現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマ、何に乗ってるの? 僕たちの愛車紹介 #04|シボレー G10

ここから本文です

クルマ、何に乗ってるの? 僕たちの愛車紹介 #04|シボレー G10

掲載 4
クルマ、何に乗ってるの? 僕たちの愛車紹介 #04|シボレー G10

CAR #04|CHEVROLET G10(1978)

■愛車:シボレー G10(シェビーバン)■オーナー:だいちゃん 35歳■このクルマを選んだ理由は?キャンプやアウトドアが好きなので、居住スペースがあって、遊びも仕事も楽しめるクルマが欲しかった。■乗りはじめてどれくらい?1年目■このクルマの気に入っているところは?前オーナーさんの旅の思い出や、ウッド素材の内装などのカスタムを残しつつ、自分でも追加でカスタムしているところ■このクルマに乗ってから苦労したところは?クルマが大きいため、自宅から少し離れた駐車場にしか置けないこと。それからいろいろと修理代が嵩むこと■このクルマの前に乗っていたのは?ジムニー JA12(98年式)■次にやりたいカスタムは?エアコン用にサブバッテリーを積んで、車中泊をもっと快適にしたい。それから外装を塗り替えたい■このクルマでやりたいことは?外装内装、いけるところまでカスタムし尽くしたい。その一部始終を番組で見てもらいつつ、キャンプなどアウトドアアクティビティを遊び尽くしたい。

クルマ、何に乗ってるの? 僕たちの愛車紹介 #03|日産 NT100クリッパー

シェビーバンに刻まれた思い出を残しつつカスタム?

Youtubeチャンネル「ジャーニーさん」が始まったきっかけは、二人が仕事を通して一緒に飲みに行ったところ、たまたまお互いが近所に住んでいることをや、お酒やキャンプの趣味が合ったことで、意気投合したことに始まる。何か面白いことを一緒にやってみようと考え、動画配信が2023年4月からスタートした。そんなジャーニーさんのチャンネル内で中心となっているのが、シボレーG10(シェビーバン)だ。オーナーのだいちゃんさんは、大好きなキャンプ道具を載せるため、以前はジムニーJ12に乗っていたが、キャンプ場やアウトドアイベントを通して、シェビーバンやアメ車に乗るステキな先輩たちと交流を深めるうちに、シェビーバンに興味が出てきたそうだ。しかし、いざ購入を検討したときに、フルサイズバンの巨大なボディに左ハンドル、それに何かとアクシデントが付きまとうというアメ車に乗ることへの不安があったそうだ。もし故障したら誰か見てくれるのだろうか……?そんな悩みを先輩方にしてみると、その中で面倒を見てやる! と背中を押してくれる人が出現。その人が、旧車・カスタムカー×アウトドアイベント「レッツチルアウト」主催者であり、バンライフブームの火付け役とも言われる、人気ガレージブランド「Ciel Blue.(シエルブルー)」のワカさん、アネゴさんのお二人だった。そして、先輩方の後押しがあり、ついに1978年製のシェビーバンを購入。先代オーナーはアメリカのシアトルに住む女子大生(当時)で、卒業旅行でアメリカを縦断した際に乗っていたクルマらしく、その旅の思い出が車内のあちこちに残っていたという。後部座席は撤去され、内装をウッド素材で仕上げていたり、あちこちに誰かのサインや写真が残っていた。だいちゃんさんはその雰囲気がとても気に入り、損傷が気になる部分はパーツを交換したり、フロアも張り替えたりしながらも、前のオーナーが残した良い雰囲気を活かしながら、自分らしくカスタムを楽しもうと考えたそうだ。こうして、ジャーニーさんとシェビーバンの楽しいバンライフがスタート! したように思えた。しかし、納車されて2か月が経過したころ、高速道路を走っていると突然エンジンから白煙が上がり、レッカー移動を体験。アメ車乗りの洗礼を受けることになる。

アメ車に乗る喜びや苦労を、ありのままに発信!

アメ車に実際に乗ってみると、やっぱり大変だったそうだ。まずは乗り始めてから2か月目にエンジンが壊れて、新品のエンジンを購入することになり、その後も車内掃除で大苦戦したり、天窓が大破したりと、その他のアクシデントで3度もレッカー移動をすることになった。それでも、そういう経験をするたびに、先輩から助けてもらったり、自分もクルマの知識が身に付き、どんどんシェビーバンが好きなっていったという。そんな様子がYoutubeチャンネルで観ることができるので、アメ車に興味がある人は、ぜひご覧になっていただきたい。チャンネル内では購入から修理・改造にかかった費用や期間も赤裸々に語られているので、かなり参考になるハズだ。最後に、アメ車に憧れつつも、もう一歩勇気が出ない人たちにだいちゃんさんから一言メッセージをもらった。“買っちゃったら楽しいです! そして、乗り始めたら何とかなります。トラブルがあれば飲み会とか我慢してお金を貯めれば大丈夫です。一緒にアメ車ライフを楽しみましょう!”こんなお二人の、ほっこりとしたバンライフをみんなで応援していきたい。

