現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 19歳女子レーサーがトヨタ初代「セリカ」に乗ってみた!「機械と機械が噛み合ってるカンジが旧車の魅力ですね」【令和女子旧車に乗る】

ここから本文です

19歳女子レーサーがトヨタ初代「セリカ」に乗ってみた!「機械と機械が噛み合ってるカンジが旧車の魅力ですね」【令和女子旧車に乗る】

掲載 10
19歳女子レーサーがトヨタ初代「セリカ」に乗ってみた!「機械と機械が噛み合ってるカンジが旧車の魅力ですね」【令和女子旧車に乗る】

Vintage Club by KINTOの旧車レンタカーで半世紀前のスペシャリティカーをお試し

近年は旧車ブームも相まってか「旧車が好き」という若者が増えている。しかし、実際に若者が旧車を見たり、触れたり、乗ったりという機会は少ない。そこでAMWでは、旧車好きな19歳の女性レーシングドライバー、佐々木藍咲(ささき らみ)選手に、実際に旧車に乗ってもらい、若者の新鮮な視点からインプレしてもらう企画をスタート。第1回は、完調にレストアした旧車のレンタカーサービスを展開する「Vintage Club by KINTO」の協力のもと、スペシャリティカーの元祖である1973年式のトヨタ「セリカ1600GT」に試乗してもらった。

ヨンコイチで復活したトヨタ初代「セリカ」は4台10万円でした。5年かけて仕上げたオーナーの納得の職業とは

KYOJO CUPを戦う佐々木藍咲選手のマイカーは先代86

佐々木藍咲選手は2023年シーズンに富士スピードウェイで開催されている女性だけのモータースポーツカテゴリー「KYOJO CUP」で4輪レーシングドライバーとしてデビューした。近年のレーシングドライバーは「レースという競走が好きであって、クルマそのものはそこまで……」という選手も多いが、佐々木選手は根っからの旧車好きで、旧車イベントに参加したことをSNSに投稿することも。

これも三菱「ランサーエボリューションII」に乗るお父様と「AE86」に乗るお母様の英才教育の賜物と言えるだろう。ちなみに本人は普段は先代「86」のカップカーに乗っている。これが初めてのマイカーだ。

レーシングドライバーをする傍ら、普段はフォーミュラドリフトジャパンを運営する会社である「MSC株式会社」に勤めるという、公私共にクルマ漬けの生活を送っている。

セリカ1600GTはちょっとアメ車っぽい!?

そんな佐々木選手が今回試乗するのは1973年式のセリカ1600GT。このクルマはトヨタ自動車と新明工業によってレストアされた旧車をレンタカーとして貸し出している「Vintage Club by KINTO」からお借りした。初めての人でも運転できるように、チョークやキャブ車特有の始動の儀式など、各種操作方法が書かれた説明書も用意されている。

セリカ1600GTを見た佐々木選手は

「メッキバンパーを中心にアメ車チックだと感じるデザインですね。アメリカのクルマに影響を受けていると感じたあたりに、昔の日本のスポーツカーらしいなと思いますね」

とコメント。そして、10代の佐々木選手にはフェンダーミラーが新鮮な様子だった。

「フェンダーミラーのクルマを自分が運転するのは初めてかもしれません! なんだかドアにミラーが無いのは不思議です」

室内に座った感想はどうだろうか。

「インテリアはアナログな印象というか、針のメーターの計器類が沢山あるのが今のクルマとの違いですね。あと時代的にパワーウインドウが付いているのは驚きました。でも一番驚いたのはステアリングです! 大きいしホーンボタンがいっぱい」

同じMT車でもはじめは戸惑うことばかり

そんな令和女子には新鮮な部分がいっぱいのセリカ1600GT。いよいよ実際に運転してもらった。レースでも普段でもMT車に乗る佐々木選手だが、最初は少し戸惑ったようだ。

「アクセルに遊びがあって反応するポイントが奥なのと、シフトレバーの位置が独特でストロークも長くて発進も簡単にはいかないですね。普通に走っていても、キャブレター車だからか、アクセルコントロールに気を使わなきゃいけないし、ブレーキも奥まで踏まないと制動が始まらないので慣れないと思ったように止まれないです。あと何よりパワステが無くてハンドルが重いです!」

試乗序盤はそんな風に苦労していた様子であったが、慣れてくるとレーシングドライバーらしいコメントをしてくれた。

「やっぱり車体が軽いからか、今どきのクルマとは違った動きをしますね。信号待ちで止まるときも、荷重の移り変わりに重さを感じない印象で今のクルマにはない感触ですね。あとこれ、足まわり変わってますよね。思っていた以上にしっかりとした印象です」

今回お借りしたセリカ1600GTは足まわりがクスコ製の車高調に代わっていたが、それを当てるとは流石レーシングドライバーである。

50年前のキャブ車ならではの魅力とは

試乗終盤には「いいですねぇ~、欲しくなっちゃいます」と口にし、すっかりセリカに慣れた様子だった佐々木選手。

しかし、試乗全般を通して印象的だったのは「難しさ」だった模様。試乗を総括して振り返ると?

「まず、運転が難しいです! エンジン始動にもいろいろと気を遣うポイントがあって、暖気も必要なので“昔はこういったクルマを普段使いしていたなんて大変だったんだな”と思いました。でも、機械と機械がかみ合っている感じがあって、旧車ならではの魅力を感じ取ることができました。だけど運転にあまり余裕がなかったので、できれば助手席での体感もしてみたかったですね」

佐々木選手は今回の試乗でより旧車の魅力に目覚めた様子。次回はどんな旧車をドライブするのか? お楽しみに。

■佐々木藍咲選手のX(旧Twitter)アカウント: https://x.com/Rami__seven

こんな記事も読まれています

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
バイクのニュース
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

10件
  • pir********
    機械と機械が〜、というのはレトロなデザインが可愛くて、なんてのよりずっと納得のいく感想ですね。
  • sno********
    この子、エンジンの音ちゃんと聞いてるね。
    今の車はコンピューターだから何もかみ合ってないのよ。
    よくわかってる子だと思うよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8634.0万円

中古車を検索
セリカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8634.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村