現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名車の影に「ロータス」あり! いすゞの「ハンドリング by ロータス」は名前貸しじゃなく「ガチ開発」のホンモノだった

ここから本文です

名車の影に「ロータス」あり! いすゞの「ハンドリング by ロータス」は名前貸しじゃなく「ガチ開発」のホンモノだった

掲載 10
名車の影に「ロータス」あり! いすゞの「ハンドリング by ロータス」は名前貸しじゃなく「ガチ開発」のホンモノだった

 この記事をまとめると

■いすゞにはかつて「ロータス」の名前を冠したモデルが存在していた

「SUBARUビッグホーン」に「いすゞ・ジェミネット」! 「そんなのあったっけ?」の衝撃OEM車7選

■GMに所属する密な関係性から、共同で開発するシーンが多かった

■いすゞはイルムシャーというジャーマンスポーツテイストなモデルも有していた

 いすゞの「ロータス」は名ばかりではない本格派だった

 ロータスは不思議なブランドだ。パワーユニットを自分で開発することは少なく、トヨタなどから拝借する一方で、他社のクルマの開発に多く関わっている。

 ほとんどの場合、デロリアンDMC12のように表に名前は出ないのだが、一方で1960年代のイギリスフォードのセダンボディを用いたロータス・コーティナのように、自分たちの車種として送り出してしまったものもある。

 そして日本車にも、ロータスの名前を冠したモデルがあった。いすゞのジェミニとピアッツァ、ビッグホーンの「ハンドリング by ロータス」だ。ビッグホーンの初代だけは「スペシャルエディション by ロータス」だったと記憶しているけれど、ロータスを名乗った日本車だったことは変わらない。

 いすゞとロータスの関係が生まれたのは、ゼネラルモーターズ(GM)が1980年代にロータスを傘下に収めたから。いすゞはその前からGMグループに属しており、家族のような関係になった。

 そのなかで、前輪駆動となって復活するエランが、いすゞのパワートレインを採用することになるとともに、いすゞはシャシーの開発をロータスに依頼することにしたのだ。つまり”なんちゃって”ではなく、ちゃんとロータスの手が入っている。

 第一弾になったジェミニのハンドリング by ロータスでは、当時のカーグラフィックの記事によると、ロータスは14種類のスプリング/スタビライザーの組み合わせ、コンパウンドや構造が微妙に異なる20のタイヤ、120種類のダンパーセッティングをテスト。走行距離は8万kmに及び、ニュルブルクリンクでも極秘走行をしていたという。

 すでにいすゞは、やはりGMグループのオペルのチューニングをしていたイルムシャーも仕様に加えていたので、ひとつの車種で英国風とドイツ風が選べるという貴重な存在でもあったのだ。

 当時、僕は旧いクルマを主に扱う専門誌の編集部にいて、新車のハンドリング by ロータスを試乗する一方、昔のエランやヨーロッパの取材もした。

 さすがに当時の印象ははっきりとは覚えていないけれど、ジャーマンスポーツそのものだったイルムシャーに比べると、ハンドリング by ロータスは身のこなしがしっとりしなやかで、ロータスらしさを感じたものだった。

 いすゞはジウジアーロ・デザインの117クーペや、GMのワールドカー構想から生まれたジェミニもそうだけれど、欧米のデザインやエンジニアリングを取り込みつつ、独自のブランドイメージを出すのがうまかった。

 海外ブランドを自慢したりせず、さらっと着こなしている人のような感じで、センスの良さが光っていたといまにして思う。

こんな記事も読まれています

井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
井戸田潤が初代NSXに出会った!和製スーパーカーに一同ホレボレ!
グーネット
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
続報 マジで歴史的英断か!? 東海道新幹線に個室座席新設で1323席のルールが破られるのか?
ベストカーWeb
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
ベストカーWeb
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
Auto Messe Web
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
AUTOSPORT web
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
AUTOCAR JAPAN
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
Auto Messe Web
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
くるまのニュース
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
AUTOCAR JAPAN
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
AUTOSPORT web
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
AUTOSPORT web
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
AUTOSPORT web
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
AUTOCAR JAPAN
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
AUTOSPORT web
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
AUTOSPORT web
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • cha********
    免許もない頃のクルマでしたがすごく惹かれるクルマでした。
    時期の前後は覚えてませんがこれとP10プリメーラは特に派手さもなかったのですが、なぜだか大好きで。
    変な子供だったなと思いつつ今でも記事などで見ると好きだった思い出が蘇ります。
  • yuk********
    足を締め上げたイルムシャーに対ししなやかに動かしたロータスだった。けどベースのボディがゆるくて今ひとつ設計通りには…って感じだったな、でも当時としては楽しいクルマだったよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.0199.0万円

中古車を検索
ビッグホーンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

55.0199.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村