現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ「新型2ドアスポーツカー」登場なるか! 「次期型RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルの市販化が“前進中”!? 期待高まる「ICONIC SP」とは

ここから本文です

マツダ「新型2ドアスポーツカー」登場なるか! 「次期型RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルの市販化が“前進中”!? 期待高まる「ICONIC SP」とは

掲載 12
マツダ「新型2ドアスポーツカー」登場なるか! 「次期型RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルの市販化が“前進中”!? 期待高まる「ICONIC SP」とは

■マツダ「ロータリーエンジン」 新時代の起爆剤になるか

 マツダは2024年2月1日に、新時代に適合したロータリーエンジン(RE)の研究開発を加速させると発表しました。
 
 すでに「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」が新たなRE搭載モデルとして販売されていますが、新たにスポーツモデルの投入にも大きな期待が寄せられています。

【画像】超カッコイイ! これが「新型ロータリースポーツ」の内装です! 画像で見る(48枚)

 REは1967年に登場したスポーツクーペ「コスモスポーツ」に初めて搭載されたエンジンです。

 おにぎりのような形状を持つ「ローター」を回転させることで動力を発生させる仕組みで、小型かつ軽量であり、高出力や高い静粛性、構造がシンプルという特徴があります。

 一方で、実用化は非常に難しく、唯一成功したのがマツダ(当時は東洋工業)でした。以来、スポーツモデル「サバンナ」や上級モデル「カペラ」「ルーチェ」に加えて「ファミリア」などの一般的なモデルにも搭載されました。

 国産スポーツカーの代表的モデル「RX-7」にも搭載されたほか、耐久レースを代表するル・マン24時間レースでは、1991年にRE搭載の「787B」が日本勢初優勝を飾るなど、その性能や技術が評価されてきました。

 一方、2012年6月に4ドアスポーツカー「RX-8」の生産が終了。REの生産も停止していました。

 そうしたなか、2023年1月にはコンパクトSUV「MX-30」のプラグインハイブリッドモデル「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」が世界初公開。発電用としてREが搭載され、11年ぶりに生産を再開します。

 日本や欧州での展開が開始となり、こうして市場にRE車が復活を果たしたのです。

 さらに、2023年10月に開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023」ではロータリーエンジンを搭載する2ドアスポーツカーのコンセプトモデル「ICONIC SP(アイコニックSP)」が世界初公開されました。

 マツダによれば、アイコニックSPは「企業理念である『前向きに今日を生きる人の輪を広げる』を具現化し、人々の中にある『クルマが好き』という気持ちに応えた未来の提案」だとしています。

 最大の特徴はパワートレインで、マツダ独自のRE技術を用いたプラグインハイブリッドシステム「2ローターRotary-EVシステム」を搭載し、最大出力370馬力を発揮。

 大容量のバッテリーを搭載しつつも、車両重量を1450kgに抑え、前後重量配分も理想とされる50:50に近づけることで、高い走行性能を実現しています。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、ホイールベース2590mmとコンパクトなサイズを持ちます。

 デザインはマツダ車共通の最新デザイン「魂動デザイン」を採用しつつも、往年の名車の意匠が随所に取り入れられました。

 特にフロントはRX-7や初代「ロードスター」(ユーノスロードスター・NA型)などのようなリトラクタブル式を装備したほか、ボディサイドはグラマラスなラインやドア周辺部の処理が、3代目RX-7(FD3S型)を想起させるクラシカルな仕上がりです。

 ジャパンモビリティショー2023での初公開時は、名車の面影を残すデザインやRE搭載という点で多くのスポーツカーファンからの注目を浴び、一部では「RX-7の再来」「ロータリースポーツカーの復活」などと大きな話題になりました。

 その後、名古屋、大阪、福岡、札幌で開催された各モビリティショーにおいても登場するなど存在感を高めています。

 そして、2024年1月開催のカスタムカーショー「東京オートサロン2024」において、マツダの代表取締役社長兼CEOの毛籠 勝弘氏は報道発表の場で、以下のように話しています。

「アイコニックSPに対し、極めて大きな反響、そして熱烈な声をいただき、我々も感激しました。

 そこでなんとか(市販化を)実現できるように、まずロータリー開発部門のスタートを切りました。

 これはまだまだ解決しなければならない技術的な課題があり、ハードルも物凄く高いです。

 しかしマツダが得意とするあくなき挑戦精神で立ち向かってみようと、現在社内の奮起を期待しているところです」

 アイコニックSPの市販化を目指しているとする説明に加え、2月1日付けでマツダ社内のパワートレイン開発本部パワートレイン技術開発部に「RE開発グループ」が復活。

 発電機用エンジンとしてREの継続的な進化が明言されるとともに、アイコニックSPの登場についても、ますます期待したいところです。

こんな記事も読まれています

トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

12件
  • HIDE
    マツダさんはコンセプトカー屋さんですね。一体何がしたいのやら。
  • one********
    あと2~3年が勝負でしょう
    早めに商品化しないとskyxみたいに忘れ去られてしまいます

    ロータリーを知っている世代がいるうちにです
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.8269.8万円

中古車を検索
MX-30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.8269.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村