現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ランクル70“軽”」世界初公開! 斬新「軽のランクル」って何? 話題の動画、なぜ誕生?

ここから本文です

トヨタ新型「ランクル70“軽”」世界初公開! 斬新「軽のランクル」って何? 話題の動画、なぜ誕生?

掲載 更新 20
トヨタ新型「ランクル70“軽”」世界初公開! 斬新「軽のランクル」って何? 話題の動画、なぜ誕生?

■え? トヨタが新型「ランクル70“軽”」を世界初公開!

 トヨタは「ランドクルーザー70」を2023年11月29日に発売しました。
 
 その翌30日には「LAND CRUISER CHANNEL / ランクルちゃんねる【トヨタ公式】」にて新型「ランクル70“軽”」が世界初公開されました。
 
 ランクルの軽とはどのようなモデルなのでしょうか。

【画像】「えっ…!」これが新型「ランクル70“軽”」 斬新な「軽」の理由を画像で見る!(50枚以上)

 ランクル70は、1984年の誕生以来、「信頼性・耐久性・悪路走破性」という価値を変えることなく、世界中のあらゆる過酷な環境下での多様な用途に応えています。

 日本では悪路走行に適したヘビーデューティ仕様として1984年から2004年の販売終了までラインナップされていました。

 その間、海外ではオーストラリアなどを中心に継続販売されており、日本でも「70シリーズ」の復活を望むファンの強い要望に応える形で誕生30周年を記念し、2014年に期間限定で発売しています。

 今回、海外では継続販売されているランクル70を改良。そのモデルを日本でも継続販売することになりました。

 ボディはそのままに内外装デザインを刷新。ボディサイズは全長4890mm×全幅1870mm×全高1920mm、ホイールベース2730mm。

 パワートレインは最高出力204馬力、最大トルク51kgf・mを誇る2.8リッター直噴ターボディーゼルエンジンに6速ATを組み合わせています。

 機能面は快適なオフロード・オンロード走行を可能にする高い操縦安定性を向上させました。

 そんな新型ランクル70ですが、冒頭のランクルちゃんねるでは、11月30日に投稿した動画で新型ランクル70“軽”をお披露目しています。

 この新型ランクル70“軽”は、発泡スチロールで1/1サイズのランクル70を再現したもの。

 発泡スチロールアーティストの山口真澄さんが制作したといい、その製作工程が動画で公開されています。

 動画内ではいくつかの大きなブロックに分けられた発泡スチロールを図面通りにカットしていく様子が見て取れます。

 ボデイ(上側)とシャシ(下側)に分けて、それぞれ細かなパーツまでひとつひとつ丁寧に作り込まれています。

 さらにタイヤの部分では丸くカットされた発泡スチロールにタイヤのトレッドパターンが描かれたシールを貼り、熱することで発泡スチロール表面にトレッドパターンの造形が出来るなど、見れば見るほどその完成度の高さに驚きを隠せません。

 そんな新型ランクル70“軽”は、どのような経緯で誕生したのでしょうか。企画を担当したトヨタ・コニック・プロの担当者は次のように話しています。

ーー 今回のランクル70軽の制作経緯や背景を教えてください。

 ファンや、そうでない人にもランドクルーザーというブランドの世界観に多く触れて、正しい理解をしていただきたいと思い、アーティストの方とコラボレーションすることで、『ランクルちゃんねる』の発信する他の情報を見ていただくきっかけになるのではないかと考え、製作しました。

ーー 完成後の予定(展示や活用法など)を教えてください。

 ランドクルーザーファンのための会員サービス『ランクルズ』で開催しているキャンプやオフロードレッスンイベントなどで展示することも検討しています。

 多くの人に1/1スケールのランドクルーザー”70″を見て頂きたいと思います。

※ ※ ※

 写真や動画だけでは、一見新型ランクル70の実車にしか見えない今回の作品。

 今後ランクル関連イベントで展示される機会もあるといい、実物を間近で見れるチャンスがありそうです。

こんな記事も読まれています

<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
レスポンス
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
motorsport.com 日本版
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
くるまのニュース
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
バイクのニュース
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
Auto Messe Web
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
Webモーターマガジン
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
motorsport.com 日本版
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
WEB CARTOP
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
WEB CARTOP
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
くるまのニュース
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
motorsport.com 日本版
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
WEB CARTOP
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
バイクのニュース
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
AUTOSPORT web
ホンダ、大阪/東京/名古屋のモーターサイクルショー2024出展概要を発表。日本初公開モデルを展示
ホンダ、大阪/東京/名古屋のモーターサイクルショー2024出展概要を発表。日本初公開モデルを展示
AUTOSPORT web
悲願の国道16号バイパス「千葉北西連絡道路」実現へ前進!? 概略ルート決定に向け調査スタートへ 大渋滞の野田市~印西市が超快適になる!?
悲願の国道16号バイパス「千葉北西連絡道路」実現へ前進!? 概略ルート決定に向け調査スタートへ 大渋滞の野田市~印西市が超快適になる!?
くるまのニュース
都会派ネイキッド電動スクーター、BMW『CE 02』…新写真出た!
都会派ネイキッド電動スクーター、BMW『CE 02』…新写真出た!
レスポンス

みんなのコメント

20件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索
ランドクルーザー70の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村