現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電気自動車で復活する(!??)新型マーチはどんなクルマになるか妄想してみた

ここから本文です

電気自動車で復活する(!??)新型マーチはどんなクルマになるか妄想してみた

掲載 4
電気自動車で復活する(!??)新型マーチはどんなクルマになるか妄想してみた

 2024年3月25日に日産が発表した経営計画「The Arc」において公開された、今後登場するであろうクルマのシルエットが映されたティザー動画。このなかに、2022年8月をもって生産終了となった日産の名門コンパクトカー「マーチ」によく似たコンパクトカーの姿があった。

 特徴的な丸目のヘッドライトを備えたそのコンパクトカーが、本当に次期型マーチかどうかは定かではないが、その可能性は十分にあり、もしそうなら、BEVとなって日本市場復活ということになると思われる。昨今のマーチ界隈の動きに関してご紹介しながら、BEVとなったマーチに期待するスペックや価格について考えてみよう。

電気自動車で復活する(!??)新型マーチはどんなクルマになるか妄想してみた

文:吉川賢一/写真:NISSAN、RENAULT

ルノーはすでに「サンク」を正式発表

 次期型マーチといえば、日産が2022年1月に発表した2030年に向けたロードマップ「Alliance 2030」のなかでも、次期マーチを示唆するティザー映像が公開されていた。当時の計画では、マイクラ(マーチの欧州名。2016年までは日本のマーチと同じモデル(K13型)が「マイクラ」として、欧州その他の地域で販売されていたが、2017年3月に欧州のマイクラのみ、新型(K14型)へとフルモデルチェンジした)の後継として、CMF-BEVプラットフォームをベースとするBEVを欧州で販売する、としていた。

 発表から2年。ルノーは2024年2月にコンパクトBEVの新型「5(サンク)」を正式発表するに至っており、プラットフォームを共有すると思われる新型マイクラ(マーチ)のプロジェクトも、間違いなく進行中だろう。

 ルノーの新型5(サンク)は、全長3920mm、ホイールベース2540mmと非常にコンパクトだが、航続距離は300~400km(WLTP)にもなる。価格はフランス国内で2万5000ユーロ(405万円相当)だ。新型マイクラも、これに近しいスペックと車両価格になるものと考えられる。

 この新型マイクラが日本市場に(マーチとして)導入されるという発表は、現時点はないが、サクラとリーフの間をつなぐコンパクトサイズのBEVが誕生すれば、ちょうどよいサイズのBEVラインアップが誕生することになり、可能性は高いと筆者は考えている。

ルノーのコンパクトBEVの新型「5(サンク)E-TECH エレクトリック」。2024年9月より欧州市場にて発売が予定されており、日本市場にも導入検討中とのことだ

2022年1月に日産が公開した、次期マイクラのティザー動画からの抜き出し。これまでのK13マーチよりも大型化される見込みだが、それでもリーフよりも短くなると予想

[usedcar-search brand_cd="1015" body_cd="2" car_cd="10151032" keyword="マーチ" limit=30]

バッテリー容量はサクラとリーフの中間がベスト!!

 では、仮に新型マイクラが次期マーチとして導入されるならば、どういったクルマになるのか。欧州向けのルノー新型5(サンク)のバッテリー容量は40kWh、これは現行リーフ(40kWh)と同じで、コンパクトBEVにしては贅沢なスペック。長距離移動が日常の欧州では、これくらいのスペックは必要なのだろうが、日本のマーチでこれと同じ容量にする必要はない。適値は、サクラの20kWhとリーフの40kWhのちょうど中間の30kWhというところだろう。

 1充電あたりの走行距離は、サクラの180km(WLTPモード)とリーフ40kWhの322km(WLTCモード)の中間、「251km」あたりが期待値だ。0.7掛けをした実電費では176kmとなり、普段の日常利用に加え、ちょっとした遠出であれば許容範囲となる。車両価格の上昇を抑えるためにも30kWh程度が適切だと筆者は思う。

 ボディサイズは、かつてのK12やK13マーチと同等程度となる、全長3900mm未満、全幅1700mm未満の5ナンバーに収められるとよいと思う。外装も歴代マーチを踏襲し、丸みを帯びたスタイリングで登場してほしい。マーチは、BEVとなっても、運転がしやすくて、丸っこくて可愛い、という歴代マーチのキャラクターを踏襲した姿がベストだと思うのだ。

ティザー動画に登場した新型マイクラのヘッドライトは、円形ヘッドライトの内部には、3つのLEDが仕込まれている様子がわかる

テールライトも円形デザイン。丸みを帯びたデザインは歴代マーチをオマージュしているかのようだ

実質250万円での登場を期待!!

