サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「いつかはクラウン」日本を代表する高級車と国内外のライバルを比較してみた

ここから本文です

■日本を代表する高級車は、日本の道で鍛えられた

 日本を代表するクルマの1台といい切ることができるような、特別な存在感を放つのがトヨタ「クラウン」だ。

これが「プリウス」なの!? 「フェラーリ」そっくりなプリウスが登場!

 1955年に登場した初代クラウンは、「国産技術による独自開発された日本初の本格的乗用車」として高い評価を受けた。これは当時の日本の自動車産業はまだ黎明期であり、独力でオリジナルのクルマを作るのが非常に困難であったことを意味する。

 そういう意味で、クラウンは日本車のパイオニアとして誕生し、その後も昭和時代においては、日本車の最高モデルとして君臨し続けたモデルであった。

おすすめのニュース

サイトトップへ