現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昭和の傑作「バモスホンダ」は誰のためのクルマ? 仕事からレジャーまでこなす新時代の軽自動車でした【夏のビーチカー_06】

ここから本文です

昭和の傑作「バモスホンダ」は誰のためのクルマ? 仕事からレジャーまでこなす新時代の軽自動車でした【夏のビーチカー_06】

掲載 6
昭和の傑作「バモスホンダ」は誰のためのクルマ? 仕事からレジャーまでこなす新時代の軽自動車でした【夏のビーチカー_06】

バギーともジープ系とも違う、ホンダ独自の多用途カー

かつて1950年代から1970年頃にかけ、自動車史の中に小さいながらひとつのムーブメントを形作った「ビーチカー」と呼ばれるジャンルのクルマたち。その多くは量産実用車のコンポーネンツを利用して生み出された派生車種だった。今回は、ホンダが1970年に発売したユニークな軽オープン、「バモスホンダ」を当時の写真で振り返る。

ダイハツが100台だけ作った「フェローバギィ」は、若さと反骨精神をアピールする遊びグルマでした【夏のビーチカー_05】

びっくりするような話題を次々と提供してくれたホンダ

古くからのファンにとって、ホンダの魅力とは良い意味での「予測不能」という部分にあったのではなかろうか。戦後生まれの若いメーカーが突如モータースポーツの最高峰F1に挑戦し、同社初の市販四輪車はミッドシップに4気筒DOHCエンジンを搭載した軽トラック、「T360」。さらに初の市販乗用車がオープン2シーターの「S500」。軽自動車市場の勢力図を一気に塗り替えた「N360」。そして商業的には成功しなかったものの、強制空冷エンジン搭載の意欲作「1300」シリーズと、びっくりするような話題を矢継ぎ早に提供してくれた。

そして今回のお題もまたいかにもホンダらしい1台、「バモスホンダ」だ。車名とブランド名をひっくり返した命名方法は、2輪では「ダックスホンダ」などの例もあるが、ホンダの4輪車としてはこちらが唯一である。後年バモスの名前は軽バンとしてリバイバルしているが、そちらは普通に「ホンダ バモス」である。

何にも似ていないユニークなデザイン

バモスホンダのデビューは1970年。ホンダの軽トラックとしては2代目となる「TN III 360」のシャシーにオープントップの簡易ボディを載せた成り立ちは、同時期にデビューしたダイハツ「フェローバギィ」にも通じるが、あちらがアメリカ発祥のデューン・バギーを再現しようとしたのに対し、こちらはよりホンダ独自の「ノリモノ」としてデザインされており、その姿は何にも似ていないユニークなものだ。ボディもFRPではなく一般的な鋼板。

当時のプレスリリースにはこう書いてある。

「バモスホンダは、乗る人のアイデアによって、用途の範囲が無限に拡がる車です。ドアのないユニークなスタイルで乗り降りが簡単。シャープな機動力、タフなエンジンと足まわり。スピーディなビジネス活動に最適の設計です」

3種のバリエーションがラインナップ

バモスホンダには2シーター・350kg積みの「バモス2」、セカンドシートを備えた4人乗りの「バモス4」、そしてリアの荷台まで幌でカバーできる「バモスフルホロ」と、3種のバリエーションが用意された。

いずれのモデルもドアは持たず、かわりに簡素なガードパイプが備わる。ドアも屋根も持たないクルマゆえのハンドルロック式盗難防止装置や、横転時の乗員保護のためのロールバーも全車共通の装備だ。

さらにインパネのメーター類やシートは防水加工が施され、アウトドアでのラフな使われ方にも対応している。フロントパネルに取り付けられたスペアタイヤは、万一の事故の際に緩衝材としての役目も持たされていたが、その見た目はフォルクスワーゲン「T2バス」(通称レイトバス)のキャンパーを連想させる。

実用車でもあり欧州由来のビーチカーに近いキャラクター

見ようによってはヘビーデューティなミリタリービークルのようでもあるバモスホンダだが、小径タイヤを履いた360cc・2WDの軽トラックがベースである以上、その外見とは裏腹に本格的な悪路走破性は備えておらず、これはやはり当時のプレスリリースにもある通り、「特に警備用、建設現場用、工場内運搬用、電気工事用、農山林管理用、牧場用、その他移動をともなう屋外作業、配達など機動性を特に必要とする仕事にピッタリの車です」ということになろう。

同時期の同社バイクに例えれば、バモスは「ハンターカブ」であって「エルシノア」ではないといったところか。その意味ではこのバモスホンダ、欧州由来のビーチカーのキャラクターに近いとも言える。

当初は月販2000台が予定されていたが、結局1973年の生産終了までに生産されたのは総計2500台ほどと言われる。しかしその製造された期間や生産台数から考えれば、いまなおバモスホンダの知名度は高い。それは折りからの「レジャーカー・ブーム」でこのバモスが多くの媒体に取り上げられ、ミニカーやプラモデルなどの玩具も数多く模型化され、さらには特撮TVドラマの劇中車のベースとなったりと、当時を知る人々にとっては馴染み深い存在だったということもあろう。

こんな記事も読まれています

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
バイクのニュース
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • ホンダがまだマトモだった時代の車だしな
  • 特に果樹園では重宝された。
    屋根が無いため実のついた枝に当たりにくい。
    後継に軽トラの屋根を切り落とした作業車も作られたほど…農園内専用になるのを承知で。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

132.0151.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8194.5万円

中古車を検索
バモスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

132.0151.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8194.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村