現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BEVで気になる下取り価格! まだまだ「中古電気自動車」の価値は業界的にも未知数

ここから本文です

BEVで気になる下取り価格! まだまだ「中古電気自動車」の価値は業界的にも未知数

掲載 9
BEVで気になる下取り価格! まだまだ「中古電気自動車」の価値は業界的にも未知数

 この記事をまとめると

■輸入車メーカーではBEV車が数多くラインアップされている

カリフォルニアはEVだらけもデトロイトはまだまだガソリン! さすが広大なアメリカは地域でクルマ事情がまったく異なっていた

■中古のBEVの価値はまだ未知数な部分もあるという声が多い

■ICEの中古車はアフリカ諸国などへの輸出も活発なことから、まだまだ有望な市場だ

 BEVの魅力はまだまだ未知数

 日本でも日を追うごとに注目されているのがBEV(バッテリー電気自動車)。日系ブランドについては、10月末から11月上旬に開催されたジャパンモビリティショーでも、まだまだコンセプトモデルレベルの出品が目立っており、街なかでも昔ほどレアではないにしろ、少ない存在となっている。

 しかし、海外に目を向けると各社が積極的にラインアップを増やしてきていることもあるが、値引き販売競争が激化するほどBEVの販売ペースが多くの地域で伸び悩み傾向にあるとメディアが報じている。

 日本でも今後、日系ブランドであってもBEVのラインアップが増えていくことだろうが、そこで気になるのがBEVの再販価値。まだまだ中古車市場に本格的に流通しているわけではないので、現状ではじつにさまざまな話を聞くことができる。

 そのなかで結構多いのが中古パソコンになぞっての説明がある。「パソコンの性能進化のペースは落ち着いてきましたが、それでもあえてはじめから中古パソコンが欲しいという人は少ないように思えます。BEVではそれこそ日進月歩でさまざまな性能が進化しています。そのなかであえて中古車を選ぶ人は少ないのではないかと考えます。となると、再販価値は期待されないほうがいいでしょう」というロジックである。

 世のなかも多様化しているので、中古BEVにまったく市場性がないとは言わないが、たしかに登録済み(軽自動車は届け出)未使用中古車でもない、普通に数年間(補助金交付による4年縛り明けなど)乗ったあとに下取りに出されたBEVの魅力は未知数であり、その価値はあまり期待できないと考えるのが現状となっているようである。

 BEVが普及してきてもしばらくICE車の価値は下がらない

 一方でその再販価値についても興味深い話を聞いている。ICE(内燃機関)車では、内外装の状態(傷や汚れはないか)や、走行距離などが重視されるが、BEVでは駆動用電池のコンディションがそのクルマの価値をもっとも左右するとのことであった。すでにHEV(ハイブリッド車)ではその傾向が出ているようにも見える。

 ハイブリッド専売車で人気の高いプリウスは、中古車でも人気が高いのだが、「一般的なガソリン車では走行距離が少なければ評価も高くなります。ただプリウスのようなHEVでは、数十万kmという過走行車は別となりますが、走行距離が少なすぎると、あまり充放電が繰り返されていないことにもなるので、電池コンディションに不安が残るとされて、必ずしも好条件となるわけでもなく、かえって一定走行距離以上のほうがいいのではないかと、下取りや買取査定時に悩むこともあると聞いたことがあります。“走行距離が少なすぎず多すぎず”という微妙なレベルでの判断に現場は苦慮しているようです」とは事情通。

 また、BEVの中古車が増えるとICEの中古車価格が下がるのではないかとの話もあるが、それはICE、HEV、BEV、FCEVなどを垂直に見ているための話ともいえる。つまり「ICEの次はHEV、そしてその次はBEV」という考え方である。しかし、日本では2035年あたりから純粋なICEの新車だけが販売禁止となる予定。純粋なICEの新車を買えなくなるまで10年以上あるわけだし、2035年以降も乗ってはいけないというわけではない。

 そうなると、極端に価格が下がることはあまり想像できない。ICEの中古車はアフリカ諸国などへの輸出も活発なことからも、まだまだ有望と言っていいだろう。HEVはいまも輸出規制が強化されているが、ロシアでは日本からの中古HEVの人気が高いし、モンゴルやスリランカなど一部新興国などでも人気が高い。

 すでに日本の中古車相場は海外バイヤーが支えているといってもいい状況になっており、世界レベルで見れば、ICEやHEV中古車の引き合いはこれからも目立って減ることはないだろうから、BEVが台頭してICEやHEVの価値が急落するということはないものと考えている。

こんな記事も読まれています

奴田原文雄が2024年参戦体制を発表。アドバンカラーのGRヤリス・ラリー2で全日本ラリー最高峰に復帰
奴田原文雄が2024年参戦体制を発表。アドバンカラーのGRヤリス・ラリー2で全日本ラリー最高峰に復帰
AUTOSPORT web
千葉の「銚子連絡道路」3月延伸! 国道126号と並走する“無料バイパス”の整備効果は?
千葉の「銚子連絡道路」3月延伸! 国道126号と並走する“無料バイパス”の整備効果は?
くるまのニュース
【カワサキ】400cc以下の新車が実質年利2.2%で購入できる!「アンダー400スペシャルクレジットキャンペーン」を5/31まで実施中
【カワサキ】400cc以下の新車が実質年利2.2%で購入できる!「アンダー400スペシャルクレジットキャンペーン」を5/31まで実施中
バイクブロス
RUNUP SPORTS、今季もニッサンGT-RでGTワールドチャレンジ・アジアのジャパンカップに参戦
RUNUP SPORTS、今季もニッサンGT-RでGTワールドチャレンジ・アジアのジャパンカップに参戦
AUTOSPORT web
【カワサキ】サーキットデビューを応援!「KAZE Let’s Ride オンロード」2024年度開催スケジュールを発表
【カワサキ】サーキットデビューを応援!「KAZE Let’s Ride オンロード」2024年度開催スケジュールを発表
バイクブロス
東急バスまで“走るサウナ”に!? 移動型サウナバス第2弾製作へ 運用は“東京拠点”
東急バスまで“走るサウナ”に!? 移動型サウナバス第2弾製作へ 運用は“東京拠点”
乗りものニュース
ボルボ・カーズ、前方で発生した事故をドライバーに警告する新機能「アクシデント・アヘッド・アラート」の導入を発表。欧州市場から順次展開を予定
ボルボ・カーズ、前方で発生した事故をドライバーに警告する新機能「アクシデント・アヘッド・アラート」の導入を発表。欧州市場から順次展開を予定
月刊自家用車WEB
【カワサキ】憧れのビッグバイクをお得に購入するチャンス!「カワサキプラザ スペシャルクレジットキャンペーン」を実施
【カワサキ】憧れのビッグバイクをお得に購入するチャンス!「カワサキプラザ スペシャルクレジットキャンペーン」を実施
バイクブロス
ラリーライダー池町 佳生氏の「ダカールラリー完走記念パーティ」を株式会社ムサシが3/2に開催
ラリーライダー池町 佳生氏の「ダカールラリー完走記念パーティ」を株式会社ムサシが3/2に開催
バイクブロス
ナップスが「モトテラス 東名川崎」を3/16にオープン!
ナップスが「モトテラス 東名川崎」を3/16にオープン!
バイクブロス
開幕戦は“羽なし”プジョー9X8にとって最後の好機か。バンドーン「過去一番に感触がいい」
開幕戦は“羽なし”プジョー9X8にとって最後の好機か。バンドーン「過去一番に感触がいい」
AUTOSPORT web
「ホーナー代表の疑惑については白でした。詳細は公表しません」じゃ通らない? レッドブルの発表に納得いかないライバルの声
「ホーナー代表の疑惑については白でした。詳細は公表しません」じゃ通らない? レッドブルの発表に納得いかないライバルの声
motorsport.com 日本版
車中泊に使える!? 丸目ライト&黒グリルのスズキ「軽バン」に熱視線! カッコ良すぎる「レトロスタイル」への反響は?
車中泊に使える!? 丸目ライト&黒グリルのスズキ「軽バン」に熱視線! カッコ良すぎる「レトロスタイル」への反響は?
くるまのニュース
使った事ある?バイクの「ニュートラル」や「キルスイッチ」を使うタイミングとは
使った事ある?バイクの「ニュートラル」や「キルスイッチ」を使うタイミングとは
バイクのニュース
バブル時代に生まれた「SZ」が1120万円で落札!「怪物」と呼ばれたアルファ ロメオは、いま手に入れておきたい1台です
バブル時代に生まれた「SZ」が1120万円で落札!「怪物」と呼ばれたアルファ ロメオは、いま手に入れておきたい1台です
Auto Messe Web
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その3
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その3
グーネット
注目は三菱副社長に日産常務が就任、そのほかZFの新型8速ATなども…有料会員記事ランキング
注目は三菱副社長に日産常務が就任、そのほかZFの新型8速ATなども…有料会員記事ランキング
レスポンス
RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
AUTOSPORT web

みんなのコメント

9件
  • cle********
    この先だって今の技術のEVではリセールは悪いままだよ。バッテリーがあるものの宿命。
  • van********
    中国の方は新し物好きで、BEVもモデルチェンジの回数は増え、買い換え需要は増えそうですね。
    中国BEVの中古車は墓場行き?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村