現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ増えた? クルマのフロントライト「薄い目」全盛期の理由と事情

ここから本文です

なぜ増えた? クルマのフロントライト「薄い目」全盛期の理由と事情

掲載 25
なぜ増えた? クルマのフロントライト「薄い目」全盛期の理由と事情

 クルマのヘッドライトといえば、以前は丸形もしくは角形が定番だった。しかし昨今は、薄い吊り上がった形が定番。トヨタをはじめ、レクサスや日産、三菱など、みんな「薄目」だ。なぜ「薄目」は増えてきたのか!? デザインの潮流というだけなのか!??

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、MITSUBISHI、NISSAN、JAMA

なぜ増えた? クルマのフロントライト「薄い目」全盛期の理由と事情

薄目にすることで目元にインパクトをもたせている

 近年登場した新型車の多くが「薄目」だ。トヨタ「クラウンスポーツ」や「クラウンセダン」、日産「アリア」や「ノートオーラ」、三菱「トライトン」や「デリカD:5」など、ヘッドライトでインパクトを持たせているクルマが非常に多い。

 先日開催されたジャパンモビリティショー2023に出展されたコンセプトカーにおいても、レクサスのコンセプトカー「LF-ZC」やスバルの「スポーツモビリティコンセプト」、スズキの「eVX」、トヨタの「ランドクルーザーSe」「FT-3e」、トヨタ車体の「グローバルハイエース」、「X-VAN」など、薄目ヘッドライトのクルマは多かった。なかでも印象的だったのが、マツダのコンセプトカー「ICONIC SP」だ。リトラクタブルヘッドライトにもなっており、スタイリッシュなボディデザインとマッチして、斬新だった。

 ただ、ホンダの「SUSTINA-C Concept」やダイハツの「ヴィジョンコペン」、メルセデスの「EQG」など、薄目とは対極となる、丸型ヘッドライトやデイライトを備えたコンセプトカーもあった。どちらも目もとにインパクトを持たせたいというデザイナーの意図が込められていると思われる。

ジャパンモビリティショーに登場したマツダのコンセプトカー「ICONIC SP」も薄目。リトラクタブルヘッドライトを採用していたのも驚きだった

ジャパンモビリティショーに登場したレクサスのコンセプトカー「LF-ZC」は、レクサスのLの字を硬度合った、極端な薄目のヘッドライトを採用している

LEDヘッドライトがクルマのフロントデザインを革新した

 スタイリッシュでインパクトを持たせることができる薄目ヘッドライトだが、これが実現できるようになったのは、LEDヘッドライトが登場したから。LEDは、消費電力が小さくて寿命も長く、また、かつてのバルブ型ヘッドライトやHIDヘッドライトに比べてサイズが小さい。LEDライトを複数並べることで、ヘッドライトとして必要な光量を得られるようになり、ここ10年程で、LEDヘッドライトが一気に広がるようになった。

 たとえばトヨタは、2012年~2020年頃までキーンルックをフロントマスクに多く採用していたが、2022年以降に出したクラウンクロスオーバーやbZ4X、プリウス、クラウンスポーツ、クラウンセダンなどでは、薄目のLEDヘッドライトを前提としたハンマーヘッドデザインを採用している。

 LEDヘッドライトの登場によって、ライティングデザインの自由度が広がったのだが、自由度が広がったにもかかわらず、どのクルマもどことなく似た薄目デザインとなってしまっているのは、流行りのデザインだからであろう。デザイナーとしては、流行りのデザインを取り入れつつ、いかに他社車と差別化するかは、自由度が増えたぶん、悩ましいところであると思われる。

キーンルックデザインを辞める直前、2020年に登場したヤリス。獲物を狙うような鋭い顔つきが特徴。他にも、2012年頃のオーリスから始まり、カローラセダン、カローラスポーツ、カローラツーリングなどへ広がった

5年後には再び角型になると予測

 最新のマトリクスLEDヘッドライトでは、ロービーム用のLEDライトと、ひとつのユニット内に多数のLEDを組み込んだハイビーム用ヘッドライトを組み合わせている。高速道路などで、対向車や先行車を検知すると、その部分だけハイビームを減光もしくは消灯し、常時ハイビーム走行ができる。先行車を避けるようにウネウネと照射箇所が動くようすは、まさに先進アイテム。LEDでなければ実現できなかったことだ。

 いまは薄目全盛の時代だが、トレンドは移り変わるものであり、あと5年もすれば、薄目ヘッドライトは時代遅れとなり、別の形へ進化、もしくは回帰することだろう。筆者は再び、角型(四角や台形、三角など)のLEDへッドライトに移行すると予測している。今後は、LEDヘッドライトのユニット内部で、丸や星、ハートなどを表現し、歩行者から見て、あたかもクルマが意志表示を示すようなLEDヘッドライトになっても面白いんじゃないだろうか。LEDを駆使した次世代のヘッドライトに期待したい。

こんな記事も読まれています

なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
SHOEI「Glamster」 受注期間限定モデル「HEIWA MOTORCYCLE」登場
バイクのニュース
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
くるまのニュース
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
“アヒル”のマスコットを装備したジープ・ラングラー・アンリミテッドの特別仕様車が登場
カー・アンド・ドライバー
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
全長4.4mのルノー新型コンパクトSUV「シンビオズ」まもなく世界初公開! スタイリッシュなワゴンボディに注目
VAGUE
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
新生ランチアはイプシロンで再び栄光を手にする! 新型「ランチア イプシロン」をスタジオでチェック!
AutoBild Japan
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
ホンダ新型「最小&最安コンパクトカー」実車公開! アンダー160万円&MT設定もアリ!? もはや国民車な爆売れ「ブリオ」尼に登場
くるまのニュース
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
モーサイ
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

25件
  • pjh********
    クラウンスポーツのヘッドライトは薄い目の部分ではなく
    下の丸目の部分だぞ。
  • tur********
    他の人もコメントしているが、
    クラウンスポーツ、デリカD5など、薄い目はデイライト。本来のヘッドライトはその下にある小さな丸目や多数の角目。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0262.0万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0262.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村