現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している

ここから本文です
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
写真を全て見る(9枚)

 この記事をまとめると

■2023年暦年締めでの新車販売台数が発表された

2023年の軽自動車販売トップはダイハツ! 年末に発覚した不正の影響は限定的だが2024年は……

■ホンダN-BOXがトップで同車は軽四輪車で9年連続トップという結果となった

■最近のトヨタ車は商品改良のタイミングで納期が改善することが増えている

 2023年でもっとも売れたクルマとは

 自販連(日本自動車販売協会連合会)及び、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から2023年12月単月の車名(通称名)別新車販売台数が発表になったということは、2023暦年締め(1月~12月)での年間新車販売台数も発表されたことになる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
WEB CARTOP
海外のディーラーマンはライバル車に乗るなんて当たり前! 自社扱い車しか乗れない日本のディーラーは80年代を引きずりっぱなし
海外のディーラーマンはライバル車に乗るなんて当たり前! 自社扱い車しか乗れない日本のディーラーは80年代を引きずりっぱなし
WEB CARTOP
いまから頭金の貯金をするしかない! 2024年中にデビュー予定の国産新車11車種!
いまから頭金の貯金をするしかない! 2024年中にデビュー予定の国産新車11車種!
WEB CARTOP
アクア シエンタ CX-5 レガシィ でてくる前はけっこう心配されてたってマジか 前評判を覆したクルマたち
アクア シエンタ CX-5 レガシィ でてくる前はけっこう心配されてたってマジか 前評判を覆したクルマたち
ベストカーWeb
「やっぱり強いNボックス」 22カ月連続トップ 年度でも3年連続首位 3月の軽・新車販売
「やっぱり強いNボックス」 22カ月連続トップ 年度でも3年連続首位 3月の軽・新車販売
AUTOCAR JAPAN
「ハイブリッド車は売りやすい」 EV登場後も、ディーラーがHVの優位性を全然疑わないワケ
「ハイブリッド車は売りやすい」 EV登場後も、ディーラーがHVの優位性を全然疑わないワケ
Merkmal
日本一売れてる“日産”の「軽ハイトワゴン」!? 2年連続で国内シェア1位! “超静音”な電動「サクラ」が支持された理由とは
日本一売れてる“日産”の「軽ハイトワゴン」!? 2年連続で国内シェア1位! “超静音”な電動「サクラ」が支持された理由とは
くるまのニュース
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
VAGUE
2023年度の中古車登録・届け出台数、前年比2.5%増の645万1230台 5年ぶり増
2023年度の中古車登録・届け出台数、前年比2.5%増の645万1230台 5年ぶり増
日刊自動車新聞
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
WEB CARTOP
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
WEB CARTOP
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
660ccを舐めるなよ! 軽なのにココまでやるかの「メーカーの意地と魂」を感じるエンジン5選
WEB CARTOP
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
WEB CARTOP
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
ベストカーWeb
あのギザギザが使いやすかった! メルセデスを皮切りに軽自動車まで広がった「ゲート式シフト」が消えたワケ
あのギザギザが使いやすかった! メルセデスを皮切りに軽自動車まで広がった「ゲート式シフト」が消えたワケ
WEB CARTOP
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb

みんなのコメント

16件
  • xroyazy
    日本の人口比はもう3人に一人が65歳以上になってるので、軽四の比率も同じように上がって行くだろうから軽四をOE製品で賄ってるメーカーの国内戦略は厳しいだろうね
  • zpf********
    HONDA車以外ではMITSUBISHI車、SUZUKI車がわりといい方かな、でもHONDA車の素晴らしさにはかなわない
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0299.8万円

中古車を検索
N-BOXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.9188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0299.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村