サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型マツダ3のドアトリムの質感を実現する凹引き高精細表皮+NPM技術:南条装備

ここから本文です

インテリアの質感の高さも新型マツダ3の特徴だ。そのドアトリムを製作しているのは、広島の南条装備工業というサプライヤーである。

 南条装備は、1915年創業の老舗メーカーだ(南条商会として創業)。マツダ車やトヨタ車のインテリアを手がけている。
 人とくるまのテクノロジー展横浜に、新型マツダ3をはじめとしたインテリアを展示していた。

日産デイズ&三菱eKワゴン/eKクロスの新型CVTの新技術。ガス軟窒化鋼板ダンパープレート


 同社のドアトリムは、凹引き高精細表皮+NPM技術(Nanjo Prerss Molding)縦型成形機による射出圧縮成形によるもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン