現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産スカイラインHT2000GT-R(昭和45/1970年10月発売・KPGC10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト050】

ここから本文です

日産スカイラインHT2000GT-R(昭和45/1970年10月発売・KPGC10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト050】

掲載 更新 2
日産スカイラインHT2000GT-R(昭和45/1970年10月発売・KPGC10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト050】

この連載では、昭和30年~55年(1955年~1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第50回目は、レースシーンでGT-Rの高性能ぶりを強烈にアピールした、日産スカイラインHT2000GT-Rの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)

戦闘力向上を果たしたハコスカGT-Rの完成形
昭和45(1970)年10月、スカイラインに2ドアハードトップ(HT)が加えられた。最初の段階では2ドアの構想はなかったが、クーペブームが到来したので、途中から追加することを決めたのだ。前ページで述べた様に、この時にGT-Rは2ドアHTに移行し、4ドアモデルは消滅した。車両型式はKPGC10だ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

運動性能を高めるためにホイールベースを70mmも短縮した2ドアHTのGT-Rは、さらに軽快なフットワークを手に入れ、車体剛性もアップしている。ボディは全長で65mm、全高も15mm短縮され、Aピラーの傾斜も寝かせて空気抵抗を低減。全幅は55mm拡大したが、車重は20kg軽くなった。この恩恵は、サーキットでも遺憾なく発揮された。

S20型エンジンは、スペック上の変化はないが、環境に配慮してブローバイガス還元装置が装着され、レギュラーガソリン仕様のS20も設定された。このレギュラー仕様は圧縮比を9.5から9.0に下げており、点火タイミングも遅らせている。そのため最高出力で5ps、最大トルクで0.4kgmハイオク仕様よりスペックは落ちている。

エクステリアの変更も大きい。フロントマスクはヘッドライトの内側はメッキの縁取り幅を大きく広げ、その中をブラック仕上げのハニカムグリルとしている。

よりグリップ力の高いワイドタイヤを履けるように、リアにリベット留めのオーバーフェンダーを装着したのも2ドアHT・GT-Rの特徴だ。

リアコンビネーションランプは、メッキで囲んだブロック型の2分割タイプに変更された。フェンダーミラーも視認性に優れたタルボ型だ。エアロダイナミクスとダウンフォース向上のためにスポイラーも用意され、レースでは効果を発揮する。

大きく変わったのはインテリアだ。ブラック基調の精悍なデザインで、フライトスコープと名付けた6連メーターを採用した。バケットシートは相変わらずリクライニング機能を持たないタイプだが、後席に乗り込む人のために前倒れするように改良している。 GT-Rのエンブレムもデザインが変更され、リアは2段重ねとなった。

昭和46(1971)年9月に登場した最終モデルでは「5SPEED」のエンブレムが付き、トリムやシートの柄も変わる。また、スピードメーターに黄色と赤の警告表示が加わったのも変更点のひとつだ。なお、車台ナンバーは4ケタ表示になった。

ちなみに、GT-Rの生産台数は1969年式が539台、70年 式 の セダンGT-R(PGC10)が293台である。2ドアHT・GT-R(KPGC10)は、公式には1113台とされているが、車体番号で追っていくと
70年式が682台(試作、レース車4台を除く)、71年と最終の72年式は515台(レース車1台を除く)
の計1197台となる。よって初代GT-Rの合計生産台数は2029台ということになる。そして昭和47(1972)年9月、4代目のケンメリ(C110型)が登場し、ハコスカは姿を消す。

後に櫻井眞一郎はこう語っている。
「数多くのスカイラインを手掛けたが、最も思い出深いのは3代目のC10型スカイラインとGT-Rだ。セダンは日産との合併で部品共用の検討や仕様変更を強いられ、残念だった。だが、走りに磨きをかけることができた2ドアHT・GT-Rは開発していて楽しかった。剛性を上げながら軽量化にも取り組んだ」

S20型という高性能エンジンを積み、サーキットの勢力図を大きく変えた初代GT-Rは、50年の時を超えて今も愛され続けている。日本の自動車界に大きな影響を与えた稀代の名車、それがハコスカGT-Rだ。

MOTORSPORT
サーキットでは4ドアGT-R発売から3カ月後のJAFグランプリにて、薄氷ながらもデビューウィン。その後、熟成開発を重ねながら台頭してくるロータリー勢たちとの激闘を繰り広げ、昭和47(1972)年3月、累計50勝を達成。同年10月のワークス活動休止までに通算52勝という大記録を打ち立てた(写真は’72富士インター200マイルレース大会でのワークスGT-Rラストwin)