 サクラの売れ行きは依然として好調のようだが、サクラは、パワフルなモーターに対して足回りが足りていないと感じるシーンもある。軽規格でつくることのできるBEVの限界なのだろう。ただリーフとなると少しボディサイズが大きすぎる。やはり、使い勝手のいいサイズながら、サクラよりも安定した走りが可能なマーチサイズのBEVの登場には期待したいところ。やはりBEVはコンパクトサイズがいろんな意味でベストであり、ユーザーもそうしたモデルを求めていることは、サクラが証明してくれた。

 そして価格も重要だ。リーフの税込408万円(R6年度補助額は85万円)と、サクラの税込249万円(補助額は55万円)の中間の税込330万円、これにR6年度CEV補助金のBEV(乗用車)の上限である85万円が加味されて、実質価格250万円程度で登場すると、かなり高い需要が見込めるのではないだろうか。筆者もこの価格なら購入すると決めている。

関連タグ

こんな記事も読まれています

[新型セリカ]は最後の純ガソリンエンジンで”400馬力超え”を目指す!! マツダからは[ロータリー搭載]の電動車が登場か
[新型セリカ]は最後の純ガソリンエンジンで”400馬力超え”を目指す!! マツダからは[ロータリー搭載]の電動車が登場か
ベストカーWeb
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
ベストカーWeb
人気はあったのに……なんで消えた? 苦しくも生産終了になってしまったクルマ6選
人気はあったのに……なんで消えた? 苦しくも生産終了になってしまったクルマ6選
ベストカーWeb
[新型レクサスIS]は100%電気に!! 驚きの空力性能も達成する!? [LFA]は四駆のMTに変身か
[新型レクサスIS]は100%電気に!! 驚きの空力性能も達成する!? [LFA]は四駆のMTに変身か
ベストカーWeb
おお、もしや新型パジェロでは!?!? クラウン風ライトで超絶高級になる予感
おお、もしや新型パジェロでは!?!? クラウン風ライトで超絶高級になる予感
ベストカーWeb
新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
ベストカーWeb
まさに[小さなハリアー]!! 売れまくり[ヤリスクロス]は使いやすさ抜群! GRスポーツを勧めたいワケ
まさに[小さなハリアー]!! 売れまくり[ヤリスクロス]は使いやすさ抜群! GRスポーツを勧めたいワケ
ベストカーWeb
打倒ハリアーなるか!? [新型CX-5]やっとハイブリッド搭載!! 
打倒ハリアーなるか!? [新型CX-5]やっとハイブリッド搭載!! 
ベストカーWeb
[R35GT-R]北米向け生産終了を発表! 日本は最終2025年モデルが2025年8月で幕! 新型GT-Rはいつ?
[R35GT-R]北米向け生産終了を発表! 日本は最終2025年モデルが2025年8月で幕! 新型GT-Rはいつ?
ベストカーWeb
新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
ベストカーWeb
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
ベストカーWeb
マイチェンでフロントマスク激変の[ノートオーラ]! ノートと同じく果たして変わってよかったのか否か!?
マイチェンでフロントマスク激変の[ノートオーラ]! ノートと同じく果たして変わってよかったのか否か!?
ベストカーWeb
クラス超えの質感!! 燃費もリッター30km超え! 欠点が見当たらない[ヴェゼル]は納得のヒット作だった
クラス超えの質感!! 燃費もリッター30km超え! 欠点が見当たらない[ヴェゼル]は納得のヒット作だった
ベストカーWeb
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ベストカーWeb
小さいのに存在感バツグン!! [ライズ/ロッキー]は車内も荷室も広々! ハイブリッドをオススメするワケ
小さいのに存在感バツグン!! [ライズ/ロッキー]は車内も荷室も広々! ハイブリッドをオススメするワケ
ベストカーWeb
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
ベストカーWeb
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
ベストカーWeb
 アリストって完ぺきじゃね!? FFのスペース効率とFRの運動効率を備えた究極のクルマ説をガチ検証
 アリストって完ぺきじゃね!? FFのスペース効率とFRの運動効率を備えた究極のクルマ説をガチ検証
ベストカーWeb

みんなのコメント

4件
  • mor********
    サクラは、日常使いとしての軽自動車の進化版として割り切ったところが、都市近郊の戸建て世帯に受けている。
    リーフは、EVとスマートハウスの連動など、トレンドセッターを中心にそこそこ売れている。
    マーチEVは、帯に短し襷に長しになるのではないか?
  • Jgav8mi
    コメントの少なさが世間の注目度を示しているかと。

    今出せるとなると、妄想というよりほぼ確定なのは
    バーコードみたいなフロントデザインになる
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

128.9187.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8254.0万円

中古車を検索
マーチの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

128.9187.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8254.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村