の8割以上が選択する人気オプション「BOSE」の実力は?

 新型オーラで話題に上がっている「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」(以下BOSE)はどうだろうか。

 おそらく「どんなオーディオを聞いてきたかでまったく評価が違う」と思う。

 私はBOSE好きのため期待値が高すぎたのか、まったく“らしさ”を感じず失望。BOSEの特徴を挙げるなら「コストやスピーカーのサイズからすれば驚くくらいキッチリとした低音を鳴らす」ことだと考えている。

 BOSEの担当者に直接「どのくらいのパワーなのか?」と聞いたところ「出力については公表していません」とのこと。う~ん、出力を公表しないハーレーと同じか。

 走行中の騒音が大きいクルマで低音をしっかり出そうとすればパワーを必要とする。オーラのBOSEは音のバランスこそ鮮やかながら、パワー不足らしく低音が足りない。個性がないと感じました。

 繰り返しになるけれど、オーディオに対する要求レベルは個人差が大きい。困ったことに「BOSEだけ不要」という選択肢はなく、ナビやアダプティブクルーズコントロールも欲しいとなったら、40万1500円のBOSEを含むオプションを選ばないといけないのだった。

 カメラを含む衝突被害軽減ブレーキは標準装備されるため、アダプティブクルコン機能を加えてもコストアップしないハズなのに。

 改めていうと、BOSEと実質的なコストアップなしのクルコン機能は、トヨタなら無料のSOSコール、2万円程度のETCのセットで40万1500円です。

 日産がBOSEを材料に実質的な価格の上乗せを狙ったとすれば、BOSEにとっても不幸なこと。こういった抱き合わせのオプションは、正直なビジネススタルじゃない。

 直近の販売状況を見ると、BOSEのセットプションを付ける人が80%近くを占めるという。日産の顧客層は本当に良質です。予算に余裕があったらフル装備で買えばいい。

 とはいえ、他銘柄のお客さんを引っ張ってこなければやがて販売も伸び悩む。そうなったらBOSEを切り離し、もう少し正直なかつ競争力のある価格設定にすればいいと思う。

こんな記事も読まれています

トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

23件
  • なかなか、今日の国沢氏は
    ほとんどふざけてもいないし逆張りもしていない。
    最後の「競合が増えてきたらBOSEを切り離して競争力」の分析も、これは鋭い。
  • いいなあオーラ。買った人本当に羨ましい!!それにしても車が静かになればなるほど音響への要求は高くなるね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.7171.8万円

中古車を検索
ティアナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

11.7171.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村