サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、オコンとの初チームメイトバトルはひとまず勝利「チームオーダーを求めていたかも」

ここから本文です

 ルノーのダニエル・リカルドは、F1第2戦シュタイアーマルクGPの決勝レース中、タイヤ戦略が違うチームメイト、エステバン・オコンを抜けなければ、ポジションを入れ替えるチームオーダーを要求していただろうと語った。

 シュタイアーマルクGPの予選はウエットコンディションで行なわれたため、決勝は全車がスタートタイヤを自由に選ぶことができた。ルノーは5番手スタートのオコンにソフトタイヤを履かせた一方、8番グリッドのリカルドにはミディアムタイヤを装着した。

【動画】2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP予選・決勝ハイライト【動画】2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP予選・決勝ハイライト

 レースがスタートすると、6番手のオコンの真後ろにリカルドが続く展開となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン