現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ911カレラのようなホットハッチ──新型GRヤリスGR-DATモデル試乗記

ここから本文です

ポルシェ911カレラのようなホットハッチ──新型GRヤリスGR-DATモデル試乗記

掲載 23
ポルシェ911カレラのようなホットハッチ──新型GRヤリスGR-DATモデル試乗記

新しい「GRヤリス」に追加された、ATバージョンに小川フミオが試乗した。MTとの違いはいかに!?

素晴らしきシフトワーク

愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)

昨今、電動モデルも増えているけれど、やっぱりガソリンで走るホットハッチから離れられない……そんな人には、GRヤリスが最適だ。2024年4月に登場した「GAZOO Racing Direct Automatic Transmission」はとにかく楽しい。

GAZOO Racing Direct Automatic Transmission(以下・GR-DAT)は、「レースでMTと同等に戦えるATを目指し開発した」とうたう、8段オートマチック変速機搭載モデル。試乗したグレードは「RZハイパフォーマンス」だ。

シフト操作に気を取られずステアリング、アクセル、ブレーキの運転操作に集中できるのがATのメリット。世界トップレベルの変速スピードをめざしたとされるだけあって、実際すばやいシフトワークには感心させられる。

スタイリングは、トヨタ「ヤリス」をベースにしながら、ボディは3ドア。前で約55mm、後ろで約80mm拡大(モデルにより多少の差あり)したトラック(トレッド)により張り出したタイヤをカバーするオーバーフェンダーが目をひく。かつ、フロントにはエンジン冷却用のサブラジエターや、ブレーキ冷却用の大きな開口部と、こちらも迫力だ。

破損を前提とした分割交換可能なバンパー、下部に開口部を設けて走行中の空気抵抗を減じ走行安定性を高めた空力デザイン、ぶつけたくない鍛造アルミホイール、走行抵抗になる静電気を除電する機能をそなえたスポーツシート、ギヤをマニュアルで選べるパドルシフト……と、自慢のタネにしたくなる装備満載だ。

GRヤリスのいいところは、ナチュラルな運転感覚。1618cc直列3気筒ガソリンターボエンジンは、最高出力224kW/6500rpm、最大トルク400Nm/3250~4600rpmと、パワフルだが、しっかり自分で意識してアクセルペダルを踏み込んで加速していく感覚が好ましい。クルマに振りまわされている感はない。

ラリーのために開発されたモデルなので、ハンドリングのよさが身上だ。ステアリングホイールは軽すぎず重すぎず、絶妙な重さで、自分でしっかりクルマをコーナリングさせていくとき、いいクルマだなぁと思うはず。

パワフルなエンジンによる加速性による走りの快感でなく、しっかりエンジンをまわして(フラットトルクなので回転域にかかわらず力不足感はない)ふんばる足まわりと、剛性感がかなり高そうなシャシーによる操縦性の高さを楽しめる。

ハンドリングのよさは、速度に関係なく楽しめるスポーツカーならいざしらず、昨今、ここまで凝ったハッチバックはそうそうない。フランスのルノーによる「メガーヌR.S.」は最高出力221kW、最大トルク420Nm(6段AT車)で性能も高く、かなり競合的だが、ボディ全長は4410mmなのに対してGRヤリスは3995mmと、ぐっとコンパクトにまとまっている。

乗り出したときは、足まわりの設定が硬いかな? と、思ったものの、少したつと慣れる。そして、すぐにまったく気にならなくなる。東京都内の高速道路では事故渋滞に巻き込まれたが、クラッチペダルがないので、まったく苦にならなかった。つまり快適性が意外にも高いのは、印象的だった。

試乗車には8スピーカーのJBLプレミアムサウンドシステム(セットオプションの一部)やコネクテッドナビまで搭載され、ふだん使いでも楽しみたいという人に向けたモデルだった。実際に、通勤に使ってもまったく苦にならないだろう。

むしろGRヤリスに毎日乗っていたら楽しいだろうなぁ、と、思わせられた。モータースポーツ競技のことはさておき、さきに触れたとおり、ハンドリングのよさは、速度に関係なく楽しめる。そこが美点だ。そういえば、ポルシェ「911カレラ」もそういうクルマである。

