現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ新型「“ロータリー”スポーツ」市販化へ! ポルシェ級スペック? 2ローター搭載!? どんなクルマに仕上がるのか

ここから本文です

マツダ新型「“ロータリー”スポーツ」市販化へ! ポルシェ級スペック? 2ローター搭載!? どんなクルマに仕上がるのか

掲載 更新 27
マツダ新型「“ロータリー”スポーツ」市販化へ! ポルシェ級スペック? 2ローター搭載!? どんなクルマに仕上がるのか

■マツダが考える次世代ロータリースポーツカーは「只者ではない」はず!

 マツダが2023年10月に世界初公開したロータリーEVスポーツカーのコンセプト「アイコニックSP」ですが、2024年1月にはマツダ 代表取締役社長兼CEOの毛籠 勝弘氏がロータリーエンジン開発チームを立ち上げたと発表し、市販化に向けて動き出したと注目されています。
 
 会見では「ポルシェ911相当のパフォーマンスを秘めている」とも発言していますが、いったいどのような「ロータリースポーツ」となるのでしょうか。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ新型「ロータリースポーツ」を画像で見る(30枚以上)

 アイコニックSPは、ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)にてワールドプレミアされた2シーターのロータリーEVスポーツカーです。

 正確には、2基のロータリーエンジンを発電専用に使うPHEV(プラグインハイブリッド車)ですが、最大システム出力は370PSにもなります。

 対して、車両重量は1450kgと軽量であり、これを前出の社長発言で“ポルシェ911相当のパフォーマンス”と表現していたのです。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、ホイールベースは2590mm。現行ロードスター(3915mm)より長く、FD型「RX-7」(全長4290mm)よりもコンパクトです。

 エンジン以外のトピックとしては、FD型RX-7以来の登場となったリトラクタブルヘッドライトや、ドアが垂直に跳ね上がるシザーズドアの採用などですが、これらはあくまでショー向けコンセプトカーとしての加飾だと思われ、参考程度に捉えておいたほうがいいでしょう。

 では、次世代のロータリースポーツはどういった姿になるのでしょうか。

 ハイパフォーマンスを優先すれば、出力の大きな駆動用モーターと大きなバッテリーを積んだBEVにして、カッコいいボディをかぶせるのがもっとも簡単ですが、マツダは、もっと高尚なスポーツカーのシナリオを考えていると筆者(吉川賢一)は予想します。

 そしてそのシナリオでは、軽量かつパワフルなロータリーエンジンがキーアイテムとなるはずです。

 カーボンフリー時代を見据えた場合、直列エンジンよりも効率の劣るロータリーエンジンをガソリン燃焼で駆動するというスポーツカーは、もはや社会が許してくれません。

 しかしながら、ロータリーエンジンが燃焼できるのはガソリンだけではありません。

 マツダ役員はメディアに向けて、ロータリーエンジンは水素や合成燃料(e-fuel)でも回せる「雑食性」があり、将来的に可能性があるとしています。

 おそらくマツダは、ガソリン燃焼で発電して走る2ローターPHEVをベースとして、水素燃焼やe-fuel燃焼といったカーボンフリー技術で走るロータリースポーツへとコンバートしていくシナリオを描いているのではないでしょうか。

 そうなればエンジンの駆動で直にタイヤを駆動したり、マニュアルミッションを復活させたりもできます。

 マツダは、3世代に渡って作り続けたRX-7で、「絶えず進化させ続ける」という理念を込めていたので、その理念とも合致します。

 トヨタも2024年1月開催の「東京オートサロン2024」の場で、新たに新型エンジン開発プロジェクトを立ち上げると発表しています。

 トヨタでは1.5リッター直列4気筒エンジンをベースに検討中とのことですが、10年後を見越したマルチソリューションとして、マツダのロータリーエンジンの未来にも光明が差しているようです。

※ ※ ※

 ロータリーエンジンの強みは「小さくて軽い」ことです。そのため、フロントのフード高を下げたり、重量配分を理想に近づけたりすることにも貢献でき、アイコニックSPのような低くてスタイリッシュなクーペデザインをそのまま再現できるはずです。

 2023年11月に登場したマツダ「MX-30 ロータリーEV」は、RX-8が2012年に生産終了して以来、およそ11年ぶりとなったロータリーエンジン搭載車ですが、発電用エンジンとしての搭載であり、ファンが求めるロータリーエンジンでタイヤを直に駆動するスポーツカーではありませんでした。

