現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2代目フーガはセクシーな高級セダンだった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

2代目フーガはセクシーな高級セダンだった【10年ひと昔の新車】

掲載 6
2代目フーガはセクシーな高級セダンだった【10年ひと昔の新車】

2009年11月、2代目ニッサン フーガが登場している。躍動感あふれるデザインが注目を集めたが、セダンの本質を追求したというその走りはどのようなものだったのか。Motor Magazine誌ではまず4輪アクティブステア、スポーツサスなどを装備した370GTタイプSをテストしている。今回はそのの模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2010年2月号より)

従来の日本の高級車のあり方とは少し違う
初代フーガは2004年10月に登場、セドリック/グロリアにかわる、ニッサンの実質的な国内フラッグシップモデルとして華々しいデビューを飾っている。販売上重要であるはずの伝統的なセドリック/グロリアという名前を捨てたことに、従来の高級車の枠を超えた新しいクルマ作りを進めていこうという強い思いが感じられたものだ。そして、そうしたコンセプトは市場で高く評価され、新たなユーザーの獲得にも成功している。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

こうした流れを受けて、2009年11月に発表された2代目フーガは、初代のコンセプトをしっかりと継承しながら、多くの先進技術を満載して登場している。

では、フーガの新しい高級車像とはどういうものか。それはまずスタイリングに表れている。初代のアグレッシブなデザインにも驚かされたが、新型ではそれをさらに昇華して、力強くエッジの効いた、うねるような、躍動感あるものとなった。長いボンネットフードと短いオーバーハング、2900mmというロングホイールベース、Aピラーを後退させてキャビンを後方にオフセットさせたかのようなレイアウトなどが、ことさらにFRモデルであることを強調している。保守的なユーザーにどうなのかと疑問も残るが、そのデザインの斬新さが多くの人に強烈な印象を与えるのは間違いないだろう。

インテリアの雰囲気も従来の伝統的な価値観とは少々異なる。エクステリアのイメージと共通する、うねるようなダッシュボードやメーターパネルの造形が印象的で、その全体的なイメージは、心地よさというよりも、乗る人の気分を高揚させ元気にさせてくれるといったものだ。銀粉をコーティングすることにより華やかさを際立たせた本木目、触り心地にこだわったドアトリムやパネルなどに入念な素材選び感じさせるが、癒しの空間といった従来の日本の高級車のあり方とはやはり少し違う。

走りにも躍動感があって楽しい
実際に走り出すと、フーガの狙いはさらにはっきりとする。とにかく走りに躍動感があって楽しいのだ。

VVELを採用したV6のVQ37VHRエンジンは極低回転域から力強く、しかもアクセルレスポンスが過敏ではないので、実に扱いやすい。VVELはスロットルバルブではなく直接エンジン側のバルブリフト量を変化させてスロットル操作を行う機構。ポンピングロスを低減させ、しかもレスポンスを向上させる働きもあるというから、これも効いているのかもしれない。アクセルの踏み込みに比例してエンジンの力感が増す感触はとても気持ちがいい。VQ37VHRは最大トルク363Nmを5200rpmでマークするが、最大トルクの90%を2400~7000rpmで発生するというのも見逃せないポイントだ。

トランスミッションは新開発のマニュアルモード付7速AT。7速化によりそれぞれのギア比を接近させながらワイドレンジとし、途切れのない加速と燃費向上を実現。2速以上のすべてのギアでロックアップ領域を拡大し、アイドリング中の無駄な燃料消費を抑えるNアイドル機能も採用している。 

リアサスペンションはフーガのために新たに開発されたもので、リンクの配置を変更しインシュレーターの剛性を低く抑えることで、操縦安定性としなやかさを高めている。また、路面からの入力周波数にあわせて2つのピストンが減衰力をコントロールするダブルピストンショックアブソーバーも注目アイテムだ。

ステアリングの感触はどっしりと重厚なもので、サスペンションの動きをしっとりと伝えてくる。レスポンスのいい安心感のあるフロントと、微妙に揺れるリアの動きが、フーガに躍動感をもたらしていると言ってもいいだろう。

