現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「3シリーズは失敗しない?」 元E46オーナーが唸る!! 最新BMW3シリーズをマジ購入前提で徹底試乗!

ここから本文です

「3シリーズは失敗しない?」 元E46オーナーが唸る!! 最新BMW3シリーズをマジ購入前提で徹底試乗!

掲載 10
「3シリーズは失敗しない?」 元E46オーナーが唸る!! 最新BMW3シリーズをマジ購入前提で徹底試乗!

 2019年に日本導入されて以来、2022年9月に初めて大がかりなマイチェンを受けたBMW3シリーズ。日本での輸入車の“ド定番”モデルだが、以前にE46型3シリーズセダンに乗っていたベストカーWeb編集部員が本気で購入を考え、ディーラーで試乗してみた。

本文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、ベストカー編集部、BMW

「3シリーズは失敗しない?」 元E46オーナーが唸る!! 最新BMW3シリーズをマジ購入前提で徹底試乗!

■かつての5シリーズ並みとなった現行3シリーズセダンに、E46の味は残っているのか!?

マイチェンを受けた現行型BMW3シリーズセダン。フェイスリフトを受け、前期型からかなり印象度を変えてきている。それにしても堂々たるボディサイズに

 それにしても「立派」になってしまったものだ。ディーラーで見た現行7代目G20型BMW3シリーズセダンのボディサイズは全長4720×全幅1825×全高1440mm、ホイールベース2850mmとのこと。これ、ほぼかつての4代目E39型5シリーズセダン(全長4775×全幅1800×全高1435mm、ホイールベース2830mm)なみのボリュームとなってしまっているのだから。

 自分が乗っていた4代目E46型は2002年式320iのMスポーツで、全長4470×全幅1740×全高1410mm、ホイールベース2725mmと、今思えば非常にコンパクトなDセグサルーンだった。こうなるともはや、名前だけが同じ「3シリーズセダン」と言っても過言ではないだろう。

 で、現在はかなりパワフルな国産のスバル製4WDターボセダンに乗る自分なのだが、なんといってもBMW3シリーズには個人的に妄信に近い「走りの理想」があると信じ込んでいる。乗っていたE46型320iは後期型の2.2L直6DOHC(M54B22型)で、そのパワースペックは最高出力170ps、最大トルク21.4kgmと決してパワフルではなかった。

 とはいえ、そこはさすがのBMW。E46型に乗っていた当時はボディサイズのコンパクトさに加え、軽量で鼻先がスイスイ切り込んでいくようなFRならではの身のこなし、「滑るように走る」その味に魅入られてしまっていた。

 さらにシルキーな2.2LDOHCはまさにBMWのお家芸。高回転までスムーズに淀みなく、官能的にシュンシュンと振動もなく気持ちよく回るBMW直6独特の「シルキー6」はとろけるような感覚。パワー感こそさほどではなかったにせよ、「気持ちのいい走り」はパワーがあればいいというモノでもないことを体現していたようなモデルだったことをよく覚えている。

 ちなみに、このE46型M3クーペは歴代M3のなかで最後の直6DOHC搭載モデルでマニア人気もいまだに非常に高い。3.2LDOHCは343psのパワーを誇っており、その走りのポテンシャルの高さは言うまでもなく、特にベースのM3から110kgもの軽量化を施してパワーを355psまで上げたスペシャルモデルのCSLは流通量も少なく、程度のいい個体には高値がついているようだ。

■大柄になってもやはり3シリーズは3シリーズだった!

318iのインテリア。カーブドディスプレイの採用とシフトノブやハンドブレーキがなくなっていることがわかる

 さて、現行型3シリーズのマイチェンモデルだ。個人的に狙っているのはエントリーモデルの318i標準車(価格548万円)。向かったディーラーには残念ながら318iのセダンが置いてなかったため、ワゴンモデルのツーリングMスポーツ(価格627万円)での試乗と相成った。

 パワートレーンは直4の2LDOHCターボで最高出力156ps、最大トルク25.5kgm。上位グレードの320iとまったく同じパワーユニットを若干デチューンしたものになっている。

 乗り込んで「バフッ!」っという小気味のいいドアの開閉音を聞きながら、おさまりのいいスポーツシートに腰を沈める。例によってMスポーツならではの極太ステアリングの径には手の小さい自分にとっては閉口したが、これも「BMWの方程式」。

■やはり新型にもE46の面影が……

E46型318iセダンMスポーツ。担当はこの320iに乗っていたが、確実に現行型3シリーズにもその走りが受け継がれていると感じた

 ディーラーから走り始めると、「スルスルスル」ともうすでに滑らかすぎる感触。ヤバい、まだまったくアクセルを踏み込んでもいないのに魅了されてしまっている。以前、ベストカー本誌での撮影で前期型318iツーリング標準仕様には試乗していたことがあったのだが、足が硬めのセッティングとなるMスポーツでも思っていたよりもしなやかだ。

 コンパクトサイズでレスポンスのいい直6NAエンジンを載せていたE46型320iも非常によかったのだが、今回試乗した318iツーリングMスポーツもまた格別。ボディサイズが大柄になり、時代に合わせてダウンサイジングの直噴ターボの時代になっても、またベーシックなBMW3シリーズでもBMWの真髄である「駆け抜ける歓び」がギュッと詰まっていることが再認識できた試乗だった。

 個人的にネックになるのは、あとは318iセダンの標準モデルでも車両本体価格が548万円となり、総額で乗り出し600万円になることくらいか……。っていうか、それが最大の問題になるんだけど(苦笑)。

こんな記事も読まれています

「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
ベストカーWeb
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
ベストカーWeb
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
ベストカーWeb
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
AUTOSPORT web
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
グーネット
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
ベストカーWeb
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
Auto Messe Web
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
AUTOSPORT web
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
AUTOSPORT web
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
AUTOCAR JAPAN
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
Auto Messe Web
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
AUTOSPORT web
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
レスポンス
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
AUTOSPORT web
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
AUTOSPORT web
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
くるまのニュース
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
レスポンス

みんなのコメント

10件
  • M340iからC43AMGに乗り換えて、3シリーズの完成度の高さを改めて感じました。
  • ブタグリルの3シリーズになったら失敗でしょ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

568.01074.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0799.9万円

中古車を検索
3シリーズ セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

568.01074.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0799.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村