サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > GSF1200やCB1000SFなどのビッグネイキッドが次々登場!【日本バイク100年史 Vol.059】(1994-1995年)<Webアルバム>

ここから本文です
1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

スズキGSF1200 1995 年1月
バンディットシリーズの最大モデルという位置づけのビッグネイキッドスポーツであるGSF1200。油冷時代のGSX-R1100から受け継がれた油冷直4エンジンを、1200ccまでスケールアップ。

おすすめのニュース

サイトトップへ