現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「フィット」を車検対応でとことんカスタマイズ! 見た目はレーシー、中身は圧巻のオーディオメイクをお見せします

ここから本文です

ホンダ「フィット」を車検対応でとことんカスタマイズ! 見た目はレーシー、中身は圧巻のオーディオメイクをお見せします

掲載 7
ホンダ「フィット」を車検対応でとことんカスタマイズ! 見た目はレーシー、中身は圧巻のオーディオメイクをお見せします

レーシーなテイストを各所にオン!

北海道で開催したワゴニストミーティング「SPL」で、編集部が気になったクルマをピックアップ。ここでは有名店、ヴォイスが製作したホンダ「フィット」を紹介する。

ホンダ初代「フィット」はなぜ200万台も売れたヒット作になった? 世界に認められた画期的なエンジニアリングを紹介します

相性極上のホイール

今回紹介するフィットのコンセプトは、「派手にしすぎずスポーティに」。とは言えレーシーなパーツチョイスにカラーリング、見応え満点のオーディオメイクと、十分すぎるほどのアピール度と高い完成度に包まれている。

オーナーは北海道札幌市在住の木原栄治さん。ミーティング当日はBBSを履いていたが、取材日にはわざわざ所有する別セット、ワーク「シーカーCX」へと履き替えて登場した。BBSもよく似合っていたが、メカニカルなこのシーカーも精悍で相性極上だ。

基本的には千歳の名門、ヴォイスにカスタムを依頼しているという。細かなところは自分でも作業をしているそうで、乗り始めてから約8年。内外装とも、車検に通るメイクにこだわっているのも特徴だ。

見応え満点のオーディオメイク

エアロはすべてマックで統一し、精悍なダクトが刻まれたボンネットもマック製。両側に立体的な3連ダクトを配置した攻撃的な意匠が映える。そのキレのあるスポーティな造形を活かしつつ、ブルーとレッド、ブラックのストライプもラインで個性とレーシーさをプラスしているのが好感だ。

リアバンパーもマック。Z33フェアレディZのバックフォグに似合うよう、エアロのジェネレーターフィンは組み替えて形を整えたという。Aピラー部分にはツイーターを埋め込みしている。4~5回作り直したという力作で、デザインしたアクリル内には光が流れたり変化するLEDも装着されている。

サイドには薄型のフラップのようなあしらいが。切り出したアクリル板とLEDを前後に埋めて光らせたのも独特で、一部にはラップ塗装を施している。

室内も張り替えと塗装、コンソールのワンオフなどで細部までカスタム。シートカバーはベレッツァを採用している。ステアリングはラップ塗装で変化を演出し、ブリッジ状で宙に浮いたコンソールの上には、シフトノブも移植。インパネなども張り替えており、手が入っていないところは皆無だ。リアゲートの室内側までしっかりとレザー張りでカラフルに作り込まれており、中央のホワイト部はダイヤキルト柄でシートとシンクロさせている。

フロアには外向き25cmウーファーを埋め込み、その上にアクリルの構造物、最上段にアンプという立体オーディオが圧巻で、しっかりと音を鳴らせるシステムにこだわったという。

こんな記事も読まれています

新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
くるまのニュース
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
バイクのニュース
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
Auto Messe Web
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
Webモーターマガジン
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
motorsport.com 日本版
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
WEB CARTOP
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
WEB CARTOP
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
くるまのニュース
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
motorsport.com 日本版
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
WEB CARTOP
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
バイクのニュース
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
AUTOSPORT web
ホンダ、大阪/東京/名古屋のモーターサイクルショー2024出展概要を発表。日本初公開モデルを展示
ホンダ、大阪/東京/名古屋のモーターサイクルショー2024出展概要を発表。日本初公開モデルを展示
AUTOSPORT web
悲願の国道16号バイパス「千葉北西連絡道路」実現へ前進!? 概略ルート決定に向け調査スタートへ 大渋滞の野田市~印西市が超快適になる!?
悲願の国道16号バイパス「千葉北西連絡道路」実現へ前進!? 概略ルート決定に向け調査スタートへ 大渋滞の野田市~印西市が超快適になる!?
くるまのニュース
都会派ネイキッド電動スクーター、BMW『CE 02』…新写真出た!
都会派ネイキッド電動スクーター、BMW『CE 02』…新写真出た!
レスポンス
フェラーリのF1テスト初日は空力データ収集に重点。ルクレールとサインツは「ポジティブ」な133周を走行
フェラーリのF1テスト初日は空力データ収集に重点。ルクレールとサインツは「ポジティブ」な133周を走行
AUTOSPORT web
終盤、待望のドライ路面到来。牧野任祐が首位キープ、山本尚貴2番手/鈴鹿公式合同テスト2日目午前
終盤、待望のドライ路面到来。牧野任祐が首位キープ、山本尚貴2番手/鈴鹿公式合同テスト2日目午前
AUTOSPORT web

みんなのコメント

7件
  • *******
    自分の好みからは随分脱線してるけど、前モデルのフィットは好きです。
    今のフィットはとてもカスタムしたいと思えるクルマでは無いな。
  • gc_********
    赤リップとステッカー類のセンスは無いけれど、基本的なコンセプトはスポコン系かな。
    ボンネットはピンストっぽく、ドアパネルはvip系みたいなのが中途半端だからそれだけやめたらいいのに。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索
フィットの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村