現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?

ここから本文です

2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?

掲載 50
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?

 日産は2024年4月11日、2023年度(2023年4月~2024年3月)の国内販売でサクラが3万4083台となり、前年の2022年度に引き続いてEVの国内販売台数1位を獲得したと発表した。詳細をお伝えしよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、日産

2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?

■2023年7月に受注累計台数5万台突破!

日産サクラ。バッテリー搭載量を抑えたことで低価格を実現した軽EV

 サクラは2022年5月に発表された軽EV。2019年の東京モーターショーで出展されたコンセプトモデル、「IMk」がもとになっており、三菱との共同会社であるNMKVとの共同開発で誕生した。三菱側からはeKクロスEVとして発売されている。

 パワートレーンには最高出力64ps/最大トルク19.9kgmのリチウムイオンバッテリーを搭載する。そのプラットフォームにはデイズと同じくCMA-Aプラットフォームを採用しているが、バッテリーを搭載するためにフロア形状が変更されている。

 2023年7月には受注累計台数が5万台を突破。2023年12月には価格を改定し、「S」が249万3700円、「X」が254万8700円、「G」が304万400円。

 国からの補助金は2024年3月に経済産業省から発表され、上限額の55万円となっている。ちなみにほかの補助金上限額はEV(軽を除く)が85万円、PHEVが55万円、FCVが255万円となっている。

 東京都に住んでいる場合、都からの補助金45万円も受けられるため、合サクラ購入に当たっては計100万円の補助金が受けられるのは大きいだろう。これを背景に、サクラの地域別販売台数の内訳は東京都を含む関東地方が32%を占め、トップとなった。

[articlelink]

■国内EV購入者の5人に2人はサクラを選んでいる!

 日産の発表によると、国内全体のEV販売台数のうち約41%をサクラが占めたという。また、法人や自治体での導入ケースも進んでおり、営業車や商品配送車、空港内での荷物輸送牽引車などとしても使われている。

 ちなみにサクラのユーザーは30%以上が最上級グレードの「G」を選択しており、ボディカラーはホワイトパールが1番人気でホワイトパール/チタニウムグレーの2トーンが続く。

サクラはJALグループで伊丹空港での牽引車としても活躍しているのだ

 2023年度のEV販売ランキングは1位がサクラで3万4083台、2位がリーフの7100台、3位がアリアで6300台と日産EVがトップ3を占めた。以下、eKクロスEV4400台、テスラモデルY3000台、ミニキャブMiEV2900台、アウディQ4の2200台、テスラモデル3の2000台、VW ID.4の1900台、レクサスRZ450E1400台、BYD ATTO3の1300台が続く。

 日本全体でのEVシェアでは57%が日産EVでトップを占めている、EV購入者のうち5人に2人がサクラを選んでいることになる。

サクラのインテリア

 サクラが市場投入されたことにより、2023年度のEV販売比率は2021年度から約3倍の1.8%にまで増加。そのうち、日産のEV販売構成比は10%を占める。さらに2023年度の軽ハイトワゴン市場の約50万台中、サクラは6.9%を占めているという。

 また、日産のユーザーに行った調査でオーナーの戸建て比率は90%と、軽自動車全体での69%を大きく上回っている。

 国からの補助金が今回も上限額となっているサクラのEV販売ナンバーワンは今後もしばらく続きそうだ!

こんな記事も読まれています

装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
ベストカーWeb
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
ベストカーWeb
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
ベストカーWeb
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
AUTOSPORT web
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
AUTOSPORT web
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
ベストカーWeb
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
AUTOSPORT web
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
motorsport.com 日本版
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
AUTOSPORT web
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
AUTOSPORT web
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
Auto Messe Web
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
motorsport.com 日本版
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
AUTOCAR JAPAN
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
AUTOSPORT web
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
Auto Messe Web

みんなのコメント

50件
  • ********
    国内EVであれば安心して乗り続けられる
    海外EVは何かと危険で使いづらい

    それが販売数にも表れるよね
    即刻、海外EVの補助金は撤廃を
  • ********
    サクラの駆動用バッテリーはアウトランダーPHEVと同じ(容量も同じ)エンビジョン製

    今までバッテリー由来の火災事故を一度も起こしたことがない

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

253.7308.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

121.9315.0万円

中古車を検索
サクラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

253.7308.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

121.9315.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村