現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「ストリーム」とトヨタ「ウィッシュ」はまるで双子! スリーサイズまで同じ両車の類似点と相違点を振り返ります

ここから本文です

ホンダ「ストリーム」とトヨタ「ウィッシュ」はまるで双子! スリーサイズまで同じ両車の類似点と相違点を振り返ります

掲載 62
ホンダ「ストリーム」とトヨタ「ウィッシュ」はまるで双子! スリーサイズまで同じ両車の類似点と相違点を振り返ります

5ナンバー・3列7人乗りの「ちょうどいい」ミニバン

 初代「ストリーム」がホンダから登場したのは2000年10月のこと。当時のホンダのミニバンというと、大ヒット作となった「オデッセイ」は2周目(2代目)に突入、ボクシィな実用車だった初代「ステップワゴン」も2001年のフルモデルチェンジを控えた成熟期、さらにラージクラスとしてカナダ生産・北米市場向けの「ラグレイト」が、右ハンドル化されて日本市場へも投入されていた……そんな布陣を敷いていた頃だった。ミニバンといえばホンダ、といった新たなイメージが確立しつつある時期。車名のストリームは、もともとはホンダが1980年代に生産していた3輪のスクーターの名である。

どこで道を間違えたのか? 時代を作ったホンダ・オデッセイが消滅に至るまでの歴史

スポーティで走りも楽しめるミニバン「ストリーム」

 初代ストリームはホンダのミニバンの商品ラインアップに彗星のごとく姿を現した。ベースとなったのは当時の7代目「シビック」で、いま振り返ってみると、同世代だけにスタイリングにも共通項がなくはない。

 ちなみに当時のシビック・5ドアハッチバックが「ビッグキャビン」をうたい文句とし、余裕をもった全高(1495mmまたは1515mm)、前後左右のウォークスルーが可能なフラットフロアなど、M・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)に基づいたパッケージングを構築していたが、ストリームではちょうどその資質をさらに伸ばした形。とはいえホイールベースはシビックの2680mmに対して2720mmと、わずか40mmだけ伸ばしたサイズで、3列/7人乗りを実現したのだった。

 箱型のステップワゴンというより、より乗用車的だったオデッセイのより手頃なボディサイズ版といった位置づけで、若いファミリーをターゲットにしていたことから、スポーティで走りも楽しめるミニバンとしても打ち出していた。余談であるが、このクルマの正式発表直前、筆者は北海道・鷹栖のホンダのテストコースで出来たばかりの完成車の試乗をした経験がある。ドイツ・ニュルブルクリンクを模したワインディングで、攻めた走りにも応える実力をサードシートに座って思い知らされたのだが、その時にステアリングを握っていたのは、初代ストリームの開発責任者だった藤原 裕LPLだった。

 ちなみにストリームにはデビュー後ほどなく2Lのi-VTEC DOHCの新開発エンジン(K20A型)を搭載。この高性能エンジンを搭載するスポーティグレードとして「iS」が用意された。そのほか1.7LのSOHC VTEC(D17A型)も用意された。バリエーションのすべてにFFと4WDが用意されていたのは、今手元にあるカタログ(2001年10月のもの)を眺めて知ることができるが、記載されている当時の希望小売価格をみると、もっともシンプルな1.7LのGグレードのFF車で158.8万円からと(トップモデルのiS・4WDで227.8万円)、相当に頑張った「お値打ち価格」になっていたことも改めてわかる。

同サイズボディに広めな室内のファミリー志向「ウィッシュ」

 さて、ホンダ・ストリームが彗星のごとく姿を現したのだとすると、トヨタ「ウィッシュ」は、ある意味で衝撃的な登場を果たしたクルマだった。

 なにしろ2003年に、初代ホンダ・ストリームとは、驚くべきことにまったく同一のボディサイズで登場してきたからである。全長×全幅×全高はウィッシュが4550×1695×1590mm、ストリームもなんと4550×1695×1590mm(いずれもFF車、4WD車は全高が5mmだけ違う)。ホイールベースはストリームの2720mmに対しウィッシュは2750mmと30mm長い。しかし、それにしてもクラスもコンセプトも同じくするモデル同士であるとはいえ「よくもここまで!」と感心させられるほどの数字の重なり方。これはもう、話題作りか何かを目的にあえてそうした……としか思えなかった。

