サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産「e-POWER」登場から3年 ノートが日産初の快挙を成し遂げられた理由とは?

ここから本文です

日産「e-POWER」登場から3年 ノートが日産初の快挙を成し遂げられた理由とは?

■日産「ノート」がわずか3年で人気を獲得した要因とは

 2019年11月2日に、電動パワートレインを搭載した日産のコンパクトカー「ノート e-POWER」が発売されてから丸3年が経過しました。

燃費1位「プリウス」に次ぐ意外なクルマとは? 国産セダン燃費ランキングTOP5

 いまは日産を代表するコンパクトカーとして知られていますが、ノートの発売からe-POWERの追加時、そして発売から年数が経過したいまでは、それぞれ状況が異なっているといいます。はたして、販売状況はどのように変化してきたのでしょうか。

 ノート e-POWERのベースとなる2代目「ノート」は、2012年9月3日に発売されています。

 同社の「マーチ」より大きいボディを持つコンパクトカーで、2012年の発売当時は直噴ミラーサイクルエンジンに高効率スーパーチャージャーを搭載した「HR12DDR」エンジンの採用や、ガソリン登録車クラスナンバー1の低燃費(JC08モード25.2km/L)がセールスポイントとして挙げられていました。

 しかし、他社のコンパクトカーに対して強い差別化をすることはできず、販売面では後塵を拝すことも多くありました。

 トヨタ「アクア」やホンダ「フィット」など、他社の人気コンパクトカーにはハイブリッド仕様が設定されていたモデルも多かった一方、ノートには存在しなかったことも、要因のひとつといわれています。

 潮目が変わったのは2016年です。ノートに新たな電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、ノート e-POWERが2016年11月2日に追加設定されました。

 e-POWERとは、エンジンの動力を発電のみに利用し、バッテリーに蓄えた電力でモーターを駆動させて走るシリーズ式のハイブリッドシステムです。

 アクアなどに搭載されるハイブリッドシステムとは異なる機構を持ち、日産によるとシリーズ式ハイブリッドシステムが量産コンパクトカーに搭載されるのは、ノート e-POWERが世界初だといいます。

 2016年におこなわれたe-POWERの追加設定は、当時すでに発売から4年が経過していたノートにとって追い風になりました。

 日本自動車販売協会連合会が発表する登録車販売ランキングにおいて、2016年のノートの年間販売台数は10万2402台でランキング5位という結果でしたが、翌2017年は13万8905台を記録しランキング2位、アクアやフィットなど他社の人気コンパクトカーを抑え、日本でもっとも売れているコンパクトカーの座を獲得します。

 その後、2018年には13万6324台を販売し、ついにランキング首位を獲得しました。日産が登録販売ランキング(暦年)で1位を獲得したのは、これが統計史上初となります。

 ノートの販売状況について、販売店スタッフに話を聞くと「燃費の良さについて、とくにお客さまから好評いただいています。なかでも、『e-POWER』についての問い合わせをお客さまからいただくことも多いです」とコメントするなど、e-POWERの効果がいかに高かったのかが窺えます。

 登場から3年で、ノート e-POWERは国産コンパクトカーの勢力図を塗り替えました。

■突如販売台数が下落? 2019年10月に起きた異変とは

 2018年まで好調だったノート e-POWERの販売状況は、2019年に入っても衰えることはなく、2019年上半期(1月から6月)も6万8543台を販売し、登録車で首位となります。

 しかし、2019年10月に状況が変わりました。前月となる2019年9月に1万3183台を販売して、ランキングでもコンパクトカーで首位(総合2位)につけていたものが、翌10月には販売台数が5263台となりコンパクトカーの3位(総合6位)にまで転落したのです。

 2019年10月は消費税増税もおこなわれたため、他のクルマにおいても販売台数が減少した事例が多く見られたのですが、ノートは前月からの販売台数の落ち込みが比較的大きいです。

 ノートの販売台数減少について、日産の販売店スタッフは「2019年10月に消費税10%となった後に、ライバルとなるトヨタ『ヤリス』やホンダ『フィット』の新型モデルがお披露目されたことで、お客さまの関心が移っている印象はあります。

 実際の発売は両車ともに2020年2月とのことですが、車両詳細が出てから検討するというお客さまも出ています。

 e-POWER搭載車の走行感覚はかなりおすすめできるものですが、ノート自体が2012年の当時から8年目となるため、設計が古いことは否めません」と分析します。

 e-POWERがノートの販売を復活させた面はあるものの、全面刷新されたノートが待たれているのも事実です。

 今後、日産がコンパクトカーのラインナップにおいてどのような商品を投入するのか、注目されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します