現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 細部も作り変えてスタンダードに改造!1/24ミニカー改造で「観音クラウン1900」をタクシー化・前編【モデルカーズ】

ここから本文です

細部も作り変えてスタンダードに改造!1/24ミニカー改造で「観音クラウン1900」をタクシー化・前編【モデルカーズ】

掲載 更新 1
細部も作り変えてスタンダードに改造!1/24ミニカー改造で「観音クラウン1900」をタクシー化・前編【モデルカーズ】

兄弟車を用意して保険を掛けつつクラウン登場!

トヨタのクラウンは、日産セドリック/グロリアとともに、日本のタクシーの歴史を支え続けた車種である。セドリックよりデビューが5年早く、また生産終了も4年遅かったことを考えると(もっとも、最後のクラウン・セダン/クラウン・コンフォートはマークIIベースであり、生粋のクラウンとは言えないのだが……)、まさに戦後のわが国のタクシーの歴史はクラウンとともにあったと言って良いだろう。

伝統を継承しつつ時代に合わせて進化する一台。トヨタ「ランドクルーザー”70″」を発売

【画像32枚】スタンダード化・タクシー化に成功した観音クラウンを見る!

第二次大戦後のタクシーは、戦前からの生き残りのフォードとシボレー、しかも戦中の燃料事情の逼迫から代燃車に改造されたものが大半であった。やがて乗用車の生産が再開され、ダットサンのような小型車がタクシーとして使用される一方、トラックシャシーに乗用車ボディを架装した車両も、国産メーカーによって送り出されるようになってきた。

これはノーズ部分をトラックのまま後ろに車体を継ぎ足した形であったが、やがて見た目だけは本格的なボディをまとうようになる。こうした車種の代表的なものが、例えばトヨペット・スーパー(1953年)だ。R型エンジンの強力な走りにより「神風タクシー」の代表的な一台となったスーパーだが、それでもシャシーは未だトラック流用のものであった。

1955年クラウン登場、そして約4年後に後期型へ
こうした中で、トヨタによる戦後初の本格的な乗用車――フレームから乗用車専用として設計されたシャシーを持つ――トヨペット・クラウンが1955年1月に発売される。ボディは観音開きのドアと、後傾したCピラーが特徴だ。デザインの過程に当たっては当時のキャデラックをそのまま縮小したモデルも試作されたというが、完成したクラウンのスタイリングは1953年型プリマスに酷似していた。エンジンはスーパーと同じR型(1.5L 直4 OHV、48ps)を搭載、レイアウトはもちろんFRで、サスペンションは前ダブルウィッシュボーン/後ろリーフリジッド。

当時の日本はまだまだ道路の整備が進んでおらず、そうした悪路での酷使に耐えられるかどうか、またそこに不安を抱くであろう事業者の心情に配慮して、フロントもリジッド式サスペンションとした兄弟車(実際にはエンジンが共用という程度だが)、トヨペット・マスターが同時に発売されたのも有名なエピソードだ。マスターは、アメリカ風のクラウンに対し、ヨーロッパ調のスタイル(実際にそう言えるかはさておき、トヨタの意図としてはそうであった)を纏っていた。

蓋を開けてみると、クラウンは酷使に耐え乗り心地も良好ということでタクシー業界に受け入れられ、マスターの方は2年ほどで販売終了してしまった。当時の日本各地を撮影した写真や映像を見ると、タクシーとして使用されるクラウンの姿を、そこかしこに見ることができる。

登場から約1年後には、豪華版のデラックスを発売。サイドモールが増やされ、ラジオやフォグランプが装備されていた。1958年にはエンジンを58psにまで強化、そののち同年10月にマイナーチェンジが行なわれ、前後デザインを大きく変更した。フロントはヘッドライトが埋め込まれたような形となり、その上部が庇状に伸びた形状となったほか、ターンシグナルも大型化されている。リア周りはテールフィンがより鋭角的になり、テールランプも縦長な形へと改められた。

このマイナーチェンジの後、トヨグライド(AT)装着車やディーゼル仕様などが加えられたが、1960年10月のマイナーチェンジでは、1.9Lモデル(1900デラックス)が追加された。これは同年9月に小型車枠が拡大されたことを受けたもので、最高出力90psの3R型(R型をボアアップしたもの)が搭載されている。翌1961年4月には、この3R型を80ps仕様とした3R-Bを積むスタンダードを加え、クラウンは1.9Lモデルに統一された。そして1962年9月にフルモデルチェンジを行い、クラウンは二代目S40型系へと進化したのである。

さて、ここでご覧いただいているモデルカーは、この初代クラウンの後期型、1900スタンダードをベースとしたタクシーである。スケールは1/24だが、現在までのところ、このスケールの初代クラウンのプラモデルは発売されていない。この作例は、ダイキャストミニカー(アシェット刊『国産名車コレクション』付属)をベースに、細部をスタンダードへと改め、タクシー仕様として仕上げたものだ。