 じつは初代ウィッシュは登場時に開発エンジニア、デザイナーなどに取材をする機会があり、もちろんチーフエンジニアの吉田 健さんにもインタビューをした。だが、(今でも鮮明に覚えているのだが)インタビューの場で顔を合わせるなり「わかってるよね、ボディサイズの件はわざわざ話題にしなくていいからね」と、無言のうちのメッセージ(プレッシャー?)を受け取ったような気がして、そのインタビューで筆者はついに「その件」を問いただすことができなかった。いずれにしても、すべての国産車のスペックが頭の中にあるわけではないが、かなり珍しいケースだったことは確かだ。

 ウィッシュだが、もちろん3列/7名乗り(6名乗りのグレードもあった)のシート配列、ゲート式のインパネシフトなど、インテリアも酷似した造りだった。ただし数値で追うと、ウィッシュはストリームに対して室内高は同じ1310mmだが、室内長は60mm長く室内幅は20mm広く、フロントシートの座面幅は10mmだけ幅広い……と要所要所で数値を上回らせていた。室内寸法は計測方法、実際の印象が重要で数値はあまり意味をもたないとはいえ、さすがトヨタ! といえる采配だったというべきか。

 さすがトヨタ、の部分ではウィッシュにはオーバーフェンダーを装着し全幅を1745mmとしたスポーティグレードの「2.0Z」があった。このグレードは6名乗りだったが、ちょっとコダワリ派のユーザーの心をくすぐるグレードだった。とはいえ総じてスポーティ指向のキャラクター、走りのストリームに対して、あくまでもカローラの延長といったファミリーカーとして万人から支持された商品性の高さは、「後出し何とか」ではあったがウィッシュのポイントだったのである。

こんな記事も読まれています

こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
こんなヒトは合宿向き!? “自動車教習所のセンセイ”達に聞いた、免許取得の実態とは
グーネット
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
「ホイールナットが手で緩むんですけど……」 若き「学生整備士」が地域を救った!! 八丈島から日本を変える愛車無料点検イベントってなんだ
ベストカーWeb
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
エスクードサイズのBEVが日本でも発売!? インド生産のコンパクトSUV「eVX」が2025年登場か
ベストカーWeb
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
Juju担当の“ジェネレーションギャップ”/コーナー名、通じず/トゲトゲしてる?etc.【SFメディアデー・ダイジェスト】
AUTOSPORT web
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
R’Qs MOTOR SPORTS、2024年もメルセデスAMGでGT300参戦へ。ドライバーは4名体制
AUTOSPORT web
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
DSオートモビル「DS3」華やかなインテリア 匠のワザ光る特別モデル登場
グーネット
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
トヨタ「ランドクルーザー250」米国版はターボハイブリッド! レトロな“1958”モデルも
グーネット
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
残るひとつのシートの行方は。TGM Grand Prixから参加するハイマン「今回のテストにかかっている」
AUTOSPORT web
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
フォレスターBEVが誕生!? 2025年にスバル独自開発のBEVを投入!! 航続距離700kmを目指す!
ベストカーWeb
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
戦闘機感あふれる限定カラー「アームズグレー」がオススメ! レイズ「VERSUS VV21S」のロービジ塗装に注目です
Auto Messe Web
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
ショウエイ「グラムスター」に HEIWA MOTORCYCLE オリジナルデザインのグラフィックモデルが登場!
バイクブロス
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
ショウエイのツーリングフルフェイス GT-Air3 にグラフィックモデル「REALM/レルム」が登場!
バイクブロス
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
【24’ 2/19最新】レギュラーガソリン平均価格174.3円 6週連続の値下がり
グーネット
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
「高速PAがゴルフ練習場」見納めへ 阪神高速のオアシス「路外PA」施設閉鎖に惜しむ声
乗りものニュース
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
見た目は旧式 中身は最新! EVなら悪路が簡単になる MWモーターズ・スパルタンへ試乗 
AUTOCAR JAPAN
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
1日に短縮で転倒相次ぐSBKテスト。BMWのラズガットリオグルが首位、鍵となるタイヤライフに各メーカーが苦戦
AUTOSPORT web
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
シートベルトしめて!!「後部座席の半数以上が未着用」義務化から15年以上経過 改善みられず?
乗りものニュース
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
アルファロメオ、最新SUV『トナーレ』に“ヴェローチェ・スマート・パッケージ”を160台限定導入
AUTOSPORT web

みんなのコメント

62件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

204.7262.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.088.9万円

中古車を検索
ストリームの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

204.7262.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.088.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村