現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 走ってよし、乗ってよし、売ってよし!! 「ハリアーがSUV最強」である理由と事情

ここから本文です

走ってよし、乗ってよし、売ってよし!! 「ハリアーがSUV最強」である理由と事情

掲載 19
走ってよし、乗ってよし、売ってよし!! 「ハリアーがSUV最強」である理由と事情

 2023年、国内での販売が絶好調だったモデルのひとつが、トヨタ「ハリアー(80系)」だ。2023年1~12月の登録台数は75,211台(月間平均は6268台)にも到達し、ライバルのRAV4(41,018台)やヴェゼル(59,187台)、エクストレイル(27,129台)、さらにはコンパクトSUVのライズ(64,995台)も抜いて、国内SUVランキングではダントツナンバー1に輝いている。

 はたして、ここまでハリアーが人気となった理由とは!?? そこには、いいクルマというだけではない、とある事情も関係している。

走ってよし、乗ってよし、売ってよし!! 「ハリアーがSUV最強」である理由と事情

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

上質感と性能、サイズ感が日本人にとって「ちょうどよい」

 ハリアー人気の理由は、すべてが「ちょうどよい」ことに尽きる。デザインは先代ハリアーの面影を残しながらさらにエレガントになり、他のクロスオーバーSUVとは異なる流麗なクーペSUVフォルムも、唯一無二の存在感を表現している。切れ上がったヘッドライト、薄いサイドウィンドウの厚み、Cピラーからリアエンドへの流れるような造形は、国産クロスオーバーSUVの中でも秀逸で、シンプル過ぎず、派手過ぎない、ちょうどいい塩梅のデザインだ。インテリアも値段相応に質感が高く、落ち着いた大人の雰囲気がある。

 もちろん走りも絶妙にちょうどよく、重厚感としなやかさを併せもった乗り味は非常に心地よい。動力性能やノイズは、ガソリンやハイブリッド、PHEVと3種揃えられたパワートレインによって異なるが、いずれの仕様であっても、徹底したNVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)対策が効いているためか、上級クラスのセダンに乗っているかのような印象だ。

 また、サイズ感もちょうどいい。全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mmというスケールだが、ハリアーは全高が低いために大きさの割に威圧感が少ない。アルファード/ヴェルファイアのような威圧感を求めるユーザーもいるだろうが、威圧感よりも優雅さを求めるユーザーにとってはピッタリ。日本市場で求められるクロスオーバーSUV像を、トヨタが研究し尽くして具現化したクロスオーバーSUV、それがハリアーなのだ。

「ちょうどよいサイズ感」もハリアー人気の理由のひとつ。全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mmは、日本市場において大きすぎず、それでいて高級車としての優雅さや迫力が感じられる

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="5,7" car_cd="10102029" keyword="ハリアー" limit=30]

手放すときも嬉しいハリアー

 ただ、ハリアーの魅力はそれだけではない。ハリアーは残価率(新車時の価格に対する残価の割合)が高く、新車登録から3年後の値落ち率がかなり低い。中古車買い取り専門店の担当者へ取材したところ、新車で買って損をしにくい国産SUVのトップ3には入るそうだ(ちなみに1位はジムニーシエラ、2位はランクル300)。ベストカーの情報によると、2.0Lガソリン車(4WD)のパールホワイトが、3年後85.5%、5年後69.4%という驚異の残価率。一般的な中古車の残価率をおよそ20%近く上回る高水準となっている。

 そんなハリアーのなかでも、査定が高くなる傾向にあるグレードは、2.0Lガソリン車2WDの「G」グレード(税込352万円)とのこと(前出の中古車買い取り業者)。この「G」グレードは、欲しい装備が充実した中間グレードであることから、業者向けオークションで海外向け輸出のバイヤーが高値で落札していくそう。流通量もこのGグレードがもっとも多いとのことで、買い取り店側としては、安定して良質の個体を仕入れやすいため、中古車市場で人気がある、というのも理由だそうだ。

 ほかにも、ガソリン2WD「Z」や、ガソリン2WD「Zレザーパッケージ」もおすすめとのこと。3年落ち、もしくは5年落ちになるタイミングの前に下取りに出すのがいいそうだ。

下取りを最優先に考えた場合、お薦めのグレードは2.0Lガソリン車の2WDの「G」、もしくは「Z」だそう

納期も6~8か月程度に落ち着いてきた

 一時期は、1年半ともされていた納期だが、現在は、6~8か月程度に落ち着きつつあるそう。とあるトヨタディーラーによる情報によると、12月22日時点のハリアーの納期は、「Z」グレードと「Z Leather Package」グレードの2.0Lガソリン車が2024年5月上旬以降で同ハイブリッド車は6月上中旬以降、「G」グレードのガソリン車は2024年7月中旬以降で同ハイブリッド車は2024年9月上旬以降とのこと。ハリアーを狙っているならば、今がチャンス。早めに手に入れてお得にカーライフを楽しもう!!

こんな記事も読まれています

【20世紀名車ギャラリー】F1技術が傾注された傑作FR、1969年式ロータス・エランの肖像
【20世紀名車ギャラリー】F1技術が傾注された傑作FR、1969年式ロータス・エランの肖像
カー・アンド・ドライバー
YARTヤマハが快走、TSRとヨシムラは転倒も挽回。日本のTeam ÉtoileはSST6番手/2024EWC第1戦ル・マン24時間 8時間経過後
YARTヤマハが快走、TSRとヨシムラは転倒も挽回。日本のTeam ÉtoileはSST6番手/2024EWC第1戦ル・マン24時間 8時間経過後
AUTOSPORT web
SHOEI COMLINK 対応のバイクインカム「B+COM SX1」がサイン・ハウスから発売!
SHOEI COMLINK 対応のバイクインカム「B+COM SX1」がサイン・ハウスから発売!
バイクブロス
トヨタ『ランドクルーザー250』用モデリスタアイテムにも採用、トーヨータイヤが「OPEN COUNTRY A/T III・M/T」のサイズラインアップを拡充
トヨタ『ランドクルーザー250』用モデリスタアイテムにも採用、トーヨータイヤが「OPEN COUNTRY A/T III・M/T」のサイズラインアップを拡充
レスポンス
日産の「“次期型”スカイライン」どうなる!? 超美麗な“新型スポーティセダン”「V Qe」は何を示すのか
日産の「“次期型”スカイライン」どうなる!? 超美麗な“新型スポーティセダン”「V Qe」は何を示すのか
くるまのニュース
実は違反って知ってた? 気軽にやっているバイクのカスタム
実は違反って知ってた? 気軽にやっているバイクのカスタム
バイクのニュース
スライドドア&大型リアゲート搭載の 「ロビンソンAI」が登場予定
スライドドア&大型リアゲート搭載の 「ロビンソンAI」が登場予定
レスポンス
精確でダイナミックなV8エンジン搭載! ポルシェ新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」
精確でダイナミックなV8エンジン搭載! ポルシェ新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」
LE VOLANT CARSMEET WEB
TSテック、インドに四輪車用シートの新工場 2025年6月稼働開始
TSテック、インドに四輪車用シートの新工場 2025年6月稼働開始
日刊自動車新聞
日産 ノート e-POWER と平井大のコラボギター登場
日産 ノート e-POWER と平井大のコラボギター登場
レスポンス
「前の車を追ってください」本当に可能? 実際に“年イチ”で現る!? タクシーで「1度は言いたいセリフ…」 タクシー会社の回答は?
「前の車を追ってください」本当に可能? 実際に“年イチ”で現る!? タクシーで「1度は言いたいセリフ…」 タクシー会社の回答は?
くるまのニュース
スピードの出し過ぎには注意! 電動キックボードは下り坂で20km/h以上出したら違反なのか?
スピードの出し過ぎには注意! 電動キックボードは下り坂で20km/h以上出したら違反なのか?
バイクのニュース
中国GPで大苦戦のハミルトン。下位グリッドから追い上げ9位「人生でこれほどまでのアンダーステアを経験したのは初めてだった」
中国GPで大苦戦のハミルトン。下位グリッドから追い上げ9位「人生でこれほどまでのアンダーステアを経験したのは初めてだった」
motorsport.com 日本版
スバル、半導体のAMDと協業 最新SoCのAI画像認識でアイサイトを進化
スバル、半導体のAMDと協業 最新SoCのAI画像認識でアイサイトを進化
日刊自動車新聞
ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
レスポンス
世界を代表する“働くクルマ”! メルセデス・ベンツの多目的車「ウニモグ」の“どこでも行ける6×6仕様”を米国で発見
世界を代表する“働くクルマ”! メルセデス・ベンツの多目的車「ウニモグ」の“どこでも行ける6×6仕様”を米国で発見
VAGUE
F1、ジャンプスタートの取り締まりルール変更か? センサー未検出の問題受け話し合い進行
F1、ジャンプスタートの取り締まりルール変更か? センサー未検出の問題受け話し合い進行
motorsport.com 日本版
マツダ「ロータリーエンジン搭載ミニバン」がスゴい! 「RX-8」と“ほぼ一緒”の画期的モデルが存在! 実際に販売した超高性能車とは
マツダ「ロータリーエンジン搭載ミニバン」がスゴい! 「RX-8」と“ほぼ一緒”の画期的モデルが存在! 実際に販売した超高性能車とは
くるまのニュース

みんなのコメント

19件
  • cvy********
    人気と性能は比例しない。
  • ********
    初代2代目ハリアーはレクサスRXと同じだったが現行は中身RAV4のハリボテに成り下がった
    パワートレインも全く同じ

    カローラと同じステアリング、同古臭いガッチャンコシフトノブ
    軽トラみたいなリアウィンカーで全面安っぽい無塗装樹脂が目立つ
    しかも低性能生活四駆efour

    レクサスに忖度した手抜き仕様、実質ヴァンガード後継車

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8669.8万円

中古車を検索
ハリアーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8669.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村