現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは

ここから本文です

全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは

掲載 17
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは

■日産「新型エルグランド」の顔が判明!?

 日産の欧州法人(以下、日産)は2024年2月7日、大型バンの新型「インタースター」を発表しました。
 
 同車は、様々な企業からの要望に応えることを目指して開発さされた商用モデルですが、その迫力あるフロントフェイスをはじめとしたデザインからは「次期型エルグランド」片鱗が見えるとして話題となっています。

【画像】超カッコいい! これが日産の「新型ミニバン」です(62枚)

 インタースターとは、欧州を中心とした海外で日産が展開している大型商用バンの名称。

 その初代モデルはフランスの自動車メーカー「ルノー」との提携を受けて2001年に誕生し、ルノーの商用バン「マスター」をベースとするOEM供給モデルでした。

 2010年には後継モデルが誕生したものの、車名は当時の日産の商用車シリーズに準拠させるため「NV400」に変更。一時的にインタースターの名は消滅していました。

 しかし2021年のマイナーチェンジを期に「インタースター」の車名が復活し、正式に2代目モデルとしてラインナップされました。

 現在販売されている現行インタースターもこの2代目モデルで、その車体はフルサイズバンの名に恥じぬ大柄なもの。

 ボディサイズは用途にあわせて複数タイプが存在しますが、最も小型のものでも全長5mを超え、最大のタイプでは全長6.8m。さらに全高も2.8mと、国産車では類を見ない大きさが積載力の高さを証明していました。

 今回発表された新型インタースターもショート、ロングなどボディサイズは複数タイプが存在するようですが、積載エリアは現行モデル以上の広さを実現していると日産は説明。より多くの商品やサービスを詰め込むことが可能だといいます。

 搭載するパワーユニットはディーゼルエンジンのほか、電気自動車(EV)も取り揃え、最高航続距離は460kmにものぼります。

 この新型インタースターでとくに注目されているのが、そのフロントマスクのデザイン。

 最新の日産車への採用が進められているファミリーフェイス「デジタルVモーション」をあしらった力強いデザインとともに、メッキをあしらった高級感あふれる造形には、日産の最上級ミニバン「エルグランド」の伝統的な意匠も見て取れます。

 実は現行エルグランドの発売は2010年。マイナーチェンジにより随時改良は行なわれているものの、それでも約14年に渡って同じ基本構造のまま販売され続けています。

 これでは、同クラスのライバルであるトヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」がモデルチェンジを繰り返す中で高い商品力を維持することは難しく、「かつての栄光を取り戻すためにも一刻も早くエルグランドのフルモデルチェンジを決行して欲しい」との声が日産ファンを中心に多く寄せられていました。

 このようなタイミングの中、全面刷新された大型バンの新型インタースターがエルグランドを彷彿とさせるデザインを採用して登場したことで、いよいよエルグランドのモデルチェンジも近いかと、期待とともに注目が集まっているのです。

 もちろん新型インタースターのボディサイズや構造はエルグランドと全く異なるものであるため、そのまま流用されて開発とはいかないでしょう。

 しかし、デジタルVモーションを採用した迫力あるデザインは、ある程度次期型エルグランドにも活かされる可能性があり、これらの要素を反映した新型モデルが思いのほか早く登場するのか、今後の日産の動向から目が離せません。

