現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これがボルボ?! と、驚かずにはいられないスポーティなSUVだ!──ボルボ XC60 T6 AWD Rデザイン試乗記

ここから本文です

これがボルボ?! と、驚かずにはいられないスポーティなSUVだ!──ボルボ XC60 T6 AWD Rデザイン試乗記

掲載 更新
これがボルボ?! と、驚かずにはいられないスポーティなSUVだ!──ボルボ XC60 T6 AWD Rデザイン試乗記

現在、ボルボは「XC40」、「XC60」、「XC90」の計3つのSUVモデルを、サイズと価格によってセグメント分けしている。なかでも、ミドルサイズのXC60は、2017年10月の日本販売開始以来、多くのユーザーから支持を受け、着実に販売を伸ばしているそうだ。

XC60シリーズのなかでも、今回紹介する「T6 AWD Rデザイン」は、パフォーマンス志向のユーザーを意識したモデルである。なお、XC60の設定グレードは多彩だ。燃費志向のユーザー向けに、ガソリンエンジンの「T5」や、ディーゼルエンジンの「D4」を用意する一方、最新テクノロジーを好むユーザー向けに、PHV(プラグ・イン・ハイブリッド)モデルの「T8ツインエンジン」もカタログに載せる。

テスラに北欧から刺客! ボルボが手がける「ポールスター」の完成度は?──ジュネーブ国際自動車ショー2019リポート【第15弾:ポールスター】

これらのグレードは、すべて直列4気筒エンジン(T8にはさらに、電気モーターもくわわる)であるものの、異なるチューニングだ。6気筒や8気筒などマルチシリンダーエンジンを手がけない現在のボルボらしい。

今回テストしたグレード「T6」が搭載するエンジンは最高出力320ps、最大トルク400Nmを発揮する。T6の下に位置する「T5」は最高出力254ps、最大トルク350Nmだから、だいぶ差がある。実際に乗るとT6は明確に速い。クルマに速さを求めるユーザーのために開発されたモデルと知れる。

全長4690mm、全高1660mmのボディを、2.0リッターエンジンが軽快に走らせるのだからたいしたものだ。エンジンのレスポンスはとりわけ低回転域でめざましい。スーパーチャージャーの働きにより、1500rpmもあれば100km/hまであっというまに達する。

とりわけ、T6で味わうべき点は、中間加速の鋭さだ。センターコンソールのシフトレバー近くにあるドライブモードセレクターで、「ダイナミック」を選択すると、アクセルペダルの踏み込みに対するエンジンレスポンスのよさと加速の鋭さには、ホントびっくりする。ごくわずか踏んだだけで、2t近いボディが軽量スポーツカーのようなダッシュ力を見せるのだ。

私は、「コンフォート」でも充分速いと感じたので不満はなかったが、ダイナミックはより速く、そして面白い。ダイナミックを選び、ワインディングロードを駆け抜けるのは、XC60 T6 AWD Rデザインならではの魅力かもしれない。ようするに2つのキャラクターを使い分けられるのだ。

サスペンションはRデザインのために用意されたスポーティな設定である。たとえば、フロントのコイルスプリングと、リアのコンポジット素材のリーフスプリングは、チューニングを強化(バネレートはノーマルサス比で約30パーセント硬めにしている)している。

くわえて、専用モノチューブ・ダンパーを装備し、前後ともに1mm直径がふとくなった強化型アンチロールバーを備えている。さらに、電動パワーステアリングもスポーツチューンド(ギア比)に変更されるなど、エンジンのハイパワー化に対応し、操縦性もグレードアップされているのだ。

乗り心地は「すこし硬いかな」といった印象だ。しかし路面の凹凸を拾いすぎはしない。操縦性を重視したスポーツサスペンションであるが、快適性が犠牲になっていないのは、うまい設定である。

走行中の動きは、重量級ボディのおかげもあり、足まわりがバタバタせず、しっとり感があって好ましい。ロードノイズをはじめ騒音は(ノイズキャンセラーの働きもあって)低く抑えられている。700万円を超えるSUVにふさわしい重厚感がちゃんと備わっているのだ。

インテリアでまず圧倒されるのは、壁のようにアップライトでそびえ立つダッシュボードの存在感だ。さらにボルボのデザイナーは、ダッシュボードにウッドパネルとクロームによる視覚的アクセントを設け、上質な雰囲気を醸し出すのに成功している。シートを含むインテリアの素晴らしい造型感覚と色彩感覚は、いまも他社の追随を許していない。

とりわけXC60シリーズのシートは完成度が高い。さまざまなクッションが複雑に組み合わされた構造で、座り心地がよく、ホールド性といった機能面もよく出来ている。なお、Rデザインのシートは、さらにサポートがしっかりしているスポーツタイプだ。

革巻きステアリングホイールは径が太すぎず、また、握りかげんも適度にソフトだ。乗員が直接触れる部分に、とても気をつかっているのがよくわかる。そういえば、ボルボ・カーの米国ホームページには印象的な言葉が記されている。

「Choose The Volvo That Suits Your Life」

日本語に訳すと「あなたの生活にぴったり合うボルボを選んで」だ。よく考えれば一般的な表現かもしれないが、XC60に乗っていて私の頭にはこの一節が強くよみがえった。

なぜか? それは、”ぴったり合う”という表現がこのクルマの評価にふさわしいと思えたからだ。あらゆる部分が人間の感性にマッチする。先述のハンドルの握り具合が好例だ。なるほど、XC60が大ヒットする理由が、乗れば乗るほどしっくりきたのであった。

関連タグ

こんな記事も読まれています

BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
月刊自家用車WEB
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
Merkmal
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
くるくら
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
日刊自動車新聞
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
くるまのニュース
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
バイクのニュース
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
AUTOCAR JAPAN
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
ベストカーWeb
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
Auto Messe Web
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
WEB CARTOP
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
カー・アンド・ドライバー
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
GQ JAPAN
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
AUTOSPORT web
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
バイクブロス
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
motorsport.com 日本版
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
くるまのニュース
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
バイクのニュース
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村