現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?

ここから本文です

【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?

掲載 35
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?

 ポルトガル語で「驚き」を表す感嘆詞が車名というトヨタオーパ。ミニバンのキャビンスペースと多機能性、高級サルーンの走りを掛け合わせた5人乗りの「次世代ミディアム車」とうたって、2000年5月にデビューしたが、たった5年で消滅。今回はそんな儚い運命を辿ったオーパにスポットを当ててみたい。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?

■ルーミー&トールがバカ売れする今なら5ドアハッチバックのオーパは売れる?

ミニバンでもないセダンでもない2BOXでもないトヨタの意欲作だった

 2000年当時、全盛だったミニバンでもなく、セダンでもなくワゴンでもない中途半端なスタイル。でも今改めて見ても、デザイン的には前衛的で、2列5人乗りというシートレイアウトも、ルーミー&トールを少し大きくしたようなパッケージング。2列シートの5人乗りだからキャビンはミニバン並みに広く、足元、頭上空間とも余裕がある。今なら売れていたかも……。

 5ドアハッチバックボディの全長は4250mmと短いが、プラットフォームはプレミオ&アリオンと共通で、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2700mmに達する。

ロングホイールベース&ショートオーバーハングのボディを、ソリッド感のある面質で独創的にまとめたリアビュー

 しかし空間効率の優れた5ナンバー車でありながら、売れ行きは芳しくなかった。25年前はまだまだ猫も杓子もミニバンという時代だったため、2列シートのオーパは見向きもされなかったのだ。当時、ベストカー本誌でも、なかなか登場する機会が少なく、似たような存在のナディアやルネッサ、ティーノ(前席3人乗りだったが売れ行きさっぱり)も同じような運命を辿った。

 ただ魅力的な部分も多い。後席を畳むとフラットな荷室に変更されて、床面積が広い。走行性能が優れ、なおかつ荷室も使いやすかった。しかし、後席の格納方法が、座面を前側に反転させて背もたれを倒す方式で、荷室床面は長くできたが後席の背もたれが低かった。同様の方式がナディアにも採用されたが、後にSグレード以外は一般的な格納方法に変更されている。

オーパのコクピット。センターメーター、しかもデジタルメーターは時代の先をいっていた

 搭載されたエンジンは1.8L、直4と2L、直4直噴の2種類。2Lにはトヨタ初のCVT「Super CVT」が組み合わされ、1.8Lには電子制御4速ATの「Super ECT」が組み合わされていた。2001年8月には、シートやドアトリムなどの表皮を変更して質感を高めるともにグレードも拡充。

 さらに2002年6月にはマイナーチェンジを行って内外装のリフレッシュをすると同時に装備を充実させ、車両価格も一部のグレードを除いて2~6%値下げした。しかし、販売が好転することなく、2005年8月に販売終了。当然、2代目があるはずもなく、5年という儚い命だった。

■中古車価格は19.8万~39万円、流通台数はたったの2台

オーバーハングを極端に短く取り、タイヤをより四隅に配置することでゆとりのある室内空間を実現

 オーパの新車登録台数は約5年間で7万8883台、月平均販売台数は1300台。となると、現在、中古車流通台数は案外多いのではないかと期待しながら、いざ大手中古車検索サイトを調べて見ると、なんとたったの2台。2002年式/走行距離1万kmが19万8000円、2001年式/走行距離4.9万kmが39万円だった。

 前衛的なデザインで室内も広く、なんといっても知る人ぞ知る、あまり知られていないクルマなのだから欲しい人はぜひ!

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="3" car_cd="10102041" keyword="オーパ" limit=30]

こんな記事も読まれています

強い線で描かれた非対称グラフィックのSHOEI「Z-8 BEAUT」が8月発売へ
強い線で描かれた非対称グラフィックのSHOEI「Z-8 BEAUT」が8月発売へ
WEBヤングマシン
【買っておきたい21世紀名車】マニアの願いを叶えたビスポークモデル、アルピナB3の肖像
【買っておきたい21世紀名車】マニアの願いを叶えたビスポークモデル、アルピナB3の肖像
カー・アンド・ドライバー
30年ぶり復活!? ホンダ「シティ」登場か? 丸目ライト&背高フォルムが超カッコイイ「サステナC」は26年発売か
30年ぶり復活!? ホンダ「シティ」登場か? 丸目ライト&背高フォルムが超カッコイイ「サステナC」は26年発売か
くるまのニュース
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】シティオフローダーに仕立てた[チャレンジャー]は兄貴分のパジェロをなぜ超えられなかったのか?
ベストカーWeb
スズキ「アヴェニス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
スズキ「アヴェニス125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
魅惑のイケメン帰国子女! アメリカの香りがする左ハンドルのホンダ[USアコードクーペ]はなぜヒットしたのか?
ベストカーWeb
キャンパーはこれでいい! しっかり装備でも大きすぎない日産NV200バネットがベースのキャンパー
キャンパーはこれでいい! しっかり装備でも大きすぎない日産NV200バネットがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ベストカーWeb
序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後
序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後
AUTOSPORT web
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
ベストカーWeb
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
ベストカーWeb
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
AUTOSPORT web
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
AUTOSPORT web
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
motorsport.com 日本版
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
AUTOCAR JAPAN
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
motorsport.com 日本版
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
ベストカーWeb

みんなのコメント

35件
  • cqk********
    乗ってた。
  • mus********
    輸入車の仕事をしていた時に仲間が乗ってました。
    フランス車みたいな雰囲気の車で「トヨタも面白い車だすなー」と話したものです。
    昔からのトヨタの客には理解されなかったようですが輸入車に乗った経験のあるひとには気に入られたみたいです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.8235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.839.2万円

中古車を検索
オーパの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

167.8235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.839.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村