こんな記事も読まれています

トヨタ「シエンタ」対抗馬!? 日産「新型コンパクトミニバン」登場なるか!? 新型「セレナ“ミニ”」に期待が高まる理由とは
トヨタ「シエンタ」対抗馬!? 日産「新型コンパクトミニバン」登場なるか!? 新型「セレナ“ミニ”」に期待が高まる理由とは
くるまのニュース
全長5m超えトヨタ「大型バン」公開! 縦4灯テール採用の斬新デザイン!? 「新型ハイエース」特許庁公表で、市販化は?
全長5m超えトヨタ「大型バン」公開! 縦4灯テール採用の斬新デザイン!? 「新型ハイエース」特許庁公表で、市販化は?
くるまのニュース
日産「新型高級ミニバン」初公開! 全ドア「スライドドア」&フルフラットフロア採用! 次期型「エルグランド」と呼び声高い「Hツアラー」タイに登場
日産「新型高級ミニバン」初公開! 全ドア「スライドドア」&フルフラットフロア採用! 次期型「エルグランド」と呼び声高い「Hツアラー」タイに登場
くるまのニュース
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
くるまのニュース
日産の「“次期型”スカイライン」どうなる!? 超美麗な“新型スポーティセダン”「V Qe」は何を示すのか
日産の「“次期型”スカイライン」どうなる!? 超美麗な“新型スポーティセダン”「V Qe」は何を示すのか
くるまのニュース
マツダ新型「最上級セダン」世界初公開!? “横一文字”テール&「後輪駆動」採用!? 新型「マツダ6!?」まもなく中国に登場か
マツダ新型「最上級セダン」世界初公開!? “横一文字”テール&「後輪駆動」採用!? 新型「マツダ6!?」まもなく中国に登場か
くるまのニュース
全長3.7m!トヨタ「シエンタ」よりも小さい「7人乗りミニバン」が最高に使える! 取り回し最強の「ミニマム3列モデル」に絶賛の熱い声!
全長3.7m!トヨタ「シエンタ」よりも小さい「7人乗りミニバン」が最高に使える! 取り回し最強の「ミニマム3列モデル」に絶賛の熱い声!
くるまのニュース
日産が「新型プレミアムSUV」世界初公開! 全長4.4m級“ちょうどイイサイズ”に「豪華内装」採用! 斬新顔の「新型キャシュカイ」欧州発表に大反響
日産が「新型プレミアムSUV」世界初公開! 全長4.4m級“ちょうどイイサイズ”に「豪華内装」採用! 斬新顔の「新型キャシュカイ」欧州発表に大反響
くるまのニュース
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
くるまのニュース
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
くるまのニュース
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”&超静音仕様! 乗り心地も“良好”になった 新「L100」インドネシアで306万円から
くるまのニュース
マツダ新型「3列シートSUV」世界初公開! 日本導入もある “最上級モデル”に「大本命!」と待望の声も! 新型「CX-80」欧州での発表に反響集まる
マツダ新型「3列シートSUV」世界初公開! 日本導入もある “最上級モデル”に「大本命!」と待望の声も! 新型「CX-80」欧州での発表に反響集まる
くるまのニュース
レクサスが「LC500」「RC F」を販売終了!? ひっそり姿消していた…? 自然吸気V8・2ドアクーペに何が? 英国から欧州、日本に広がるか
レクサスが「LC500」「RC F」を販売終了!? ひっそり姿消していた…? 自然吸気V8・2ドアクーペに何が? 英国から欧州、日本に広がるか
くるまのニュース
6年ぶり全面刷新! トヨタFF最大・最上級セダン「新型カムリ」約440万円から発売! 最新“トヨタ顔”採用の「9代目モデル」 米に投入
6年ぶり全面刷新! トヨタFF最大・最上級セダン「新型カムリ」約440万円から発売! 最新“トヨタ顔”採用の「9代目モデル」 米に投入
くるまのニュース
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
くるまのニュース
トヨタ新型「FJクルーザー」!? 復活待望の「ラダーフレームSUV」! 丸目&タフデザインは継続な「次期型モデル」予想CGがスゴイ
トヨタ新型「FJクルーザー」!? 復活待望の「ラダーフレームSUV」! 丸目&タフデザインは継続な「次期型モデル」予想CGがスゴイ
くるまのニュース
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
くるまのニュース
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
トヨタが「高級SUVミニバン」実車公開! 迫力フェイス&ハイブリッド採用の600万円超えマシン! スライドドアレスの「イノーバ ゼニックス」タイで登場に反響集まる
くるまのニュース

みんなのコメント

17件
  • ぷいぷい
    日産アリアに乗っていますが、日産さんもいい加減Vモーショングリルとかから脱却した方がいいのでは?デイズやルークスならまだしも、ノートなんて最悪だし、この商用バン?でしょ?なんてセンス全く無し、とてもアルベルには対抗できないでしょう。デザイナーを変えた方がいいですよ。
  • トヨタから乗り換えたいから、カッコいい車出してよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索
エルグランドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村