現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?

ここから本文です

トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?

掲載 17
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?

■新型「ランクル250」24年前半に発売

 トヨタは2024年前半に新型「ランドクルーザー250(以下ランクル250)」を発売します。
 
 これまで多くの「ランドクルーザー」シリーズが展開されてきましたが、そのなかでも新型ランクル250は“原点回帰”を目指したモデルだと言います。どのようなクルマなのでしょうか。

【画像】超カッコイイ! これが旧車デザインの「新型ランクル」です!(68枚)

 ランドクルーザー(ランクル)は、ルーツとなる1951年登場の「トヨタBJ型」を含めると70年以上にわたる長い歴史を持つ本格四輪駆動車です。

 極めて高い信頼性や耐久性、走破性が世界的に評価されており、これまでに170の国と地域で販売され、四輪駆動車の代名詞として名だたるクルマとなりました。

 登場当初は実用性を最重視したヘビーデューティーモデルのみでしたが、1967年登場の50系からは最新技術の投入とともに、居住性や積載性、さらに豪華さも追求しブランドを担うフラッグシップモデルとしてステーションワゴンタイプが登場しました。

 1985年には、前年にデビューした70系をベースに、都会的でファッショナブルなスタイリングを持つライトデューティタイプも追加され、1990年からは「ランドクルーザー プラド」(以下プラド)として、ステーションワゴンタイプの弟分的ポジションを獲得します。

 シリーズでは3タイプがそれぞれ独自の進化を遂げてきましたが、2021年にはステーションワゴンタイプのフラッグシップモデルが14年ぶりの全面刷新を果たし「ランドクルーザー300(ランクル300)」が登場しました。

 最新のプラットフォーム「TNGA GA-F」の採用や、先進運転支援システム「トヨタ セーフティ センス」の搭載など、本来の四輪駆動性能の強化だけでなく、最新のランクル旗艦モデルとしての正統進化を図っています。

 一方、ライトデューティモデルでは4世代にわたってプラドが展開され、最新モデルは2009年に登場。世代を重ねるごとにステーションワゴンタイプに近い豪華さや存在感を放つようになっていきました。

 このプラドの次期モデルに期待が高まるなか、2023年8月に新型ランクル250が発表されました。

 プラド同様にライトデューティモデルに位置づけられますが、プラドのサブネームが廃止され、「人々の生活、地域社会を支えるためのクルマ」としての役割を果たすべく、ランクルシリーズの原点回帰を目指した中核ポジションへと変化しています。

 プラットフォームにはランクル300と同じTNGA GA-Fを採用。フレームの剛性を50%、車体全体の剛性は30%向上するなど、基本性能を大幅に向上させました。

 サスペンションの基本性能向上やEPS(電動パワーステアリング)・SDM(Stabilizer with Disconnection Mechanism)などの最新デバイスを採用することで、悪路だけでなく舗装路においても走行性能を高めています。

 パワートレインは仕向地により異なりますが、日本国内モデルではガソリンとディーゼルの2タイプが採用されました。

 ガソリンモデルは廉価で扱いやすい2.7リッターガソリン「2TR-FE」型エンジン+6速ATを採用。最大出力163馬力・最大トルク246Nmを発揮します。

 ディーゼルモデルはすでに国内の多くの車種で搭載される2.8リッターディーゼルターボ「1GD-FTV」型エンジン+8速ATを採用。204馬力・500Nmを発揮します。

 エクステリアは伝統とモダンが融合された水平基調のデザインを採用し、ボンネットやコーナーなどの角を削るなど、悪路での運転しやすさを追求しました。ヘッドライトは新たに丸目スタイルを採用したほか、ベージュやブルーのパステル系カラーを設定するなど、歴代ランクルシリーズを想起させるデザインとしています。

 ボディサイズ(プロトタイプ)は全長4925mm×全幅1980mm×全高1870mm、ホイールベース2850mmです。

 インテリアはエクステリア同様、豪華な雰囲気ではなく機能美を追求し、扱いやすさを向上させています。

 先進運転支援システムでは、機能を向上させた最新のトヨタ セーフティ センスを全車に搭載しています。

 なお、2024年2月下旬現在、日本仕様車のグレードや価格などは明らかになっていませんが、特別仕様車「First Edition(ファーストエディション)」がまず初めに発売されます。

