現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ車を変えた立役者!「魂動デザイン」と「スカイアクティブ」っていったいなによ?

ここから本文です

マツダ車を変えた立役者!「魂動デザイン」と「スカイアクティブ」っていったいなによ?

掲載 7
マツダ車を変えた立役者!「魂動デザイン」と「スカイアクティブ」っていったいなによ?

 ここ数年でマツダは大きくブランドイメージが変わったと言われることが多いが、その大きな理由は魂動デザインとスカイアクティブテクノロジーだ。この2つを全面的に取り入れたのが初代CX-5な訳だが、現在のマツダブランドイメージを造っている魂動デザインとスカイアクティブテクノロジーについて簡単に振り返ってみよう。

文:西川昇吾╱写真:マツダ、ベストカー編集部

マツダ車を変えた立役者!「魂動デザイン」と「スカイアクティブ」っていったいなによ?

■魂動デザインって何!? 

ディーラーで始めて見たとき息を呑むほど美しかったMAZDA3

 まず魂動デザインからだ。

 このデザインにマツダは2010年から取り組んでいる。正確には「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」というデザイン哲学が掲げられている。

 その姿が世に初めて出たのは2010年のロサンゼルスオートショーだ。靭(しなり)というコンセプトカーを出展し魂動デザインの方向性を示した。

 見る人の魂を揺さぶる、心ときめかせる動きを魂動と呼び、このデザイン哲学となった。

 魂動デザインは進化しつづけ、デザインに対する表現は様々な記事で見かけることができるが、マツダの発表や表現の中で最も印象的なのが「引き算の美学」だ。

 要素をそぎ落としてシンプルなフォルムと研ぎ澄まされた繊細な光でクルマに命を吹き込むことに挑戦するのが魂動デザインの一つのテーマなのだが、複雑になりがちな現代のクルマの中でも「引き算の美学」を意識しているのがマツダのデザインが評価されている一つの大きな理由ではないだろうか。

 そしてそんな魂動デザインを身にまとった初の市販モデルCX-5は2011年8月にフランクフルトモーターショーで初公開された。

 その後、魂動デザインは高評価を受けマツダの顔となった。

 2020年にMAZDA3が「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞していることからも、魂動デザインは世界的に高い評価を受けていることが分かる。

■スカイアクティブテクノロジー

鼓動デザインと並びマツダの顔と言えるSKYACTIV、SUVでも走行性能に妥協はない

 そしてスカイアクティブテクノロジーだ。

 こちらも発表されたのは2010年だ。

 トランスミッションやシャシー、ボディなどに「スカイアクティブテクノロジー」の名が冠されたが、当時の発表の中で最も注目度が高かったのがエンジンだ。

 14.0という世界初の高圧縮比を実現し、燃焼効率を大幅に高めていて世界を驚かせた。

 その後魂動デザインと同じくCX-5で全面的にスカイアクティブテクノロジーが採用され、スカイアクティブテクノロジー採用車は徐々にラインアップを広げていった。

 それはエンジンだけではなく、高い剛性のボディやダイレクト感のある効率的なトランスミッション、正確なハンドリングと快適な乗り心地を実現した軽量なシャシーなど多岐に渡る。

 ここからマツダの走りへの評価も変わり、走りの良いクルマというブランドイメージもついてきた。

 マツダのブランドイメージを象徴しているクルマと言えばロードスターかもしれないが、マツダ車を仕事で借りるときは大柄なSUVでもワクワクする。

 それは同クラスの他メーカーのクルマに比べて走りの期待値が高いからだ。

 スカイアクティブテクノロジーのブランドイメージが成功した結果と言えるだろう。今後このブランドイメージを生かしてどのような発展があるのか楽しみだ。

こんな記事も読まれています

乗らなくなったバイクの約1割「そのままにしている」という現実/株式会社 NEXER が調査結果を公表
乗らなくなったバイクの約1割「そのままにしている」という現実/株式会社 NEXER が調査結果を公表
バイクブロス
メルセデスF1、2023年度の収益は増加するも利益が減少。増加した支出の大部分は2024年型マシンの開発資産に
メルセデスF1、2023年度の収益は増加するも利益が減少。増加した支出の大部分は2024年型マシンの開発資産に
AUTOSPORT web
“ネットゼロ”を目指すF1が持続可能性への取り組みをまとめたレポートを発表。二酸化炭素の排出量を5年で13%削減
“ネットゼロ”を目指すF1が持続可能性への取り組みをまとめたレポートを発表。二酸化炭素の排出量を5年で13%削減
AUTOSPORT web
アロンソには“敏感”なストロールが相棒に必要?「僕はいつも90%で走れるけど、100%を引き出すには助けがないと……」
アロンソには“敏感”なストロールが相棒に必要?「僕はいつも90%で走れるけど、100%を引き出すには助けがないと……」
motorsport.com 日本版
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
くるまのニュース
アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
レスポンス
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
バイクブロス
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
Webモーターマガジン
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
くるまのニュース
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
バイクのニュース
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
ベストカーWeb
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
Auto Messe Web
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
くるまのニュース
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
ベストカーWeb
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
バイクブロス
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
OPENERS
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
ベストカーWeb
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
WEB CARTOP

みんなのコメント

7件
  • ********
    こういうタイトルにすると、いつもマツダ、トヨタ、ホンダの記事で「同じ顔ばっかり」と改変コピペのコメントしている奴が登場するんだよねえ。
  • kzh********
    初代のCX-5が出てからもう十数年ですか。
    このころから本格的に「魂動デザイン」「スカイアクティブ」で売り出した感じでしたかね。
    結果としては成功と呼べるんじゃないでしょうか。
    アンチはしつこく湧いてきますが、「マツダ」のブランド構築ができていると思います。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8391.6万円

中古車を検索
CX-5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.0422.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8391.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村