現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型マツダ6はBEVで2028年に復活!? 中国から輸入の可能性も?? マツダ6の開発が難航してるワケ

ここから本文です

新型マツダ6はBEVで2028年に復活!? 中国から輸入の可能性も?? マツダ6の開発が難航してるワケ

掲載 18
新型マツダ6はBEVで2028年に復活!? 中国から輸入の可能性も?? マツダ6の開発が難航してるワケ

 2024年4月を目処に日本国内向けの販売を終了すると発表されたマツダ MAZDA6。フラッグシップセダンの消滅にファンは衝撃を受けたが、販売終了発表後も「次期型MAZDA6」の情報が燻り続けている。今入っている情報を整理する。

※本稿は2024年3月のものです
文、写真、予想CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2024年4月26日号

新型マツダ6はBEVで2028年に復活!? 中国から輸入の可能性も?? マツダ6の開発が難航してるワケ

■ラージプラットフォームはセダンに流用できない?

水面下で開発継続中といわれる次期型マツダ MAZDA6(ベストカー編集部作成の予想CG)。ストレート6+FRのマツダ6なんて、想像しただけでワクワクしてしまう。「和製BMW3シリーズ」なんていう言い方はマツダに失礼だろうか!?

 マツダは新開発ラージプラットフォームの第一弾としてCX-60/70/80/90のSUVを開発。CX-80以外はすでに各国の市場に投入しており、好調なスタートを切っている。

 その効果もあって、2023年度第3四半期決算では過去最高利益を更新。2023年度通期でも2500億円の営業利益を見込んでいる。

 マツダが「社運をかけた」とも言われるラージ商品群は開幕ダッシュに成功しているわけだが、ちょっと待った。フラッグシップたるマツダ6はどうなっているのか? 多くのクルマ好きが気になっているところだろう。

 マツダ6に関しては諸説あり、次期モデルの開発は行われていないという情報もある。その理由として、縦置きエンジン+FRのラージプラットフォームは、PHEVを設定するため床下に大容量バッテリーを置く構造となっていて、車高の低いクルマには使えないからとされている。

 つまり、SUV専用プラットフォームになっているというわけで、それだけを聞くと、次期マツダ6は物理的にも作れないということになってしまう。しかし、編集部には「マツダ6の開発は止まっていない」という話がいまだに複数の情報筋から入ってくるのだ。どういうことなのか?

 それらの情報を整理すると、3つに集約できる。

 まず、中国市場向けに開発が進んでいるというものだ。マツダと中国の長安汽車は共同開発の新エネルギー車を2025年末までに投入する計画で、第一弾のコンセプトカーを4月25日開幕の北京モーターショーに出展する。

 背の低いセダンタイプのシルエットはすでに公開されており、それが次期マツダ6に当たるのではないかというのである。

 ホンダがオデッセイを中国から輸入して販売しているように、もしもそれがマツダ6なら、日本に導入する可能性もゼロではない。しかし、その場合はFRのラージプラットフォームではないし、さすがにマツダも「マツダ6」をそういう形でラインナップする可能性は極めて低いと思われる。

■復活へ向けた「複数の可能性」

スタイリッシュなスポーツセダンは、日米欧すべてで話題を呼ぶはず。「SUVだけ」はマツダらしくないのでは?(ベストカー編集部作成の予想CG)

 次に考えられるのが、やはりラージプラットフォームを使って次期モデルを開発するというものだ。現在も水面下で開発が進んでいるという話もある。

 前述した「ラージプラットフォームは背の低いクルマには使えない」という情報が正確だった場合、クラウンクロスオーバーのようなクルマに生まれ変わる可能性もあるが、一方で、「ラージプラットフォームは最低地上高160mmまで対応できる」という証言もある。

 現行マツダ6の最低地上高は160mmで、このままでも不可能ではないが、背の低いクルマ用に少し手を入れる可能性もある。

 関係者は「マツダはマツダ6の重要性を理解しています。ラージプラットフォームはSUV専用でも、マツダ6にも使える改良をするだけの価値はあると判断しているはずです」と言う。

 ここで重要なのは、新開発ラージプラットフォームが好調に発進し、利益向上に貢献していること。マツダは(“現時点では”の注釈は付くが)賭けに勝ったのだ。「それならマツダ6もやるべきだ」という意見が社内で上がってもおかしくないし、実際、そういう動きも見えているという。

 そして、もうひとつの可能性もある。「マツダ6はBEV専用車として2028年に登場する」というものだ。マツダは2027年にBEV専用プラットフォームを投入し、2028年からモデルを増やす計画で、その目玉としてマツダ6を復活させるというのだ。いわば「温存させておく」というやり方だ。

 編集部に入っている次期マツダ6情報を整理すると、

1.中国から輸入
2.ラージプラットフォームを改良して開発
3.BEV専用車で2028年に復活

 という3つの道筋が浮かび上がる。マツダがどう動いているのか現状では不明だが、マツダ6を重要だと考えていることは間違いない。

 ベストカーとしてはFRのラージプラットフォームで開発される次期マツダ6に最も期待したいが、どうなるか。新たな情報が入りしだい、またお伝えする。

【マツダ情報】3列シートSUV「CX-80」が2024年夏登場

CX-8の生産終了以来途絶えている3列シートSUVのラインナップがCX-80としていよいよ復活する(ベストカー編集部作成の予想CG)

 日欧はCX-60と80、北米はCX-70と90のラインナップ。CX-80は日本では2024年の夏に発売開始予定だ。3列シートが最大の特徴で、パワーユニットはCX-60と同じ直4、2.5Lガソリン&PHEV、直6、3.3LディーゼルターボとそのマイルドHEVの設定となりそう。価格は約400万円スタートと予想。

こんな記事も読まれています

バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
AUTOSPORT web
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
AUTOSPORT web
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
WEB CARTOP
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
GQ JAPAN
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
月刊自家用車WEB
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
グーネット
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
レスポンス
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
GQ JAPAN
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
AUTOSPORT web
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
まるで高速道路を“森林”に!? コンクリに塗れば「CO2をめっちゃ吸収する」魔法の溶剤がスゴイ!
乗りものニュース
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
マクラーレンF1代表、ノリスがイモラで惜敗も勝利には届かなかった?「相手はフェルスタッペンだからね」
motorsport.com 日本版
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは
くるまのニュース
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
フェルスタッペン前代未聞! F1とシムレースで1日2勝の離れ業。ホーナー代表「彼はまさに”レーシングマシン”だ!」
motorsport.com 日本版
スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
レスポンス

みんなのコメント

18件
  • goj********
    ベストカーWebってのはいつも記事がちゃらんぽらん

    イラッとするのはわたしだけか?
  • なおぞう
    BEVでセダンで中国産の逆輸入て、欲しくなる要素が一つもないわ。誰が買うんだよこんなの
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0549.8万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0549.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村