現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス「“最小級”ハッチバック」復活!? 新型「CT」もし登場したら“超スポーティ”デザインか! 賛否アリそうなCGが話題に

ここから本文です

レクサス「“最小級”ハッチバック」復活!? 新型「CT」もし登場したら“超スポーティ”デザインか! 賛否アリそうなCGが話題に

掲載 18
レクサス「“最小級”ハッチバック」復活!? 新型「CT」もし登場したら“超スポーティ”デザインか! 賛否アリそうなCGが話題に

■レクサス「CT」に“新型モデル”? 想像以上にカッコイイ!

 2023年6月5日、レクサスはこれまでになかった新型SUVである「LBX」を発表、日本では、2023年秋からの販売が予定されています。そんなLBXはレクサスの中でも最も小さいSUVとなり、かつて「CT」が担っていた“レクサスブランドのエントリーモデル”の位置づけになります。
 
 そんなCTに2代目モデルがあったらどうなるのか、LBXのデザインをもって予想したCGを、クルマのバーチャルチューナーであるTheo throttle氏が作成し投稿し、話題を呼んでいます。

【画像】めちゃカッコイイ…レクサス新型「CT」のCGを画像で見る(28枚)

 CTは、クラストップの燃費性能や環境性能、俊敏な走行性能とダイナミックでスポーティなスタイリングで世界各国のユーザーから根強い支持を集めたハッチバック。

 2011年に登場し、2014年にはマイナーチェンジを受け、スピンドルグリルの採用などエクステリアデザインを刷新。より洗練された個性が際立つスタイリングを実現するとともに、ボディ剛性の強化などによって静粛性や快適な乗り心地、俊敏な走りを磨き上げています。

 2017年にはスピンドルグリルにメッシュグリル形状を採用するとともに「Lexus Safety System+」を標準装備することで、予防安全性能の向上など進化を続けてきました。

 しかし、2022年10月で生産終了。それまでの過去11年間で約65の国や地域で販売され、累計約38万台を販売したといいます。

 そんなCTは、現在まで新型モデルとなる2代目の登場はなく、エントリーモデルの位置づけには、新たに前述のLBXが登場する予定です。

 そこでクルマのバーチャルチューナーであるTheo throttle氏は、もしCTにその2代目となる次期型が存在したら?という想定の元CGを作成しました。

 この2代目CTのCGについてTheo throttle氏は、「トヨタ『カローラ』やレクサス『UX』が採用しているTNGA-Cプラットフォームを採用し、新型LBXに見られるようなスタイリングを持つ、次期型となる2代目CTを想像しました」としています。

