現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気過ぎて5ナンバーのエミーナ・ルシーダ追加の衝撃!! バカ売れしたエスティマはなぜ消えたのよ

ここから本文です

人気過ぎて5ナンバーのエミーナ・ルシーダ追加の衝撃!! バカ売れしたエスティマはなぜ消えたのよ

掲載 11
人気過ぎて5ナンバーのエミーナ・ルシーダ追加の衝撃!! バカ売れしたエスティマはなぜ消えたのよ

 いまではすっかりファミリーカーの定番となった「ミニバン」。ただ、ミニバンが現在のポジションを獲得するにあたり忘れてはならないのが「エスティマ」の存在だ。2020年に惜しまれつつ販売終了となった同車ではあるが、その独特の魅力ゆえに復活を望む声は、いまも多いという。エスティマがもたらした功績と販売終了となった背景を振り返ろう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA

人気過ぎて5ナンバーのエミーナ・ルシーダ追加の衝撃!! バカ売れしたエスティマはなぜ消えたのよ

近未来デザインとMRレイアウトで業界をざわつかせた初代

 エスティマが初お披露目となったのは、1989年に開催された第28回東京モーターショーだ。

「プレビア(エスティマの欧米での車名)」という名で参考出品されたもの。

 トヨタの北米デザインスタジオが手がけたフォルムは、フロントの先端からボンネット、フロントガラス、ルーフ、リアセクションに至るまでなだらかな弧を描く「ワンモーションフォルム」で構成されており、斬新極まりないものだった。

 パッケージングも斬新だった。フロア中央部下にエンジンを75度、ほぼ横に寝かせて搭載することで広い室内空間を確保。

 また、重たいエンジンを車両重心の傍に配置したことで、ミッドシップレイアウト独特のゆったりとした乗り心地やハンドリングも実現されていた。

 ターゲットとしていたのは、当時ミニバンカテゴリーが急伸していた北米市場。ただ、バブル経済に沸く日本でも高級ミニバンとして発売されることとなり、モーターショーの翌年である1990年に発売となった。

 見た目とパッケージングの斬新ぶりによって、鳴り物入りでのデビューとなったエスティマであった。

 だが、ターゲット市場だった北米では、2.4L 直4エンジンが非力だとされ、受け入れられず、日本市場でも、ボディサイズが大きすぎるうえに価格が高いとして、人気は振るわなかった。

 ただ国内では、1992年に登場した、エスティマの全幅を1700mm以下にして5ナンバー枠に収めた「エスティマルシーダ」/「エスティマエミーナ」が大ヒット。一躍人気車へ躍り出た。

1990年発売の初代エスティマ。斬新なフォルムとパッケージングで「天才タマゴ」のキャッチフレーズが使われた

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="3" car_cd="10102010" keyword="エスティマ" limit=30]

初代のネガを解消しつつ方針転換した2代目

 北米市場で非力だとされた初代エスティマだが、フロア下の狭いスペースに収められる大排気量エンジンはなく、後にスーパーチャージャーを搭載してパワー不足解消を狙ったものの、3.0L以上の排気量やV6のスムーズさには敵わなかった。

 そこでエスティマは、2代目ではカムリをベースとしたFFレイアウトに変更、エンジンも3.0LのV6が搭載可能となった。初代と同様、たまご形のワンフォルムデザインを採用しつつ、低床化で実用的な空間を確保。両側スライドドアの採用や、ハイブリッドの追加設定など、ファミリーカーとしての魅力を大いに高めた。

 このころには、「ルシーダ/エミーナ」のヒットによって、エスティマに「革新的なミニバン」のイメージが定着しており、2代目エスティマは、そのイメージをうまく引き継ぐことで、旧来のキャブオーバータイプのミニバンから脱却したいユーザーの乗り換え需要を獲得することに成功。ミニバンを「商用バンをベースにした家族向け乗用車」から、「走りもデザインも楽しめるオーナーカー」にイメージチェンジさせることに成功したのだ。

