現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MT搭載! ダイハツの「2シーター軽スポーツカー」に注目集まる! 完成度の高さが凄い「コペン」初代モデルの評価とは

ここから本文です

MT搭載! ダイハツの「2シーター軽スポーツカー」に注目集まる! 完成度の高さが凄い「コペン」初代モデルの評価とは

掲載 29
MT搭載! ダイハツの「2シーター軽スポーツカー」に注目集まる! 完成度の高さが凄い「コペン」初代モデルの評価とは

■ワンダフル・スモールを具現化した「コペン」とは

 ダイハツは2023年11月23日から11月26日までの4日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催された「名古屋モビリティショー2023」に、新型オープンカー「VISION COPEN(ビジョンコペン)」を出展しました。
 
 このビジョン コペンのフォルムは初代「コペン」を想起させるデザインであったため、SNSでは初代コペンについても様々なコメントが投稿されています。

【画像】これはカッコイイ! ダイハツ新型「コペン」を画像で見る(54枚)

 初代コペンは、2002年6月に発売した軽自動車の2シーターオープンカー。

 最大の特徴は、電動格納式のハードトップ「アクティブトップ」を軽自動車において初採用した点で、当時は高級車や特別なモデルのみ取り入れられていた機能であったため非常に大きな話題となりました。

 もちろん軽自動車ゆえパワーは抑え目でしたが、車重が軽量なため走りは軽快。トランスミッションも5速MTと4速ATの2種類から選択可能で、誰でも手軽にスポーティな運転を楽しめるユニークなクルマとなっていました。

 また初代コペンは丸みを帯びた愛らしいフォルムに丸目2灯のキュートなヘッドライトを採用したことで、従来のスポーツカーとは異なるファッション性を実現。男性のみならず女性からも高い支持を獲得したため女性オーナーも珍しくありませんでした。

 そんなコペンの将来像を提示するコンセプトカーが、「ジャパンモビリティショー2023」で世界初公開されました。続けて名古屋モビリティショー2023にも出展され、話題となっています。

 SNSでは、ビジョンコペンを見たユーザーから、初代コペンを懐かしむ声を含む数多くのコメントが投稿されました。

「今回のコンセプトカーはコペンの愛らしさを上手く表現できていると思います。これに近い形で出てくれたら嬉しいですね」「ビジョンコペンのコーナーに訪れた人たち、みんな『可愛い~』『欲しい!』と表情を緩めていたのが印象的でした」「絶対発売して欲しいです!」と、ビジョン コペンのデザインを高く評価し、市販化を期待する意見が見られます。

 また、「初代コペンはダイハツが本気で作った最高のクルマ」「初代コペンは軽自動にアクティブトップを採用したのも驚きですが、何よりもデザインの完成度の高さが凄い。小さいボディながら存在感が半端ない」などの、改めて、オマージュ元となった初代コペンの完成度の高さについて驚く人も。

 そのほか、「初代コペンは自分が社会人になって初めて購入した思い出のクルマです。いつか子ども一緒にドライブするのが夢です」「コペンに乗りたくて免許を取りました。10年乗りて手放しましたが、いつかまた買い戻して乗りたいです」と、家族構成が変わってもまた乗りたくなると語る人や、「それまでクルマに全く興味なく車種も知らなかったのに、一目惚れして買いに行った思い出のクルマです。気軽に乗れて、気軽にオープンにできる。本当に楽しくて幸せな気持ちになります」「世の中には様々な“名車”と呼ばれるクルマがありますが、自分にはこの初代コペンが一番の名車だと思ってます」といった、コペンと出会ったことで人生が豊かになったという様々な投稿が寄せられています。

※ ※ ※

 初代コペンは、当時発表されたコンセプトカーが多くの反響を獲得したことで、市販化まで繋がったという経緯を持っています。

 今回出展されたビジョンコペンも、評判によっては新型モデルとして市販化を実現する可能性は十分にありそうです。

こんな記事も読まれています

ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ベストカーWeb
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ベストカーWeb
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
ベストカーWeb
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
Auto Messe Web
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
AUTOSPORT web
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
AUTOCAR JAPAN
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
レスポンス
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
ベストカーWeb
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
Auto Messe Web
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME

みんなのコメント

29件
  • tma********
    コペンXPLAYに乗っています。
    ガンダム世代の私にとってXPLAYの凸凹感はたまらなくいい。
    電動でオープンになる様は正に可変モビルスーツのようで燃えます。
  • ぐるまり
    この写真の色のコペンは見たことないなあ
    綺麗な色ですねぇ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索
コペンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村