現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【徹底検証!】「ヤリスクロス」「CX-3」「クロスビー」でアウトドアで一番使えるのは? 新車200万円以下の「SUV」で比べてみました

ここから本文です

【徹底検証!】「ヤリスクロス」「CX-3」「クロスビー」でアウトドアで一番使えるのは? 新車200万円以下の「SUV」で比べてみました

掲載 6
【徹底検証!】「ヤリスクロス」「CX-3」「クロスビー」でアウトドアで一番使えるのは? 新車200万円以下の「SUV」で比べてみました

2名乗車限定で検証してみた

 アウトドアに向くクルマと言えば、中・大型クロスオーバーSUV、本格SUVが真っ先に思い浮かぶ人も多いはずだ。しかし、200万円以下で手に入る、コンパクトクロスオーバーモデルはどうなんだ!? ということで、トヨタ「ヤリスクロス」、マツダ「CX-3」、スズキ「クロスビー」の3台のアウトドア適性を考察してみた。

新車が欲しくても長期納車待ち確定! だからこそ狙い目な200万円で買える高年式の人気ミニバン5選

 ただし、コンパクトなボディサイズ=後席や純粋なラゲッジルームに過大なスペースは望めないことから、カップル=2名乗車での検証になることを予めご了承いただきたい。

奥行や幅にけっこう余裕があるCX-3

 まずはラゲッジルームだ。各車のスペースを計ってみると、ヤリスクロスは開口部地上高745mm、開口部段差35mm。フロア奥行き790mm(フロアボード下段)、フロア幅995mm、最低天井高710mm。フレキシブルボードでラゲッジルームを上下2段で使えるのが特徴でもある。

 旧デミオベースのCX-3は開口部地上高780mm、開口部段差65mm。フロア奥行き780mm(フロアボード下段/645mmフロアボード上段)、フロア幅1000mm、最低天井高645mm。スタイリッシュなボディだけにラゲッジルームの高さはそこそこながら、奥行、幅はけっこう余裕があるという仕立てである。

 クロスビーは開口部地上高800mm、開口部段差20mm。フロア奥行き525mm(後席最前端位置)、フロア幅1305mm、最低天井高800mm。ラゲッジルームは防汚タイプのタフな樹脂フロアになっているのがクロスビーらしさ。

 つまり、重いアウトドアの荷物の出し入れがしやすいのは、ラゲッジルームのフロア地上高の低い順で、ヤリスクロス→CX-3→クロスビーとなる。

 CX-3は開口部の段差の大きさがやや気になるところ。ラゲッジルームの荷物の積みやすさでは、幅方向もさることながら、奥行がモノを言う。その点ではヤリスクロスとCX-3はほぼ同等。

 全長がヤリスクロスの4180mm、CX-3の4275mmよりグッと短い3760mmのクロスビーは不利になる。縦方向にかさばる荷物の積載性は天井高がポイントだが、その点ではクロスビーとヤリスクロスが優位だ。

汚れや濡れを気にせず荷物を載せられるクロスビー

 今回は、前席2名乗車での検証であるため、後席を格納したときのラゲッジフロア奥行きも気になるところ。ヤリスクロス:1370mm、CX-3:1270mm、クロスビー:1165mmとなり、ボディ全長に余裕があるヤリスクロスがリードする。

 なお、その際のフロアのフラット度では、ヤリスクロスとCX-3が優位でほぼフラットになる。クロスビーはやや角度が付くが、とはいえ大きな段差ができるわけではないので、あまり気にすることはない項目だ。

 アウトドアの帰りには、荷物が汚れていることもありがちで、雨に降られてしまえば、荷物が濡れてしまうことも。そんなシーンでは、クロスビーの撥水シート、防汚ラゲッジフロアが功を奏す。汚れや濡れを気にせず乗車でき、荷物をガンガン積めることになる。

 と、ここまでおもにラゲッジルームの荷物の積載性について比較検証してきたわけだが、注目したいのは、後席の分割方式だ。CX-3とクロスビーは一般的な6:4分割。しかし、ヤリスクロスは欧州車のワゴン、SUVのように4:2:4分割を採用(グレードによる)。

 後席使用時でも中央部分がスルースペースになり、長尺物の積載、ラゲッジルームにペットを乗せるのにも向いている(エアコンの風通しやキャビンの飼い主とのアイコンタクトが可能)。

 しかし、アウトドア派にとって決定的とも言える、ヤリスクロスのストロングポイントが、ハイブリット車に4万4000円のオプションとして用意されるAC100V/1500Wコンセントだ。車内外でコーヒーメーカーや簡易電子レンジ、照明などが使え、充電式湯たんぽの充電が可能になるなど、アウトドアライフを一段と快適なものにしてくれるのだ。

4WD性能ではヤリスクロスかクロスビー

 また、アウトドアフィールドに向かう道が極悪路だった場合の走破性=4WD性能では、4WDの性能を引き出すマルチテレインセレクト(MUD & SAND/NOMAL/ROCK & DIRT)の用意があるヤリスクロスと、スノーモード/グリップコントロール/ヒルディセントコントロールを完備するクロスビーが、CX-3をリードする展開になるはずだ。

 というわけで、アウトドアの荷物をしっかり積めて、ガソリン4WDの走破性に強みがあり、ハイブリッド車なら燃費性能に優れ、AC100V/1500Wコンセントの用意もあるのがヤリスクロス(ただし、ハイブリッド車だと価格は約228万円~と高くなる。推奨中心グレードのGは約240万円)。

 スタイリッシュで荷物の積載性も十二分なのがCX-3。そしてコンパクトさが売りであり、価格面でのリーズナブルさ(約184万円~)や走破性にこだわっている、マイルドハイブリッドのクロスビーという結論となる。筆者の独断的結論からすれば、ヤリスクロスかクロスビーを、アウトドア派にとってはクロスオーバー感の強いエクステリアデザインを含めて、お薦めしたいところだ。

こんな記事も読まれています

ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
グーネット
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
motorsport.com 日本版
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
AUTOSPORT web
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
AUTOSPORT web
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
AUTOSPORT web
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
ベストカーWeb
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
AUTOSPORT web
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web

みんなのコメント

6件
  • ロッキーはないんだ?
  • クロスビーハコンパクトボディーで最小半径も軽自動車並みなのに居住スペースも広いのも一つの売りなのに3ナンバーボディ車とは比較対象ではない気がする。トヨタならライズ・ロッキーで比較するべき
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.2233.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.0309.8万円

中古車を検索
クロスビーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

194.2233.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.0309.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村