現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 未来の3シリーズはこうなる!2025年にニュークラスとしてデビューする電動BMW3シリーズの最新情報!

ここから本文です

未来の3シリーズはこうなる!2025年にニュークラスとしてデビューする電動BMW3シリーズの最新情報!

掲載 10
未来の3シリーズはこうなる!2025年にニュークラスとしてデビューする電動BMW3シリーズの最新情報!

3シリーズはこうして未来へと走り出す。BMWは、eモビリティの面で「ニュークラス」で飛躍したいと考えている。新型電気自動車3シリーズは2025年に発売予定。第一報!

ニュークラス?熱狂的なBMWファンならピンとくるだろう。1960年代、BMWは1500、1600、1800、2000の各モデルを含む「ニュークラス(ノイエ・クラッセ)」で新時代を迎えた。BMWが「日雇い労働者とゼネラルマネージャー」向けのクルマしか作らなかった後、ヴィルヘルム ホフマイスターが設計したリムジンとクーペは中流階級向けのものとなり、BMWを再び収益圏に導いた。

ドイツ国際モーターショー2023(IAA Mobility 2023)は今年もミュンヘンで開催される

現在、ミュンヘンのBMWが赤字であることに疑問の余地はないが、新たな時代の幕開けを予感させる話題は尽きない。キーワードは電動モビリティだ。BMWは「i3」と「i8」で最前線に立ち、その後バイエルン勢はしばらく足並みを乱したかに見えたが、「iX」、「i4」、「iX3」、「iX1」、「i7」、そして2023年に予定されている「i5」で力強く追いついた。

新型電気自動車3シリーズは、iVision Deeからヒントを得る可能性がある

しかし、これらは大部分が内燃機関プラットフォームで構築されているのに対し、ニュークラスはオール電動ベースとなる予定だ。手始めに、ミュンヘンに本社を置くBMWは、「3シリーズ」セグメントにコンパクトセダンを計画しており、これは新型「i3」として参戦する可能性が高く、またそれに対応するスポーティなSUVも計画している。そしてBMWは、CES(コンシューマー エレクトロニクス ショー=毎年1月ラスベガスで開催される電子機器の見本市)でディスプレーしたスタディモデル「iVision Dee」によって、新型電気自動車「3シリーズ」の姿を明らかにした。

人工知能、あるいは色を変える塗装・・・。先見の明のあるガジェットはさておき、コンセプトカーはデザインの方向性を明確に示している。多くのファンにとって特に重要かもしれない点: キドニーラジエターグリルがまた大幅にスリムになっているのだ。結局のところ、ニューミッドサイズクラスは喜んでもらわなければならないのだ。

スクリーンを完全に排除するなど、ミニマリスト的なインテリアは、量産化されることはないだろう。BMWはもっと従来型のアプローチをとり、新型「i5」のようなインテリアをデザインすべきだ。

出力200~500馬力の可能性

これまでのBMWモデルが内燃エンジンプラットフォームの多くのコンポーネントを使用しているのに対し、新型「i3」は純粋なEプラットフォームがベースとなる。当初はガソリンエンジンやディーゼルエンジンにも対応する予定だったが、BMWがハンガリーのデブレツェンに年間15万台の生産能力を持つ自社工場を建設していて「ニュークラス」が、電力のみに依存することは2022年末から明らかになっている。

そして「3シリーズ」ファンは、「E36」、「E46」、「E90」という伝説的な先祖からの借用をあちこちで発見するだろう。すでに知られているのは、電気自動車「3シリーズ」はおそらく後輪駆動か全輪駆動で、ボンネットの下には200~500馬力のパワーがあり、さらに「i3 M」を搭載できるスペースがあるということだ。

一方、BMWは燃費に改善の余地があると見ており、100kmあたり15キロワット時を下回るとしている。航続距離は500kmが現実的だという。充電は少なくとも200kWで行われ、後に300kWも可能になるはずだ。

「iVision Dee」で発表されたヘッドアップディスプレイは、実際に新型「3シリーズ」に採用され、フロントガラスの全幅に広がる高さ約20cmのストリップとして、そのコンテンツ(ナビゲーション、エンターテインメント、テレフォニー)も全乗員に見えるようになる。