 2代目CTのCGは、トヨタ「カローラスポーツ」をベースに形成されており、そのボディラインにLBXのデザインを合わせていくことで成立しています。

 SUVとして縦に長かったLBXのデザインは、低く幅広に変化しており、よりスポーティな印象になっています。

 リアでもそれは同様で、緻密に調整されており、違和感がありません。

 Theo throttle氏の製作したレンダリングは、もちろんメーカー非公認の妄想デザインですが、しっかりと現実味を感じるデザインに仕上がっています。

こんな記事も読まれています

ブガッティの新型ハイパーカー、V16ハイブリッド搭載 6月発表
ブガッティの新型ハイパーカー、V16ハイブリッド搭載 6月発表
レスポンス
初代CX-5に先代フォレスター!! 日常の足から遊びまで超万能!! 100万円以内で買えちゃうおススメ中古SUV6選
初代CX-5に先代フォレスター!! 日常の足から遊びまで超万能!! 100万円以内で買えちゃうおススメ中古SUV6選
ベストカーWeb
EVはタイヤ交換地獄? ユーザーリポートから見えてきた単純明快な真実、北米計算では「2か月に1回」の可能性も
EVはタイヤ交換地獄? ユーザーリポートから見えてきた単純明快な真実、北米計算では「2か月に1回」の可能性も
Merkmal
【F1開幕戦バーレーンGP決勝の要点】 中位争いで輝き見せた新体制の小松ハース。今年はロングランにも手応えあり
【F1開幕戦バーレーンGP決勝の要点】 中位争いで輝き見せた新体制の小松ハース。今年はロングランにも手応えあり
AUTOSPORT web
最速レッドブルはまだまだ遠い。フェラーリF1代表、昨年の開幕戦からタイムギャップ半減も「少し複雑な気持ち」
最速レッドブルはまだまだ遠い。フェラーリF1代表、昨年の開幕戦からタイムギャップ半減も「少し複雑な気持ち」
motorsport.com 日本版
約200万円で打倒アルトワークス!!? 車重710kg+MTの「ミライースターボ」が魅せた激走
約200万円で打倒アルトワークス!!? 車重710kg+MTの「ミライースターボ」が魅せた激走
ベストカーWeb
2024年の新製品が登場! クルマの美しさを追求するソフト99の新製品が注目を集める
2024年の新製品が登場! クルマの美しさを追求するソフト99の新製品が注目を集める
レスポンス
【マットモーターサイクルズ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024にニューモデル「DRK-01 125/250」を出展
【マットモーターサイクルズ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024にニューモデル「DRK-01 125/250」を出展
バイクブロス
フェルスタッペン、開幕戦でグランドスラム「これほど完璧な日はめったにない。マシンと一体になれた」レッドブルF1
フェルスタッペン、開幕戦でグランドスラム「これほど完璧な日はめったにない。マシンと一体になれた」レッドブルF1
AUTOSPORT web
国道254号に代わる「7km近道バイパス」ついに全通へ!「関越IC‐寄居」に新まっすぐルート誕生
国道254号に代わる「7km近道バイパス」ついに全通へ!「関越IC‐寄居」に新まっすぐルート誕生
乗りものニュース
1000万円超え! 20年以上前の三菱「ランエボ」が超高額落札!? 豪で新車価格の5倍になった「激レア個体」の正体とは
1000万円超え! 20年以上前の三菱「ランエボ」が超高額落札!? 豪で新車価格の5倍になった「激レア個体」の正体とは
くるまのニュース
【角田裕毅F1第1戦分析】入賞を逃した第一の原因はライバルの先行を許したピット戦略か。チームオーダーで状況が悪化
【角田裕毅F1第1戦分析】入賞を逃した第一の原因はライバルの先行を許したピット戦略か。チームオーダーで状況が悪化
AUTOSPORT web
海を渡ったマツダ「コスモスポーツ」が1660万円で落札! 仏で新車で販売された唯一現存する個体は、メディアで引っ張りだこの1台でした
海を渡ったマツダ「コスモスポーツ」が1660万円で落札! 仏で新車で販売された唯一現存する個体は、メディアで引っ張りだこの1台でした
Auto Messe Web
【正式結果】2024年WEC第1戦カタール 決勝
【正式結果】2024年WEC第1戦カタール 決勝
AUTOSPORT web
【MotoGP】ホルヘ・マルティン、プラマック入りが報道されたアルデゲルに「準備はできていると思う。彼はMoto2最強だ」
【MotoGP】ホルヘ・マルティン、プラマック入りが報道されたアルデゲルに「準備はできていると思う。彼はMoto2最強だ」
motorsport.com 日本版
【この240Zなんぼ?】わお高い!60年代末にセンセーショナルなデザインで登場したクーペ「ダットサン240Z」
【この240Zなんぼ?】わお高い!60年代末にセンセーショナルなデザインで登場したクーペ「ダットサン240Z」
AutoBild Japan
あなたも返金対象かも 「整備してないのに請求」されてない? ビッグモーター事業所行政処分
あなたも返金対象かも 「整備してないのに請求」されてない? ビッグモーター事業所行政処分
AUTOCAR JAPAN
“失意の7位フィニッシュ”プジョー9X8が失格。ガス欠後のモーター走行等が違反との裁定下る
“失意の7位フィニッシュ”プジョー9X8が失格。ガス欠後のモーター走行等が違反との裁定下る
AUTOSPORT web

みんなのコメント

18件
  • そのうちAIが予想CGの記事を書くようになりそう
  • こういうのってある意味、著作権とか大丈夫なん?
    凄く無責任なところが嫌だな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.9488.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9410.0万円

中古車を検索
CTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.9488.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9410.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村