現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱スターキャンプ2023 in 朝霧高原にデリカミニで参加。初心者でも楽しめる、大人と子どもを飽きさせないコンテンツの充実さ

ここから本文です

三菱スターキャンプ2023 in 朝霧高原にデリカミニで参加。初心者でも楽しめる、大人と子どもを飽きさせないコンテンツの充実さ

掲載 4
三菱スターキャンプ2023 in 朝霧高原にデリカミニで参加。初心者でも楽しめる、大人と子どもを飽きさせないコンテンツの充実さ

2023年9月9日~10日、静岡県・朝霧高原「ふもとっぱら」で第19回スターキャンプ2023 in 朝霧高原が開催され、ここでウン十年ぶりのキャンプをすることができた。

自然の中で感じる三菱車とキャンプの魅力
初代パジェロやデリカシリーズのヒットを中心とした1980年代~1990年代のクロカンブーム、そしてキャンプブーム。この波に乗るかのように始まった三菱のスターキャンプは、回数や開催地を拡大して、2023年も北は北海道・苫小牧から南は大分県・久住高原まで全国9カ所・計10回開催されている。

三菱 デリカミニの4WDモデルだけに与えられた「デリカ魂」。砂利道も一般道も高速道路も、どこでも快適な軽自動車【試乗】

2023年開催分の申し込みはすべて終了しているが、2024年も5月のシーズンインに向けて申し込みがスタートするはず。申し込み期間は会場により異なるので、それぞれの公式HPで確認が必要だ。

さて今回レポートするのは、静岡県・朝霧高原「ふもとっぱら」で2023年9月9日~10日に開催された三菱自動車主催の第19回スターキャンプ2023 in 朝霧高原だ。「自然の大切さを学び、家族や仲間、そして三菱自動車との絆を深めるオートキャンプイベント」をコンセプトにして、三菱車だけでなく他ブランド車での参加もできるという懐の深さもある。

「オートキャンプ白書2023」によればキャンプ人口こそ減少傾向にあるようだが、1年間の平均キャンプ回数は5年前より約1.5倍の5.4回に増えて、熱狂的な愛好家の増加がうかがえる。このイベント参加への応募は多くて毎回抽選になることこで知られるが、今回は募集300組のところ2700件もの申し込みがあったというから、倍率にすれば9倍だ。

会場の中で行列ができるアトラクション・コンテンツも
そんなファンたちが富士山の近く西北西に位置する毛無山、その麓に集結。広大な原っぱには、300組分のクルマとともに大小・色彩さまざまなテントやタープが張られるが、窮屈さをまったく感じないゆったりとした配置が出来上がっている。

また、45度登坂キットを擁した同乗試乗体験をはじめ、最新の三菱車で林道やオフロードコースを走行できるプログラムも用意されている。家族とともにデリカD:5で参加したという40代の男性は「自分のクルマと同じ車種に試乗しましたが、こんな動きができるのかと正直驚きました」と公道ではできない走行体験の楽しさを語ってくれた。

中央のエリアにはイベントプログラムを行うテントや施設が並んでいるが、その数なんと「17」。スポーツクライミングやクイズラリー、ドッグランなどのコンテンツを用意されているが、なかでもクッキングやモノづくりのワークショップは予約をするための行列ができるほど人気で、子供とともに大人も楽しむ姿が多く見られた。

夜にはシャボン玉を使ってのバブルショーやゲストミュージシャンの河口恭吾さんによるライブを催されたが、面白いのはアウトランダーPHEVの給電機能を利用したライティングが行われたこと(雨天のため中止となった野外シアターも給電機能を使う予定だった)。夜露や霧の発生も相まって幻想的な光景を作り出していた。

スターキャンプがオートキャンプ道への入り口に?
今回、デリカミニでスターキャンプ参加したが、車内空間が広いので3人分のキャンプ道具は載るし、2人なら車中泊もできそうだし、ADASのマイパイロットによって長距離移動も楽。4WDはタイヤ径が2WDと比較して大きく、またサスペンションも専用セッティング、オフロード走行寄りの設定を行われているなど、アウトドアとの相性の高さを実感した。

実は幼少期以来30年ぶりのキャンプだったこともあり、テントやタープなどのアウトドア用品を一式借りて参加。頭の奥底に沈んでいた記憶、ペグの打ち込み方や薪の組み方などを引き出しながらの作業で、いくつか失敗もしたが、人の手を借りずになんとか形になっていた・・・気がする。

久しぶりのキャンプで不思議に感じたのは時間の流れ方だ。自宅でスマホやテレビなどのデジタル機器を使ってくつろいでいれば、あっという間に経過してしまうのに、キャンプ場で焚き火を眺めていたり作業をしていると時間がゆっくりと流れているように感じられる。「まだこんな時間か」という独り言を何度こぼしたことか。

あたりの静けさ、灯りの少なさなどいくつかの要素があるのだろうが、この感覚は忘れられない。キャンプにハマる人の気持ちが少しわかる。スプーンの持参を忘れ、作ったリゾットを箸で食べることになったが・・・さて、次は何を作るかな。

三菱 デリカミニ Tプレミアム 4WD 主要諸元
●全長×全幅×全高:3395×1475×1830mm
●ホイールベース:2495mm
●車両重量:1060kg
●エンジン型式・種類:BR06型・直3DOHCターボ+モーター
●排気量:659cc
●エンジン最高出力:47kW(64ps)/5600rpm
●エンジン最大トルク:100Nm/2400-4000rpm
●モーター最高出力:2.0kW(2.7ps)/1200rpm
●モーター最大トルク:40Nm/100rpm
●トランスミッション:CVT
●WLTCモード燃費:17.5km/L
●タイヤサイズ:165/60R15
●車両価格:223万8500円

[ アルバム : 三菱スターキャンプ2023 in 朝霧高原 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
AUTOSPORT web
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
ベストカーWeb
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
Auto Messe Web
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
バイクブロス
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
バイクブロス
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
グーネット
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
乗りものニュース
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
AUTOCAR JAPAN
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
AUTOSPORT web
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
乗りものニュース
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
AUTOSPORT web
改訂されたルールにドライバーから不満。「すべての戦略を奪った」とハブル/バサースト12時間
改訂されたルールにドライバーから不満。「すべての戦略を奪った」とハブル/バサースト12時間
AUTOSPORT web
VCARB 01に好感触の角田「最初の走行はすべてスムーズ。全体的にハンドリングしやすい」と前年からの進歩を実感
VCARB 01に好感触の角田「最初の走行はすべてスムーズ。全体的にハンドリングしやすい」と前年からの進歩を実感
AUTOSPORT web
約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
くるまのニュース
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
AUTOSPORT web
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
AUTOCAR JAPAN
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
Auto Messe Web
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.0656.8万円

中古車を検索
アウトランダーPHEVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.0656.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村