現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メーカーオプション相当の装備が後付け可能で便利だし価値も上がる! 「KINTO Unlimited」のプリウス向け新サービスが画期的すぎた

ここから本文です

メーカーオプション相当の装備が後付け可能で便利だし価値も上がる! 「KINTO Unlimited」のプリウス向け新サービスが画期的すぎた

掲載
メーカーオプション相当の装備が後付け可能で便利だし価値も上がる! 「KINTO Unlimited」のプリウス向け新サービスが画期的すぎた

 この記事をまとめると

■「KINTO Unlimited」で展開されているプリウスUグレード向けのサービスを拡充

超売れ筋車種でもリセールが高いとは限らない! 下取りで高値が付くクルマの条件とは

■12.3インチディスプレイオーディオと自動防眩機能付きインナーミラーを追加できる

■1台のクルマに長く乗るライフスタイルが増えてきたことによる画期的なサービスだ

 KINTOが「痒いところに手が届く」サービスを展開

 12月6日。KINTOのプリウスにアップグレードキットの第2弾として12.3インチディスプレイオーディオと自動防眩機能付きインナーミラーが追加された。通常ならばメーカーオプションとなるアイテムたちだが、アップグレードとはどういうことなのか? これまでのクルマの買い方とは異なるオプションの選び方について紹介していく。

 アップグレードできるってそもそもどういうこと?

 今回対象となったのは「KINTO Unlimited」で展開されているプリウスのUグレードだ。「KINTO Unlimited」は、2023年1月に発売されたこのプリウスのUグレードから始まったサービス。これまでのサブスクリプションサービス「KINTO」にプラスして、納車後にソフトウェアとハードウェアのアップグレードによる進化と運転データを活用したコネクテッドな見守りが付加価値として加えられている。

 今回は、前述した12.3インチディスプレイオーディオと自動防眩機能付きインナーミラーが、新たに納車したあとからアップグレードの一部として装着できるようになった。装着に関しては、追加費用を一括で支払うか、月々の費用にプラスして支払うかのふたつから選ぶことが可能となっている。

 アップグレードレディ設計

 そもそもこれまでメーカーオプションであり、納車後の装着が基本的にはできなかったアイテムたちがなぜ装着できるようになったのか? それはアップグレードレディ設計にある。アップグレードレディ設計とは、ユーザーの手元に渡ったあとのアップグレードを見越して、あらかじめ車両内部のハーネス類はグレードごとにわけるようなことはせずに、全グレード基本的に共通の設計となっていることだ。これを採用することにより、短時間でのメーカーオプションの施工が可能となった。

 つまり、今回のように後からメーカーオプションを装着することも可能になることはもちろん、将来的なことを考えると、オプション選択の自由がエントリーグレードにも広がる可能性がある。

 クルマの所有スタイルが変わるかもしれない

 アップグレードが狙う未来

 ではなぜ「KINTO Unlimited」はアップグレードという形を取っているのだろうか? これに関してはまず幅広いユーザーニーズに対応するというのがある。低価格のUグレードしか予算的に届かないユーザーも、上級グレードで選択できる一部のオプションが欲しいという声が多いのが実情だ。とくに、以前追加されたアドバンスト パークは人気が高く、アップグレードアイテム申込の約半数を占めるほどとなっているようだ。

 また、将来的な構想としては、「クルマの価値を下げない」「ユーザーが長く愛用できるように」といった狙いもあるはずだ。ここ数年、新車の保有年数は長くなりつつある。そんな状況で使用しているユーザーは、「いまどきのクルマと同じ機能があれば、いまの愛車に乗り続けたい」と思う人もいるだろうし、サブスクだけでなく残価クレジットなどさまざまな買い方がある現在では、長期使用したことによる乗り換え時の下取り価格も重要な要素だ。

 このような声に応えるためにも、メーカーオプション相当の装備であとからマイカーをアップグレードして、価値を下げずにいまどきのクルマと同じように愛用することを将来的に広めたいという狙いも含まれていると思われる。

 今後もさまざまなアイテムがアップグレードで選べるようになる「KINTO Unlimited」。その進化はサブスクリプションサービスだけでなく、将来的に通常購入したユーザーにも普及していくかもしれない。カーライフの未来を占うためにも「KINTO Unlimited」からはますます目が離せない。

こんな記事も読まれています

マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
AUTOSPORT web
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
くるまのニュース
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
バイクのニュース
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
レスポンス
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
モーサイ
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
モーサイ
ケータハム スーパーセブン 600 & 2000を、2024年6月21日より日本発売開始。'70 & '80年代の人気モデルを現代風にアレンジ
ケータハム スーパーセブン 600 & 2000を、2024年6月21日より日本発売開始。'70 & '80年代の人気モデルを現代風にアレンジ
Webモーターマガジン
ダニエル・リカルド「ユウキはとても良い、挑戦しがいのある走りをしている」フィードバックも合致し今では名コンビ?
ダニエル・リカルド「ユウキはとても良い、挑戦しがいのある走りをしている」フィードバックも合致し今では名コンビ?
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGに反響も
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGに反響も
くるまのニュース
クラッシュゲート事件起こしたフラビオ・ブリアトーレ復帰、批判の声もアルピーヌ代表が一蹴「過去は気にしていない。未来を見ている」
クラッシュゲート事件起こしたフラビオ・ブリアトーレ復帰、批判の声もアルピーヌ代表が一蹴「過去は気にしていない。未来を見ている」
motorsport.com 日本版
空席だったウイリアムズF1の空力責任者に、ボウルズ代表の元同僚が昇進。メルセデス時代は空力グループのトップ
空席だったウイリアムズF1の空力責任者に、ボウルズ代表の元同僚が昇進。メルセデス時代は空力グループのトップ
AUTOSPORT web
現存「わずか5%未満」!? 激レアすぎる「ナンバープレート」ってナニ? 「目撃談」すら話題になる“当時モノナンバー”とは
現存「わずか5%未満」!? 激レアすぎる「ナンバープレート」ってナニ? 「目撃談」すら話題になる“当時モノナンバー”とは
くるまのニュース
「ニュートラル」は、なぜ1速と2速の間にあるの?
「ニュートラル」は、なぜ1速と2速の間にあるの?
バイクのニュース
【自動車業界初】 アルファ・ロメオ・トナーレ NFT技術を活用したデジタル認証機能を導入
【自動車業界初】 アルファ・ロメオ・トナーレ NFT技術を活用したデジタル認証機能を導入
AUTOCAR JAPAN
「雨が多い月」こそ洗車の季節!! 疲労も時間も半分以下で済む洗車お役立ち時短グッズ4選
「雨が多い月」こそ洗車の季節!! 疲労も時間も半分以下で済む洗車お役立ち時短グッズ4選
ベストカーWeb
海底速度335キロを達成! ベントレー新型「コンチネンタルGT スピード」は日本時間の6月26日午前零時に発表です!
海底速度335キロを達成! ベントレー新型「コンチネンタルGT スピード」は日本時間の6月26日午前零時に発表です!
Auto Messe Web
いまどきのタクシーはATが主流……となると気になるAT限定免許しかもってなくても「二種免許」は取得できるのか?
いまどきのタクシーはATが主流……となると気になるAT限定免許しかもってなくても「二種免許」は取得できるのか?
WEB CARTOP
アルピーヌF1代表、ジャック・ドゥーハンが2025年の「候補リストに入っている」と認める
アルピーヌF1代表、ジャック・ドゥーハンが2025年の「候補リストに入っている」と認める
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0620.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0620.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村