現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 左右でホイールベースが違う! そんなクルマあるわけねーだろと思ったらまさかの傑作商用車がそうでした!

ここから本文です

左右でホイールベースが違う! そんなクルマあるわけねーだろと思ったらまさかの傑作商用車がそうでした!

掲載 15
左右でホイールベースが違う! そんなクルマあるわけねーだろと思ったらまさかの傑作商用車がそうでした!

 ガソリン自動車がこの世に生まれて130年あまり。その間にはいろんな変態グルマが誕生した。今回紹介したいのは、左右でホイールベースが違うクルマ。コーナー曲がるときとか、なんにも困らなかったのだろうか!?

文/ベストカーWeb編集部、写真/Adobestock(トビラ写真=art_zzz@Adobestock)

左右でホイールベースが違う! そんなクルマあるわけねーだろと思ったらまさかの傑作商用車がそうでした!

■ルノー初のFF車「4」がそれ!

世界初のハッチバックとも言われるルノー4(Belogorodov@Adobestock)

 古今東西、クルマは左右対称だと思っていた。ところが世の中なにごとにも例外があるもので、過去には左右でホイールベースが違うクルマが存在した。いや「存在した」なんてもんじゃない。売れに売れて歴史に名を刻む名車になっちまったのだ。

 そのクルマこそ、フランスの誇る「ルノー4(キャトル)」。いまや街角で目撃することはほとんどないが、その愛らしさから今でも一部のマニアに愛され続けている傑作車だ。

 4のプロフィールを簡単に紹介すると、ライバルのシトロエンが作った2CVを打ち負かさんとルノーが作った万能小型車。スタイル的に大量の荷物を積めない2CVに差を付けるべく、後席背後に広い荷室を設けたのだが、その結果「世界初の量産ハッチバック」という栄えある称号も手に入れた。

 話題はそれだけじゃない。4はルノー初のFF車だったのだが、エンジンは縦置きでミッションが一番前にあった。そのためミッションからエンジンをまたいで室内まで、長いロッドが伸びており、運転手はこの棒を押したり引いたりしてシフトチェンジを行ったのだ。

■FFなら後輪はなんでもいい?

トレーリングアームの車体型取り付け点が左右で異なるのがホイールベース違いの原因(frizio@Adobestock)

 で、なんで左右でホイールベースを変えにゃならんかったのか? そこにはリアサスペンションの構造が影響している。4のリアサスはフルトレーリングアームで、床下から後ろに延ばしたサスペンションアームの先にタイヤが付いていた。

 問題は、そのサスペンションアームの車体側の取り付け位置。4はここから車体の横方向に、トーションバー(金属棒のねじれを利用したスプリング)を付けて車体のショックを吸収していたのだが、右輪用と左輪用、2本の長いトーションバーを車体左右に貫通させなければならない。

 普通なら、ホイールベースをそろえるため2本は上下に並べて取り付ける。ところがそれでは床面を高くなって荷室が狭くなるというわけで、キャトルは2本のトーションバーを前後にずらして取り付けた。その結果、右側のホイールベースが左より約50mm長くなったのだ。

 当時は前輪駆動の研究が未熟で、「FFの後輪は付いてりゃOK」という発想だったとも聞く。実際、ルノー4はさしたる不具合も起こさず、1961年からなんと31年間も作られ続けた。約835万台という生産台数は、単一車種としてはVWビートルとT型フォードに次ぐ、世界第3位の記録なのだそうだ。

 ちなみにルノーは、4の後継車である5(サンク)にも同じサスペンションを用いたから、初代5のホイールベースも左右で異なっていた。

「やむを得ぬ事情で左右のホイールベースを変えます」。こんな理屈、いまどきの自動車開発で言い出したらどう判断されるのだろうか?(笑)

こんな記事も読まれています

発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
レスポンス
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web

みんなのコメント

15件
  • pro********
    4自体は商用車ではありません。
    ボディ後半を大きな四角い箱に造りかえたフルゴネット(カングーの祖先的存在)ならそうも言えますが。
  • hab********
    世間の道がデコボコなら、多少のことは気にならないでしょうね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3200.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1580.02100.0万円

中古車を検索
FFの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3200.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1580.02100.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村