こんな記事も読まれています

スズキが新型「軽バン&軽ワゴン」発売!  2年ぶり刷新でターボ&CVT採用!? アンダー120万円で登場、反響は?
スズキが新型「軽バン&軽ワゴン」発売! 2年ぶり刷新でターボ&CVT採用!? アンダー120万円で登場、反響は?
くるまのニュース
ロイヤルエンフィールド「INT650」 ブラック基調の「DARK」シリーズが加わった2024年モデル発表
ロイヤルエンフィールド「INT650」 ブラック基調の「DARK」シリーズが加わった2024年モデル発表
バイクのニュース
ボルボの電動SUVに精悍な「ブラック・エディション」を設定、車名一新の『EX40』と『EC40』に
ボルボの電動SUVに精悍な「ブラック・エディション」を設定、車名一新の『EX40』と『EC40』に
レスポンス
宮沢氷魚さん絶賛のコーヒーとドーナツも楽しめる! レンジローバー・イヴォークの世界感を味わえるイベントが開催
宮沢氷魚さん絶賛のコーヒーとドーナツも楽しめる! レンジローバー・イヴォークの世界感を味わえるイベントが開催
WEB CARTOP
サンデン、下請法違反で公取委から勧告 金型の無償保管を要請
サンデン、下請法違反で公取委から勧告 金型の無償保管を要請
日刊自動車新聞
ルノー新型「5(サンク)」世界初公開! 約30年ぶりに復活したコンパクトカーは2万5000ユーロから
ルノー新型「5(サンク)」世界初公開! 約30年ぶりに復活したコンパクトカーは2万5000ユーロから
VAGUE
パワーアップされた新型「アウディ S3」はとても楽しい! 333馬力で公道走行を楽しむ!
パワーアップされた新型「アウディ S3」はとても楽しい! 333馬力で公道走行を楽しむ!
AutoBild Japan
角田裕毅、F1開幕戦初日は「望んだ場所ではない。予選に向け好転できると確信」目標のトップ10入りできるか?
角田裕毅、F1開幕戦初日は「望んだ場所ではない。予選に向け好転できると確信」目標のトップ10入りできるか?
motorsport.com 日本版
「謎のブツ切れバイパス」ついに完成! 埼玉の国道407号「鶴ヶ島日高バイパス」3月に全通 圏央道が便利に!? 杉並木の渋滞区間を一気にスルー
「謎のブツ切れバイパス」ついに完成! 埼玉の国道407号「鶴ヶ島日高バイパス」3月に全通 圏央道が便利に!? 杉並木の渋滞区間を一気にスルー
くるまのニュース
西部警察をオマージュしたマシンを学生が製作! いまやナイト2000もマシンRSも夢物語じゃない!!
西部警察をオマージュしたマシンを学生が製作! いまやナイト2000もマシンRSも夢物語じゃない!!
WEB CARTOP
トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
トヨタの斬新「スライドドアSUV」がスゴい! ワイルド&めちゃ使える! 「クロスバン ギア」どんなモデル?
くるまのニュース
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
ハスクバーナ新型「スヴァルトピレン」シリーズ発売決定! 日本導入は2機種
バイクのニュース
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
F1ドメニカリCEO、アンドレッティの新規参戦却下に「プロセスは適切だった」とコメント。再申請の鍵となる次期コンコルド協定は近く話し合いへ
motorsport.com 日本版
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
スタイリッシュで機能的! 足元を彩る最新フロアマットの世界~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
しまなみ海道が有料化! 自転車通行料の無料は3月31日まで。サイクリストの聖地を走るなら今だ!
くるくら
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ベントレー ベンテイガ/ベンテイガEWB【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
2024年夏に上陸予定! ロイヤルエンフィールド「ショットガン650」は走りもカスタムも楽しめる新時代のネイキッドバイク
VAGUE
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
1月の輸入車販売は前年実績割れに。国内ブランド輸入車が好調。 (2024年1月・輸入乗用車販売TOP20)
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

4件
  • ********
    国産車に乗る者は、タイトルの質問を受けた時に、車種名を答えることは誰からも期待されていません。
    「国産です。申し訳ありません。」と言って、深く頭を下げれば良いのです。
  • suzuki
    偶然だ。 先日すれ違った。一瞬で他の車とは違うオーラが出てた。やはり車も個性が大事だな。
    しかしそれを維持するにはそれなりの熱量もないと。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

165.4200.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0398.0万円

中古車を検索
ジムニーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

165.4200.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村