日産スカイラインHT2000GT-R(KPGC10型)諸元
●全長×全幅×全高:4330×1665×1370mm
●ホイールベース:2570mm
●車両重量:1100kg
●エンジン型式・種類:S20型・直6DOHC
●排気量:1989cc
●最高出力:160ps/7000rpm
●最大トルク:18.0kgm/5600rpm
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:6.45H-14 4PR
●新車価格:154万円

[ アルバム : 日産スカイラインHT2000GT-R(KPGC10型) はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

トヨタ セリカ1600GT(昭和45/1970年12月発売・TA22型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト061】
トヨタ セリカ1600GT(昭和45/1970年12月発売・TA22型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト061】
Webモーターマガジン
ホンダZ(昭和45/1970年10月発売・SA型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト060】
ホンダZ(昭和45/1970年10月発売・SA型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト060】
Webモーターマガジン
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
VAGUE
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
Webモーターマガジン
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
ベストカーWeb
【MM Another Story:アルピーヌ A110R TURINIの「別腹」】極限まで磨かれた軽量化に「気軽さ」をプラス。日常と非日常のちょうどいい匙加減が見えた
【MM Another Story:アルピーヌ A110R TURINIの「別腹」】極限まで磨かれた軽量化に「気軽さ」をプラス。日常と非日常のちょうどいい匙加減が見えた
Webモーターマガジン
3500万円! 日産が新型「GT-R」実車展示! 存在感スゴい「最強仕様」がNYに登場! 進化した「新デザイン」採用に反響あり
3500万円! 日産が新型「GT-R」実車展示! 存在感スゴい「最強仕様」がNYに登場! 進化した「新デザイン」採用に反響あり
くるまのニュース
2代目メルセデス・ベンツCLSは、強く逞しく、大胆に変身していた【10年ひと昔の新車】
2代目メルセデス・ベンツCLSは、強く逞しく、大胆に変身していた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【MM Another Story:BMW M2の「別腹」】Mシリーズ専用ユニット「S58B30A」の魅力は、6速MTとの相性が最高!なだけではないらしい
【MM Another Story:BMW M2の「別腹」】Mシリーズ専用ユニット「S58B30A」の魅力は、6速MTとの相性が最高!なだけではないらしい
Webモーターマガジン
1/64スケールで「くうねるあそぶ」!トミーテック、「初代セフィーロ」をミニカー化【CARSMEETモデルカー倶楽部】
1/64スケールで「くうねるあそぶ」!トミーテック、「初代セフィーロ」をミニカー化【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
ベストカーWeb
日産「フェアレディZ ニスモ」を長距離で試したら「サーキットで走らせたい」と初めて思った! 買えた人はラッキー、でもスタンダードでも十分
日産「フェアレディZ ニスモ」を長距離で試したら「サーキットで走らせたい」と初めて思った! 買えた人はラッキー、でもスタンダードでも十分
Auto Messe Web
まともに作れない人続出!?グンゼ製「スプライトMk-1ハードトップ」!名作キット列伝・第3回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
まともに作れない人続出!?グンゼ製「スプライトMk-1ハードトップ」!名作キット列伝・第3回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産の「S13型シルビア」なぜ人気? デートカー&走り屋御用達… “ヤングタイマー”なクルマの魅力とは
日産の「S13型シルビア」なぜ人気? デートカー&走り屋御用達… “ヤングタイマー”なクルマの魅力とは
くるまのニュース
ヒット作の「次」は難易度高し!? なぜ発売当時R33GT-RとS14シルビアは「不人気だった」のか
ヒット作の「次」は難易度高し!? なぜ発売当時R33GT-RとS14シルビアは「不人気だった」のか
WEB CARTOP
ホンダ「“2シーター”軽量スポーツカー」登場! 鮮烈レッド&MT採用の超スポーティ仕様! 約35年前の「CR-X」米で高額落札
ホンダ「“2シーター”軽量スポーツカー」登場! 鮮烈レッド&MT採用の超スポーティ仕様! 約35年前の「CR-X」米で高額落札
くるまのニュース
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • mo4********
    確か、この車のエンジンを担当したのは中島で誉の開発に関与した中川良一氏だったのではないでしょうか。
    日本は先の戦争で米国に破れました。
    しかしながら、その時に培った技術を活用して日本の発展に貢献したことは誰もが認めるところだと思います。
    この車は、そんな日本の技術と発展を証明する証人のようなものだと思います。
  • tnw********
    不潔でクリーンな道路で当時の道路ではもう走らせられないのだろうな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村