電動3シリーズの価格は約55,000ユーロ(約850万円)

ドライバーのために、当初は制限速度や衝突警告など運転に関連する情報を表示するヘッドアップディスプレイも用意される。価格も高くなる可能性が高い: 現在、3シリーズの価格は45,000ユーロ(約700万円)からだが、2年後のEバージョンではさらに10,000ユーロ(約150万円)を支払うことになるだろう。

これでは高すぎると思う人、あるいはまだ電動モビリティを欲していないすべての人に朗報だ: BMWは内燃機関に明確なコミットメントを示し、従来型の駆動システムを備えた3シリーズも併行して提供し続ける。

Text: Michael Gebhardt

こんな記事も読まれています

37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
motorsport.com 日本版
ポルシェ、ダ・コスタの失格に不公平感主張「フォーミュラE全体にとっても大きな損失」
ポルシェ、ダ・コスタの失格に不公平感主張「フォーミュラE全体にとっても大きな損失」
motorsport.com 日本版
【MotoGP】マルケス、大得意COTAでスプリント2位も「予想外」? マシンに問題発生し限界ライドできず
【MotoGP】マルケス、大得意COTAでスプリント2位も「予想外」? マシンに問題発生し限界ライドできず
motorsport.com 日本版
好調au TOM’Sがタイム合算方式初のPP。初陣シビックは3番手を獲得【第1戦GT500予選レポート】
好調au TOM’Sがタイム合算方式初のPP。初陣シビックは3番手を獲得【第1戦GT500予選レポート】
AUTOSPORT web
MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
レスポンス
今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
motorsport.com 日本版
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
乗りものニュース
”シンプルな”エネルギーマネジメント大成功で4位。ERTのティクトゥム「他のチームが同じような戦略を採らないなんて、驚きだったね」|フォーミュラEミサノE-Prix
”シンプルな”エネルギーマネジメント大成功で4位。ERTのティクトゥム「他のチームが同じような戦略を採らないなんて、驚きだったね」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
アルファ ロメオ新型「ミラノ」世界初公開! スタイリッシュな全長4.2mのコンパクトSUVはブランド初のEVのほかハイブリッドも用意
アルファ ロメオ新型「ミラノ」世界初公開! スタイリッシュな全長4.2mのコンパクトSUVはブランド初のEVのほかハイブリッドも用意
VAGUE
「動くぞッ!」 地面にめり込んだスバル「ヴィヴィオ」が話題に!? 超シャコタンな極限仕様、なぜ誕生?
「動くぞッ!」 地面にめり込んだスバル「ヴィヴィオ」が話題に!? 超シャコタンな極限仕様、なぜ誕生?
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリス VSトヨタ プリウスを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリス VSトヨタ プリウスを徹底比較
グーネット
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
日刊自動車新聞
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月7日~4月13日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月7日~4月13日)
Webモーターマガジン
“再出発”の藤波清斗、予選アタックと鬼ブロックで魅せた! プライベーターTEAM MACH勝たせるべく鼻息は荒い「また一花咲かせたい」
“再出発”の藤波清斗、予選アタックと鬼ブロックで魅せた! プライベーターTEAM MACH勝たせるべく鼻息は荒い「また一花咲かせたい」
motorsport.com 日本版
ドライバーふたり揃って”復帰戦”の100号車STANLEY、いきなりの3位表彰台。山本尚貴安堵「39号車を抜けず悔しいが、次に繋がるレースができた」
ドライバーふたり揃って”復帰戦”の100号車STANLEY、いきなりの3位表彰台。山本尚貴安堵「39号車を抜けず悔しいが、次に繋がるレースができた」
motorsport.com 日本版
簡単に“収納力”を増強できる便利アイテムが新登場!【特選カーアクセサリー名鑑】
簡単に“収納力”を増強できる便利アイテムが新登場!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
不調続くホンダ、初日最上位は19番手のザルコ「ポテンシャルを全く発揮できなかった」/第3戦アメリカズGP
不調続くホンダ、初日最上位は19番手のザルコ「ポテンシャルを全く発揮できなかった」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8348.0万円

中古車を検索
i3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村