現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型LBXはシートもステッチ色も選べるゾ!! オーダーメイドグレードを設定したワケって!?!?

ここから本文です

新型LBXはシートもステッチ色も選べるゾ!! オーダーメイドグレードを設定したワケって!?!?

掲載 4
新型LBXはシートもステッチ色も選べるゾ!! オーダーメイドグレードを設定したワケって!?!?

 レクサス 新型LBXはシートはもちろんホイールやシートステッチにいたるまで自分好みにできるオーダーメイド仕様が設定される。じつはLSにもこの仕様があったのだが、そもそもなんでLBXにオーダーメイドシステムを採用したのか!?!?

文:佐々木 亘/写真:レクサス

新型LBXはシートもステッチ色も選べるゾ!! オーダーメイドグレードを設定したワケって!?!?

■LBXに用意されたオーダーメイドシステムとは

クラスレスなコンパクトという新しい価値を提案するLBXには、レクサスの“ハイブランドカー”という自負と挑戦の精神が宿っている

 そもそもクルマの歴史はオーダーメイドと共にスタートしている。

 コーチビルダーという言葉が残るように、馬車(コーチ)の時代から、ボディや機能はオーナーの好みに合わせたオーダーメイドが基本であった。

 2023年11月9日に発表された国内仕様のLBX。クラスレスなコンパクトという新しい価値を提案するなかで、唯一無二の1台を作り上げるBespoke Buildを100台限定で抽選販売した。

 カスタマイズできるのは、エクステリアカラーやアルミホイールはもちろんのこと、シート表皮にインテリアカラー、シートの配色や刺繍、ステッチカラーやシートベルトカラーなど。

 さらに専用アイテムも準備され、その組み合わせは33万通り以上となる。

 注文を取るだけでも一苦労なのだが、レクサスはこうしたチャレンジを度々行ってきた。オーダーメイドに対する特別な思いは、約15年前からレクサスの中に息づいている。

■過去にもあったぞ!オーダーメイドのレクサス車

 レクサスオーダーメイドの口火を切ったのは、2009年にLSへ導入された「L-Select」だ。

 自分だけの1台、すなわちMy LSを作り上げるのが、このプログラムの目的である。

 内装のバリエーションに特化し、シート・ドアトリム・ルーフ・本木目パネルの素材とカラー・インパネのステッチカラーを選択可能にし、組み合わせは3万通り以上だ。

 USF型のLSで導入され、同型のメジャーチェンジ(2013年)以降もグレードは継続された。

 特にメジャーチェンジ後の後期型では、青いインパネに白のドアトリムやコンソールボックスが際立つ、意外なL-Selectが用意されている。

 さらに当時はレクサスギャラリー高輪で、実際にL-Selectの各パーツを手に取り、実車に各部を組み合わせて雰囲気を確認することもできたのだ。

 この姿勢は、スーパースポーツカーLFAにも受け継がれた。LFAもまた、生産した500台すべてがハンドメイドであり、オーダーメイドなのである。

■オーダーメイドが切り開く高級車メーカーへの新たな道筋

新時代の高級車市場を牽引していく、レクサスのこだわりを見た

 クルマはモノの中でも限られた「愛」がつくものだ。動いて乗れればいいという考えもあるが、一方で非常に面倒な選択をし、手間をかけて愛を注ぐことで、自分にとって大きな価値を持つもの、つまり愛車になる。

 自動車ブランド、特にプレミアムブランドは、この「愛」と「価値」について深く考えてきた。

 レクサスでは、上質なものを提供するのは通常営業。特別に愛でるものを迎えたい人には、最大限の選択肢を用意し、心おきなく愛でてもらう。

 愛と価値について、レクサスなりの答えが出ているのだ。さらに「おもてなし」の心で、クルマはもちろん、人にも愛と価値を伝えている。

 これらの根底にあるのは、高価ではなく高級なもの、価値あるものを提供したいというのも彼らの哲学だ。それを実現する一つの方法が、オーダーメイドなのである。

 オーダーメイドにより育まれるレクサスフィロソフィーは、新時代の高級車市場を牽引していく。全体へ広げすぎずに追求する。オーダーメイドの裏側に、レクサスのこだわりを見た。

こんな記事も読まれています

嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
嘘のように速いホットハッチ:MG 4 EV Xパワー 「まさにコレ!」な正当性:クプラ・ボーン お手頃EV 12台比較(6)
AUTOCAR JAPAN
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
ポルシェ新型「パナメーラ」に試乗! 常に水平を保つ未体験の走りに驚愕…PHEVは1669万円から
Auto Messe Web
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP

みんなのコメント

4件
  • まほほん
    コンパクトな事くらいしか特徴がないので
    オーダーメイドシステムで売りを出そうとした。
  • fd3********
    そもそもローンチエディションみたいなもので今現在注文出来ないんだが(棒読み
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1094.01612.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.71290.0万円

中古車を検索
LSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1094.01612.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.71290.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村