現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自ら殻を破ったトヨタ「プリウス」が「2023‐2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞! インポートはBMW「X1」がパワー・オブ・チョイスで選ばれました

ここから本文です

自ら殻を破ったトヨタ「プリウス」が「2023‐2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞! インポートはBMW「X1」がパワー・オブ・チョイスで選ばれました

掲載 6
自ら殻を破ったトヨタ「プリウス」が「2023‐2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞! インポートはBMW「X1」がパワー・オブ・チョイスで選ばれました

愛されるクルマを目指したプリウス

2023年で44回目を迎えた、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」。2023-2024のイヤーカーを決める最終選考会が2023年12月7日に開催され、トヨタ「プリウス」が日本カー・オブ・ザ・イヤーの栄光に輝いた。

112万人が来場したジャパンモビリティショー2023が「日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞」を受賞!モビリティ産業に新たな道筋を示したことが高く評価されました

最終選考に残ったのは10台

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、日本のモータリゼーションの発展と、コンシューマーへの最新モデル&最新技術の周知を目的とし、1980年に設立。これまでさまざまなクルマが選出されたが、2022年には43年の歴史で初の軽自動車がイヤーカーに選ばれたのは記憶に新しい。

2023-2024に10ベストカーにノミネートされたのは、下記のモデルとなる。

・三菱デリカミニ ・ホンダZR-V ・トヨタ プリウス ・スバル クロストレック ・トヨタ アルファード/ヴェルファイア ・日産セレナ ・アバルト500e ・BMW X1 ・マセラティ グレカーレ ・フォルクスワーゲンID.4

投票は日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員である自動車評論家、ジャーナリスト、有識者の60名が行い、最終選考に残った10ベストカーの試乗会を経て投票が行われている。日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたトヨタ プリウスのほか、各賞に選ばれた各車と選考理由のコメントを下記に紹介する。

【日本カー・オブ・ザ・イヤー】

トヨタ プリウス

<授賞理由>

ハイブリッド車のパイオニアであり、長く牽引役、推進役を務め続けたプリウスが、5代目にしてついにその殻を破った。ハイブリッド技術が一般化した今、もはやそのシンボルである必要はなく、自らブレークスルーを図り新しいフェーズへ移行したのである。

首脳陣からはコモディティ化を進める案も出たが、それを覆したのは開発陣の熱意。クリーンな車というだけでなく、愛されるクルマを目指した。

これまで空力性能最優先だったボディは、スタイリッシュなモノフォルムに大変身。Cd値では従来型に少し劣るものの、前面投影面積を減らすことでCdA値は従来型並みに抑えることに成功している。

その上で低重心化とロングホイールベース化を図り、動的性能の著しい向上を実現したことが高く評価された。操縦性はプリウス史上最も敏捷かつ正確なものに変貌を遂げ、スポーツドライビングが楽しめる。

【インポート・カー・オブ・ザ・イヤー】

BMW X1

<授賞理由>

日本市場に相応しいコンパクトサイズでありながら、BMWらしい動的質感の高さを実現。パワー・オブ・チョイス。つまりユーザーのライフスタイルに応じてBEV、ガソリン、48Vマイルドハイブリッド・ディーゼルの3種類のパワーユニットが用意され、そのどれもがハイレベルな走行性能を獲得している点が支持された。

補助金を含めればほぼ同一のプライスレンジに収まるインポーターの努力も見逃せない。

【デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー】

三菱デリカミニ

<授賞理由>

近年厳ついフロントマスクがブランド・ランゲージだった三菱が一転、愛らしく魅力的な表情を採用したことが評価された。しかも販売台数はeKクロススペースの3倍強を達成。デザインが商品性の高さに直結する大切な要素であることを自ら証明してみせた。

同社にとってアイコン的存在でもあるデリカのモデル名を用いるだけでなく、外観面でも同じ世界観を共有した意義も大きい。

【テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー】

日産セレナ

<授賞理由>

「セレナはモノより思い出」の公約通り、脇役に徹するための数々のテクノロジーが高評価を呼んだ。ミニバンでありながら高速道路でハンズオフ可能なプロパイロット2.0を最上級グレードに採用。空力面ではミニバンの弱点である横風に強い細部処理を施す等抜かりない。

5ナンバー枠に収めながらタイヤサイズを拡大したにも関わらず、従来型並みの室内スペースを確保。e-POWER用に新開発された3気筒1.4Lエンジンに対する評価も高い。

【日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞】

ジャパンモビリティショー2023

<授賞理由>

4年ぶり開催の「東京モーターショー」を「ジャパンモビリティショー2023」と改称し、新しいコンセプトを打ち立て、「人と人」、「会社と会社」、「人や会社と社会」を繋げる役割としてのモビリティの重要性を確立し、スタートアップ企業を含めた日本のモビリティ産業全般に新たな道筋を示したことを高く評価する。

* * *

日本カー・オブ・ザ・イヤーが始まって44年という歴史のなかで、歴代3モデルが栄冠に輝いているトヨタ プリウス。各社、ガソリンモデルからEVに移行しつつあるが、2024年はどのようなクルマが登場し、選ばれるのか? 今後登場する新型車に注目だ。

こんな記事も読まれています

TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
motorsport.com 日本版
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
バイクのニュース
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
レスポンス
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
AUTOSPORT web
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
motorsport.com 日本版
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
@DIME
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
くるまのニュース
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
VAGUE
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
Auto Messe Web
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
グーネット
ロールス・ロイスが最新作「アルカディア・ドロップテイル」を発表。かつてないラグジュアリーカーを具現化
ロールス・ロイスが最新作「アルカディア・ドロップテイル」を発表。かつてないラグジュアリーカーを具現化
Webモーターマガジン
ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
レスポンス
開幕戦圧勝のレッドブル「アドバンテージは見た目ほど大きくない」と主張。メルセデス代表は同意せず
開幕戦圧勝のレッドブル「アドバンテージは見た目ほど大きくない」と主張。メルセデス代表は同意せず
motorsport.com 日本版
走りを追求し尽くすとクルマはこうなる! タイプRの心臓をぶち込んだ公道を走れるフォーミュラ「アリエル・アトム」がスパルタンの極み
走りを追求し尽くすとクルマはこうなる! タイプRの心臓をぶち込んだ公道を走れるフォーミュラ「アリエル・アトム」がスパルタンの極み
WEB CARTOP
データシステム、クラウンセダン用TV-KITを発売
データシステム、クラウンセダン用TV-KITを発売
月刊自家用車WEB
充電サービスのテラチャージ、団地に充電器を初設置 出力3kWを3口
充電サービスのテラチャージ、団地に充電器を初設置 出力3kWを3口
日刊自動車新聞
35年ぶり復活! トヨタ新型「カクカク本格SUV」発売へ! レトロな「1958」もある「新ランクル」1000万円超えで加に登場
35年ぶり復活! トヨタ新型「カクカク本格SUV」発売へ! レトロな「1958」もある「新ランクル」1000万円超えで加に登場
くるまのニュース
決定的シーンを見逃さない! 世界初となる「マルチアングル配信」を2024年のスーパー耐久から導入決定
決定的シーンを見逃さない! 世界初となる「マルチアングル配信」を2024年のスーパー耐久から導入決定
WEB CARTOP

みんなのコメント

6件
  • *
    RJCは変な軽自動車が好きだからデリカかもな。
  • Blue Moon
    もはや、何の付加価値も生まない賞。
    審査員の利権の為の組織。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.5628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.5628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村