2000年デビューの2代目エスティマ。ワンモーションフォルムは採用されているが、FFベースのレイアウトとなりメカニズムは大きく変わった

走りとデザインを楽しむエスティマは、ミニバン需要に合致しなかった

 こうしてエスティマが築いた乗用ミニバン市場はその後、高効率パッケージとファミリー層向けに特化したユーティリティで成功したノア(2001年デビュー)や、セダンに代わる高級車というポジションを確立したアルファード(2002年デビュー)などの登場によって、さらに大きく飛躍。冒頭で触れたように、現在の日本国内市場においては、なくてはならないカテゴリのひとつとなっている。

 ただ、エスティマは、ファミリーカーのイメージが強いほかのミニバンとは異なり、どちらかというと、走りとデザインを楽しむパーソナルカーとしての役割が強いモデル。熟成されたミニバン市場の中ではややニッチな需要を満たしてきた。

 海外でも、エスティマはヒットしていたとはいえない状況で、北米市場では初代限り、欧州でも2代目までしか販売されなかった(オセアニアなどその他の地域では、3代目も販売された)。トヨタの立場からすると、世界的に売れているとはいえないエスティマをラインアップから外すのは仕方のないことだったのだろう。こうしてエスティマは、2020年に販売が終了に。パーソナルカーとしてはSUV系が人気となっていることや、少子高齢化でミニバン市場そのものが減少傾向にあることも、エスティマの生産終了に関係しているに違いない。

最終型となる3代目エスティマ。根強い人気で中古車市場の在庫も豊富だ

◆      ◆     ◆

 そんなエスティマが今後、バッテリーEVで復活するのでは、というウワサがある。バッテリーEVとなることで、初代エスティマがMRで実現したかった「本来のエスティマ」の乗り味を現代の技術で達成できるか!?? 期待したい!!

こんな記事も読まれています

山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
バイクのニュース
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
motorsport.com 日本版
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
くるまのニュース
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
バイクブロス
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
Auto Prove
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
Webモーターマガジン
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
バイクのニュース
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
VAGUE
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
くるまのニュース
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
AutoBild Japan
4/27に滋賀県で開催される EV レンタルサービス「SO!LAR・TA・TA -EV」のオープン記念イベントにインパルス板倉氏が登場!
4/27に滋賀県で開催される EV レンタルサービス「SO!LAR・TA・TA -EV」のオープン記念イベントにインパルス板倉氏が登場!
バイクブロス
デイズよりスカイラインが劣る!? 登場時は先進技術満載で話題も……熟成を続けて10年以上も従来型を推したいワケ
デイズよりスカイラインが劣る!? 登場時は先進技術満載で話題も……熟成を続けて10年以上も従来型を推したいワケ
ベストカーWeb
スズキ GSX250RがマイナーチェンジでLEDヘッドランプ採用!63万5800円~で4月17日発売
スズキ GSX250RがマイナーチェンジでLEDヘッドランプ採用!63万5800円~で4月17日発売
モーサイ
【glafit】特定小型原付「知っている」は30.2%/意識調査の結果を glafit が公開
【glafit】特定小型原付「知っている」は30.2%/意識調査の結果を glafit が公開
バイクブロス
ファン待望のコンパクトモデルが「二刀流」で帰ってきた! アルファロメオ「ミラノ」改め「ジュニア」を名乗るHEV/BEVモデルを発表
ファン待望のコンパクトモデルが「二刀流」で帰ってきた! アルファロメオ「ミラノ」改め「ジュニア」を名乗るHEV/BEVモデルを発表
THE EV TIMES

みんなのコメント

11件
  • ********
    >人気過ぎて5ナンバーのエミーナ・ルシーダ追加の衝撃!!

    人気すぎたわけじゃなくて、オリジナルが当時としては、デカすぎたからだろ。
  • ゆう
    同様なミッドシップのミニバンを作るなら、今のトヨタなら、水平対向エンジンが入手できる。これを使えば、6気筒や排気量3Lも可能でしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8353.1万円

中古車を検索
エスティマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

327.1391.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8353.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村