現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気がゆえの悩み「トヨタ車の納期遅延」がいよいよ解消へ! 一方「受注停止車種」が多数存在する理由とは?

ここから本文です

人気がゆえの悩み「トヨタ車の納期遅延」がいよいよ解消へ! 一方「受注停止車種」が多数存在する理由とは?

掲載 27
人気がゆえの悩み「トヨタ車の納期遅延」がいよいよ解消へ! 一方「受注停止車種」が多数存在する理由とは?

 この記事をまとめると

■2024年に入り、2023年の事業年度締めに伴う決算セールが活発化してきた

12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性

■最近のトヨタでは新規受注停止となっているモデルが多い

■納期遅延は解消されつつあり、改良などのタイミングを伴い納車が早まってきている

 トヨタの納期遅延が解消しつつあるが……

 2024年に入り、いよいよ2023事業年度締め(2023年4月~2024年3月)での、事業年度末決算セールが本格化しようとしている。2022年がとくにひどかったとされる半導体不足などによる納期遅延。とはいってもコロナ禍前より、一部の新車については納車までに時間がかかる傾向が目立っており、年明け直後の1月が事業年度末決算セールがメインとして展開されるようにもなってきていた。

 そこで事情通に2024年の年明け直後の様子を聞くと、「納期遅延は一部車種を除けば解消に向かっているようです。人気車も多く納期遅延車種の多かったトヨタでも、人気車の納期が際立って短くなっていたのですが……、じつはいまは納期遅延ではなく『新規受注停止』車両が多く、販売現場では『売るクルマがない』とか、『開店休業状態だ』といった声をよく聞くようになりました」と話してくれた。

 筆者が情報を探ると、本稿執筆時点で全グレードが新規受注停止になっているモデルは、カローラシリーズ(カローラクロスを除く全車[アクシオとフィールダー含む])、アクア、ルーミー、シエンタ、アルファード、ヴェルファイア、ライズ、ランドクルーザー70、ランドクルーザー(300)、プロボックス、タウンエースバン、タウンエーストラック、コースター、ピクシスシリーズ(エポック、バン、トラック)などとなっている(一部車種はKINTO[トヨタの個人向けカーリース]を利用すれば手に入れることができるようだ)。

 それでは、現状でかかる納期は別として、発注可能な車種を調べてみると、ヤリス、プリウス、クラウン(セダン/燃料電池車)、ミライ、グランエース、ハイエースワゴン、ヤリスクロス、カローラクロス、RAV4(ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車)、ハリアー、クラウンクロスオーバー(2.5リッター車)、ハイラックス、bZ4X、GR86、GRスープラなどとなっている。

 前述した「売るクルマがない」とか、「開店休業状態」といった販売現場の反応は少々話を盛っているようにも思える。ルーミーやライズはダイハツからのOEM(相手先ブランド)供給モデルとなるので、ダイハツの認証不正問題が影響したものなのでトヨタ側ではどうしようもない話となる。

 カローラクロスを除くカローラシリーズでは改良を控え、改良実施日から逆算してバックオーダー消化のため現行モデルの新規受注停止を早めているとのこと。

 納期遅延はようやく解消しつつある

 本稿執筆時点ではガソリン車(FF)のみオーダー可能だったノア&ヴォクシーも、今年秋に改良を控え、すでにバックオーダー消化のため、ハイブリッド車や4WDは新規受注停止となっているので、間もなくガソリン(FF)も新規受注停止になるだろうとの情報も入っている。このように早めに新規受注停止になるのも、今後の納期改善のためには致し方ないことなのかもしれない。

 また、アルファード&ヴェルファイアは新型となっても高い人気が続いており、このようなモデルではオーダーが殺到することでの納期遅延ははるか以前から新車販売の世界では起きており、深刻な納期遅延を発生させないための「調整手段」として新規受注停止を行う一方で、KINTOを利用すれば手に入るものとしているようである。

 すでに、一時納車時期が2026年に入るのではないかとされていたプリウスは、2リッターハイブリッド車については、本稿執筆時点で発注しても早ければ2024年秋ぐらいには納車される予定で、1.8リッターハイブリッド車では、早ければ2024年7月には納車予定となっていた。プラグインハイブリッド車にいたっては、2024年のゴールデンウィーク明けには納車予定となっており、納期が大幅改善されている。

