サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「名門チューナーが示すトヨタ86チューンの現在地」360馬力の過給機仕様でFRスポーツを味わい尽くせ!

ここから本文です

「名門チューナーが示すトヨタ86チューンの現在地」360馬力の過給機仕様でFRスポーツを味わい尽くせ!

2.1L+GTスーパーチャージャーで武装

駆動系&サスセットでFRらしさを演出!

「元ジムカーナ仕様のGVBインプレッサが放つステージを選ばない速さ!」競技車両をリメイクした高バランスパッケージに注目


今回紹介するのは、最高速、ゼロヨン、サーキットと、様々なフィールドでその手腕を発揮してきた名門“トライアル”のデモカー。あらゆるステージでマルチに楽しめる仕様を狙って製作された、スーパーチャージャー仕様の前期型86だ。

当初はコスト面も考慮してエンジン本体には手を加えていなかったが、FA20チューニングの可能性を追求するべく2.1L化とともに、ヘッドチューン、強化シリンダーライナーといったアップデートを敢行。さらに、NAチューンではストレスフリーの痛快さが引き出せないと判断して、HKSのGTスーパーチャージャーをインストール。これにより最高出力は360psに達している。

基本的に軽量化していないストリート仕様では、過給機チューンのポテンシャルに対し、パッド交換レベルではアンバランス。ストッピングパワーへ余裕を持たせることが安定した挙動へと繋がるため、後期からオプション採用されたブレンボキャリパー(F4ポット+345mmローター R2ポット+316mmローター)を流用してブレーキを強化する。サスペンションはHKSのハイパーマックスMAX IV GTで、スプリングにはアイバッハ(F10kg/mm R8kg/mm)を組み合わせる。

ホイールは軽量かつサーキットでの実績も豊富なボルクレーシングTE37SL(FR10.5J+38)で、タイヤには360psのパワーを受け止めるために前後とも295/30-18のアドバンAD08Rを装着する。

室内はストリート仕様そのもの。シートは抜群のホールド性を誇るレカロのフルバケットモデルTS-G GKブラック/ブルーだ。なお、快適仕様でまとめ上げているトライアル86だが、ミッションマウントのみリジッド化を敢行。これはスポーツ走行を楽しんでいる際に、シフトチェンジしづらくなる症状を解決するためのもの。テンポ良く走りが楽しめるようになるため、結果的に走りの挙動も安定する。

エクステリアはトライアル謹製のオリジナルボディキットでフル武装。とくに強力なダウンフォースを産み出す大型ウイングは、車検対応の範囲内でどこまで性能を引き出せるかに挑戦した野心作。可変式で、純正のスタイリングに馴染むデザインが特徴的だ。

このチューンドをセントラルサーキットで走らせた佐藤公哉選手は「パワーは十分ですね! どこから踏んでも大トルクが立ち上がってくれるし、高回転でも伸びていきます。足回りはフロントの入りが良く、コーナリング性能も高い。リヤのストロークはもう少し欲しいところですが、アクセルコントロールで狙ったラインをトレースしていけるから許容範囲。非常に楽しいクルマですよ」と評価。

一部分を突出させてしまうのではなく、ベース車両を分析してバランシングするトータルチューン。誰もが痛快に走らせることができるオールラウンダー仕様こそ、FRを楽しむためのベストアンサーと言えるだろう。

●問い合わせ:トライアル 大阪府堺市美原区丹上87-1 TEL:072-362-7779

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します