 マツダはファンの声を大切にする自動車メーカーですから、マツダファンの「やはりロータリーエンジンで直にタイヤを駆動するスポーツカーでなければならない」という声を真摯に捉えているはず。

 マツダのエンジニアリングを信じ、理想のロータリースポーツが誕生することに期待したいものです。

こんな記事も読まれています

トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
くるまのニュース
斬新”開くライト”採用の新型「スーパーカー」実車公開! ホンダ「NSX」デザインな「1000馬力超えマシン」! NYに登場した「KAVEYA」に反響も
斬新”開くライト”採用の新型「スーパーカー」実車公開! ホンダ「NSX」デザインな「1000馬力超えマシン」! NYに登場した「KAVEYA」に反響も
くるまのニュース
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
くるまのニュース
マツダが新型上級セダン「EZ-6」初公開! 半円4連テールがイイ! マツダ6後継!?中国に登場!日本の販売店での反響は
マツダが新型上級セダン「EZ-6」初公開! 半円4連テールがイイ! マツダ6後継!?中国に登場!日本の販売店での反響は
くるまのニュース
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
くるまのニュース
トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
くるまのニュース
日産「新型スカイライン」は伝統の「丸目4灯テール」採用!? 新たな「V38」に期待大! まさかの「スカイライン“e-POWER”」登場か
日産「新型スカイライン」は伝統の「丸目4灯テール」採用!? 新たな「V38」に期待大! まさかの「スカイライン“e-POWER”」登場か
くるまのニュース
スバルの「和製スポーツカー」公開!? 精悍顔の“2ドアクーペ”どんなクルマ? 特許庁公表、なぜ?
スバルの「和製スポーツカー」公開!? 精悍顔の“2ドアクーペ”どんなクルマ? 特許庁公表、なぜ?
くるまのニュース
スバルが新「4ドアセダン」初公開! 進化版「水平対向ターボエンジン」搭載!? 進化したWRX S4なのか? 期待高まる
スバルが新「4ドアセダン」初公開! 進化版「水平対向ターボエンジン」搭載!? 進化したWRX S4なのか? 期待高まる
くるまのニュース
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
くるまのニュース
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
くるまのニュース
水平対向エンジン×MT設定アリ! 新型「スポーツ“クーペ”」初公開! 公道走行は“オプションで可能”な「RR1」米に登場
水平対向エンジン×MT設定アリ! 新型「スポーツ“クーペ”」初公開! 公道走行は“オプションで可能”な「RR1」米に登場
くるまのニュース
3500万円! 日産が新型「GT-R」実車展示! 存在感スゴい「最強仕様」がNYに登場! 進化した「新デザイン」採用に反響あり
3500万円! 日産が新型「GT-R」実車展示! 存在感スゴい「最強仕様」がNYに登場! 進化した「新デザイン」採用に反響あり
くるまのニュース
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ  自社ハイブリッド搭載明らかに
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ 自社ハイブリッド搭載明らかに
くるまのニュース
スズキが新型「最上・最大級SUV」を2025年発売へ! 全長4.3mボディ&「斬新シフト」採用! 「謎のサイ」もいる「eVX」の指し示すものとは
スズキが新型「最上・最大級SUV」を2025年発売へ! 全長4.3mボディ&「斬新シフト」採用! 「謎のサイ」もいる「eVX」の指し示すものとは
くるまのニュース
ホンダ「VTEC×ターボ×四輪駆動」! 全部盛りの「新型タイプS」実車公開に「欲しい!」の声! 4.5リッター級の「超高性能モデル」新型TLX NY登場!
ホンダ「VTEC×ターボ×四輪駆動」! 全部盛りの「新型タイプS」実車公開に「欲しい!」の声! 4.5リッター級の「超高性能モデル」新型TLX NY登場!
くるまのニュース
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
ホンダ『S2000』後継モデルはEV? それともミッドシップのHVに!? 最新予想
レスポンス
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
くるまのニュース

みんなのコメント

27件
  • s04********
    市販化へ!はマツダの誰が明言したの?
  • gof********
    紛らわしいのでロータリー発電車にした方がいいんでないかい〜
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.9368.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0528.0万円

中古車を検索
ロードスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.9368.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0528.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村