細かな振動や音をすべて消し去るのではなく、手、腰、背中、そして耳を通してクルマの動きを情報として伝えてくるのは、あえてフーガが狙ったところなのだろう。フラットで静粛な走りとはやや異なる味わいに、フーガはやはりドライバーズカーなのだということを実感した。

想定ライバルは、BMW5シリーズ、メルセデス・ベンツEクラスなど。フーガは欧州と北米の市場にインフィニティMとして投入される。(文:Motor Magazine編集部 松本雅弘/写真:安西英樹)

ニッサン フーガ370GTタイプS 主要諸元
●全長×全幅×全高:4945×1845×1500mm
●ホイールベース:2900mm
●車両重量:1750kg
●エンジン:V6DOHC
●排気量:3696cc
●最高出力:245kW(333ps)/7000rpm
●最大トルク:363Nm(37.0kgm)/5200rpm
●トランスミッション:7速AT
●駆動方式:FR
●車両価格:492万4500円(2009年当時)

[ アルバム : 2代目ニッサン フーガ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
くるまのニュース
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
WEB CARTOP
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
くるまのニュース
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
レスポンス
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
WEBヤングマシン
トップガンの赤黒&ZXRカラー!! カワサキの「ニンジャ」40周年記念モデルを激撮!
トップガンの赤黒&ZXRカラー!! カワサキの「ニンジャ」40周年記念モデルを激撮!
WEBヤングマシン
クライスラー新型「ハルシオン」世界初公開! 流線型ボディのスーパーカーは ブランドの近未来を示唆する電動コンセプト
クライスラー新型「ハルシオン」世界初公開! 流線型ボディのスーパーカーは ブランドの近未来を示唆する電動コンセプト
VAGUE
【岡崎宏司カーズCARS】ICONIC SPが提示したロータリーの新たな魅力。「美しいデザイン」と「動的資質の高さ」にマツダの輝く未来を感じる
【岡崎宏司カーズCARS】ICONIC SPが提示したロータリーの新たな魅力。「美しいデザイン」と「動的資質の高さ」にマツダの輝く未来を感じる
カー・アンド・ドライバー
トヨタ新型「ヤリスクロス」実車展示! 迫力顔でちょっと“ビッグ”! 大統領も「興味津々」の“高級独自仕様”泰に登場
トヨタ新型「ヤリスクロス」実車展示! 迫力顔でちょっと“ビッグ”! 大統領も「興味津々」の“高級独自仕様”泰に登場
くるまのニュース
【SCOOP!】新型ホンダ「CB400」は新開発の直4+新世代MT“Eクラッチ”のコンビで来る?!
【SCOOP!】新型ホンダ「CB400」は新開発の直4+新世代MT“Eクラッチ”のコンビで来る?!
WEBヤングマシン
日産「新型スポーティセダン」発表!「精悍顔」に顔面刷新! 700万超え豪華グレードもある新型「セントラ」約490万円からアルゼンチンに登場
日産「新型スポーティセダン」発表!「精悍顔」に顔面刷新! 700万超え豪華グレードもある新型「セントラ」約490万円からアルゼンチンに登場
くるまのニュース
ホンダ「スーパーカブC125」 新色を設定した2024年モデルを発売
ホンダ「スーパーカブC125」 新色を設定した2024年モデルを発売
バイクのニュース
ホンダ「フォルツァ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「フォルツァ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
新型マツダ6がカッコ良すぎるのよ!! 縦置きエンジン+FRレイアウト採用でパワーユニットは5つ展開か!?
新型マツダ6がカッコ良すぎるのよ!! 縦置きエンジン+FRレイアウト採用でパワーユニットは5つ展開か!?
ベストカーWeb
軽キャンパーはシンプルがいい! そんな人は必見のトヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
軽キャンパーはシンプルがいい! そんな人は必見のトヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
RVRの後継となるのか!? 三菱の新型コンパクトSUV「エクスフォース」が登場もPHEVモデルはなし!?
RVRの後継となるのか!? 三菱の新型コンパクトSUV「エクスフォース」が登場もPHEVモデルはなし!?
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

446.4626.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.7513.9万円

中古車を検索
フーガの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

446.4626.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.7513.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村