 2023年10月に改良を行ったハリアーも、現行モデルデビュー以来、人気グレードを中心に納期がかかる状況が続いていたが、改良後は人気の高いハイブリッドZやZレザーパッケージのほうがほかのグレードより納期が早めとなっており、2024年7月以降には納車予定で、かなり納期が改善されている。

 クラウンクロスオーバーも、2.4リッター車は新規受注停止となっているが、2.5リッター車ならば2024年5月以降が納車予定となっているようである。2023年10月に改良を行ったカローラクロスも改良前は深刻な納期遅延や新規受注停止が目立っていたが、改良後は人気のハイブリッド車では、E-four(4WD)で2024年9月以降が納車予定となっており、以前よりは状況は改善されている。

 極端に人気の高いアルファード&ヴェルファイアや、供給台数が少ないが人気の高いランドクルーザー70などの一部車種を除けば、改良を実施さえすれば納期改善が期待できるので、繰り返して述べるが、現状の新規受注停止はその過渡期にあるともいえるのだ。

 ただ、その過渡期が事業年度末決算セールとかぶってしまったので、販売現場では思い切り販売促進活動ができないことにストレスが溜まっているようなのである。

こんな記事も読まれています

日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
海外のディーラーマンはライバル車に乗るなんて当たり前! 自社扱い車しか乗れない日本のディーラーは80年代を引きずりっぱなし
海外のディーラーマンはライバル車に乗るなんて当たり前! 自社扱い車しか乗れない日本のディーラーは80年代を引きずりっぱなし
WEB CARTOP
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
WEB CARTOP
2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
WEB CARTOP
アクア シエンタ CX-5 レガシィ でてくる前はけっこう心配されてたってマジか 前評判を覆したクルマたち
アクア シエンタ CX-5 レガシィ でてくる前はけっこう心配されてたってマジか 前評判を覆したクルマたち
ベストカーWeb
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
WEB CARTOP
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
WEB CARTOP
【超速報】ランクル250は520万円スタート濃厚!! 「価格も原点回帰」って聞いたけどやっぱり気になる最新情報
【超速報】ランクル250は520万円スタート濃厚!! 「価格も原点回帰」って聞いたけどやっぱり気になる最新情報
ベストカーWeb
三菱「5ドアハッチ」どんな人が買う? スポーティな「ミラージュ」地位確立も今後は? 軽アルファード風も存在のタイ、コンパクト市場の現状は?
三菱「5ドアハッチ」どんな人が買う? スポーティな「ミラージュ」地位確立も今後は? 軽アルファード風も存在のタイ、コンパクト市場の現状は?
くるまのニュース
トヨタ「シエンタ」対抗馬!? 日産「新型コンパクトミニバン」登場なるか!? 新型「セレナ“ミニ”」に期待が高まる理由とは
トヨタ「シエンタ」対抗馬!? 日産「新型コンパクトミニバン」登場なるか!? 新型「セレナ“ミニ”」に期待が高まる理由とは
くるまのニュース
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
WEB CARTOP
気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?
気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?
ベストカーWeb
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
トヨタ「ハイラックスサーフ“後継車”」が全面刷新!「日本で復活したら欲しい!」の声も!? 武骨な本格四駆の需要あり?
くるまのニュース
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった
WEB CARTOP
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
三菱が「新型パジェロS」実車公開! タフ顔「3列本格SUV」は“日本復活”の「新型パジェロ」か? オシャな“赤内装”もカッコイイ「新モデル」は何を示すか
くるまのニュース
軍用車であることが明暗を分けた? いくつもの不運が重なった結果なのよ……今のランクルが生まれた衝撃の事実に涙
軍用車であることが明暗を分けた? いくつもの不運が重なった結果なのよ……今のランクルが生まれた衝撃の事実に涙
ベストカーWeb

みんなのコメント

27件
  • wak********
    国内はわざと品薄にして希少価値を高めて 品質悪いガラスコーティング残クレ自社ローンなどユーザーが求めてもいないいらないものつけさせて値引きゼロで販売してるようだがあまりにも酷い
  • ******
    トヨタは転売ヤーと窃盗団の味方だから仕方ない
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.5628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.5628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村