 海外でも徐々に展開されていますが、これまでプラドをメインモデル「ランドクルーザー」として販売していた欧州に加えて、2021年以来ランクルシリーズが展開されていない北米でも販売されます。

こんな記事も読まれています

トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
くるまのニュース
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
くるまのニュース
トヨタが「新型ランドクルーザー250」を発売! なぜ「プラド」ではなくなった? 30年以上使い続けた“名称”を変えた理由とは
トヨタが「新型ランドクルーザー250」を発売! なぜ「プラド」ではなくなった? 30年以上使い続けた“名称”を変えた理由とは
くるまのニュース
15年ぶりの全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」発売! 限定“丸目”仕様が高人気か!? 待望の「人気車」に反響集まる!
15年ぶりの全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」発売! 限定“丸目”仕様が高人気か!? 待望の「人気車」に反響集まる!
くるまのニュース
780万円超えも!? トヨタ新型「カクカクSUV」発売! 待望の「ランクル250」はどんなクルマ? 徹底解説
780万円超えも!? トヨタ新型「カクカクSUV」発売! 待望の「ランクル250」はどんなクルマ? 徹底解説
くるまのニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
くるまのニュース
6年ぶり全面刷新! トヨタFF最大・最上級セダン「新型カムリ」約440万円から発売! 最新“トヨタ顔”採用の「9代目モデル」 米に投入
6年ぶり全面刷新! トヨタFF最大・最上級セダン「新型カムリ」約440万円から発売! 最新“トヨタ顔”採用の「9代目モデル」 米に投入
くるまのニュース
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
レクサス新型「本格四駆」発売! 超高額&100台限定に「予算オーバー」「台数少ない」と嘆く声も!? 新型「GX」への反響は?
くるまのニュース
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
1000万円超え! レクサス新型「高級SUV」2024年秋に発売へ! タフ感高めた「GX“オーバートレイル+”」を先行受注
くるまのニュース
トヨタ「FF最大・最上級セダン」6年ぶり全面刷新! 新型「カムリ」発売、440万円から! 米国羨ましい…反響は?
トヨタ「FF最大・最上級セダン」6年ぶり全面刷新! 新型「カムリ」発売、440万円から! 米国羨ましい…反響は?
くるまのニュース
トヨタ新型「FJクルーザー」!? 復活待望の「ラダーフレームSUV」! 丸目&タフデザインは継続な「次期型モデル」予想CGがスゴイ
トヨタ新型「FJクルーザー」!? 復活待望の「ラダーフレームSUV」! 丸目&タフデザインは継続な「次期型モデル」予想CGがスゴイ
くるまのニュース
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
くるまのニュース
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
くるまのニュース
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 斬新「レクサス顔!?」が超カッコイイ! もはや“小さな高級車”な550万円仕様もある「コンパクトSUV」越で登場へ
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 斬新「レクサス顔!?」が超カッコイイ! もはや“小さな高級車”な550万円仕様もある「コンパクトSUV」越で登場へ
くるまのニュース
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
スバルが新型「最上級SUV」発表! オシャブルー映える「新ガイザー」! 約900万円のタフ仕様「アウトバック」伊に登場
スバルが新型「最上級SUV」発表! オシャブルー映える「新ガイザー」! 約900万円のタフ仕様「アウトバック」伊に登場
くるまのニュース
トヨタ新型「ランクル“ミニ”」登場!? カクカクボディ×マットブラックが超カッコイイ! SUV仕様の新型「ハイラックス“ランガ”」に熱望の声も! 尼で実車展示
トヨタ新型「ランクル“ミニ”」登場!? カクカクボディ×マットブラックが超カッコイイ! SUV仕様の新型「ハイラックス“ランガ”」に熱望の声も! 尼で実車展示
くるまのニュース

みんなのコメント

17件
  • sei********
    どうせ抽選とか納期2年とかやろ?
  • hir*****
    せっかくデカくなったのにエンジンがプラドのキャリーオーバーとはガッカリだな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

510.0800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

898.01950.0万円

中古車を検索
ランドクルーザー300の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

510.0800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

898.01950.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村