作例を制作した畔蒜氏にとってこのトヨペット・クラウン1900スタンダードは、これを愛車として個人タクシーを営業していた祖父の記憶とともに、非常に印象深い1台であるとのこと。そこで、ダイキャストミニカーを分解・改造・再塗装しての作例制作となった、という次第である。その詳細や制作過程については、画像のひとつひとつをじっくりとご覧いただきたい。

こんな記事も読まれています

ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
OPENERS
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
グーネット
6年ぶり全面刷新! スバル「新型SUV」登場へ 豪華内装×タフ顔採用の「新型フォレスター」カナダで実車初公開
6年ぶり全面刷新! スバル「新型SUV」登場へ 豪華内装×タフ顔採用の「新型フォレスター」カナダで実車初公開
くるまのニュース
20代女性ドライバーがベテランドライバーとダブルエントリーで全日本ジムカーナに参戦! 1年間の成長記録にも注目です
20代女性ドライバーがベテランドライバーとダブルエントリーで全日本ジムカーナに参戦! 1年間の成長記録にも注目です
Auto Messe Web
マツダ、2024年のファンフェスタ SUGO・FSW・岡山の3カ所で開催
マツダ、2024年のファンフェスタ SUGO・FSW・岡山の3カ所で開催
日刊自動車新聞
トヨタ2000GT(昭和42/1967年5月発売・MF10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト037】
トヨタ2000GT(昭和42/1967年5月発売・MF10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト037】
Webモーターマガジン
イタリアを代表するスーパーカーブランドに異変!? いまや販売台数の半数以上が「ウルス」に! ランボルギーニはSUVメーカーになるのか?
イタリアを代表するスーパーカーブランドに異変!? いまや販売台数の半数以上が「ウルス」に! ランボルギーニはSUVメーカーになるのか?
VAGUE
ビザ・キャッシュアップRB、テスト初日を好スタート。しかしリカルド「過度な期待は禁物」と慎重姿勢
ビザ・キャッシュアップRB、テスト初日を好スタート。しかしリカルド「過度な期待は禁物」と慎重姿勢
motorsport.com 日本版
ピレリがF1プレシーズンテストのタイヤ選択を発表。マクラーレンとアルピーヌはソフトタイヤを使用せず
ピレリがF1プレシーズンテストのタイヤ選択を発表。マクラーレンとアルピーヌはソフトタイヤを使用せず
AUTOSPORT web
“エンジンルームに猫”のトラブルは1カ月で24件! 暖かくなっても引き続き注意!
“エンジンルームに猫”のトラブルは1カ月で24件! 暖かくなっても引き続き注意!
くるくら
新しいホンダCBR1000RR-R FIREBLADEが出た!──GQ新着カー
新しいホンダCBR1000RR-R FIREBLADEが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
一般的なトラックの荷台は「箱車」と「平ボディ」! 使い分けは荷物の「形状」「中身」「重さ」が関係している
一般的なトラックの荷台は「箱車」と「平ボディ」! 使い分けは荷物の「形状」「中身」「重さ」が関係している
WEB CARTOP
新カテゴリー“LMGT3”に参加する9車種の最低重量が決定。LMP2のル・マン仕様も明らかに
新カテゴリー“LMGT3”に参加する9車種の最低重量が決定。LMP2のル・マン仕様も明らかに
AUTOSPORT web
「ロータス・ヨーロッパ」に「エンツォ・フェラーリ」がOKなら日本車も人名&地名車名はどう? 国産車でイケそうな車名を勝手に考えてみたらアリだった!
「ロータス・ヨーロッパ」に「エンツォ・フェラーリ」がOKなら日本車も人名&地名車名はどう? 国産車でイケそうな車名を勝手に考えてみたらアリだった!
WEB CARTOP
歩行者優先なのに。信号機のない横断歩道で2台に1台が一時停止しないのはなぜ?
歩行者優先なのに。信号機のない横断歩道で2台に1台が一時停止しないのはなぜ?
くるくら
廃線後の代替バス3月で廃止に… 国鉄羽幌線跡の沿岸バス「羽幌古丹別線」
廃線後の代替バス3月で廃止に… 国鉄羽幌線跡の沿岸バス「羽幌古丹別線」
乗りものニュース
暖かくなっても運転には注意! 春の道路に潜む危険とは
暖かくなっても運転には注意! 春の道路に潜む危険とは
バイクのニュース
ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • malco
    なぜ、この車のナンバープレートは軽自動車でもないのに黄色なのか?

    おそらくこの記事を書いたライターも知らないから触れていないんだろうけど、この当時のタクシーのナンバーは黄色だったのだ!

    だが、このことに触れている記事はネットを調べてもほぼ見つからないことを考えると、タクシードライバーだったおじい様の記憶が鮮明だったからこそ忠実に再現できたんだと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村