今回のRZハイパフォーマンスDATモデルの価格は533万円(6段MT車は498万円)。スポーツカーでいうとトヨタ「86」の最上位モデル(357万4000円)よりはるかに高く、スープラ「SZ」(499万5000円)も凌ぐ。いっぽう、レクサスのスポーツカーだと「RC」(581万4000円~)に迫る。と、言っても、決して高価だとは思わない。それだけ優れたモデルだった。

文・小川フミオ 写真・小塚大樹 編集・稲垣邦康(GQ)

こんな記事も読まれています

わがままを叶えてくれるプレミアムSUV──新型レクサスNX350“F SPORT”試乗記
わがままを叶えてくれるプレミアムSUV──新型レクサスNX350“F SPORT”試乗記
GQ JAPAN
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
GQ JAPAN
ちょうどいいサイズ感を守り抜きました──新型ホンダ・フリード試乗記
ちょうどいいサイズ感を守り抜きました──新型ホンダ・フリード試乗記
GQ JAPAN
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
ベストカーWeb
吉田 匠の『スポーツ&クラシックカー研究所』Vol.21 みんなのスポーツカーの快作、マツダ・ロードスター。
吉田 匠の『スポーツ&クラシックカー研究所』Vol.21 みんなのスポーツカーの快作、マツダ・ロードスター。
くるくら
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
ベストカーWeb
【10年ひと昔の新車】スバル インプレッサWRX STIの4ドアに待望の「スペックC」が登場した!
【10年ひと昔の新車】スバル インプレッサWRX STIの4ドアに待望の「スペックC」が登場した!
Webモーターマガジン
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
ベストカーWeb
いまや貴重な“スポーツハッチバック”公道での印象は? 赤いアクセントがカッコいい! 25周年を記念した特別なVW「ポロGTI」は227台限定
いまや貴重な“スポーツハッチバック”公道での印象は? 赤いアクセントがカッコいい! 25周年を記念した特別なVW「ポロGTI」は227台限定
VAGUE
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
[ディーラーに聞いてみた] 今春マイナーチェンジした“トヨタGRヤリス”の反響は?
月刊自家用車WEB
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
AUTOCAR JAPAN
日産「新型“超凄い”スカイライン」まもなく登場! 420馬力の“史上最強”モデルはまさに「集大成」! もはや「次期型」に期待な“NISMO”実際どう?
日産「新型“超凄い”スカイライン」まもなく登場! 420馬力の“史上最強”モデルはまさに「集大成」! もはや「次期型」に期待な“NISMO”実際どう?
くるまのニュース
フェラーリ製V8をお手頃価格で! マセラティ・グランスポーツ UK中古車ガイド お安いだけの「理由」アリ?
フェラーリ製V8をお手頃価格で! マセラティ・グランスポーツ UK中古車ガイド お安いだけの「理由」アリ?
AUTOCAR JAPAN
【買っておきたい21世紀名車】超一級の速さを誇る進化するレジェンド。R35型・日産GT-Rの肖像
【買っておきたい21世紀名車】超一級の速さを誇る進化するレジェンド。R35型・日産GT-Rの肖像
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】ポルシェ タイカン4S モーターかエンジンか議論は影をひそめ、超絶技巧のポルシェらしさに卒倒
【スタッフ通信】ポルシェ タイカン4S モーターかエンジンか議論は影をひそめ、超絶技巧のポルシェらしさに卒倒
Auto Prove
トヨタ新型「超スポーティ“クラウン”」現状は? 「ハリアーサイズ」にド派手デザイン採用! 300馬力超え「クラウンスポーツ」オーナーの評価とは
トヨタ新型「超スポーティ“クラウン”」現状は? 「ハリアーサイズ」にド派手デザイン採用! 300馬力超え「クラウンスポーツ」オーナーの評価とは
くるまのニュース
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

23件
  • cam********
    ポルシェはドアを閉めた瞬間からポルシェの世界で、ヤリスはドアを閉めた瞬間からトヨタの大衆車。
  • sky********
    ポルシェと一緒にすんな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01680.0万円

中古車を検索
GRヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01680.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村