現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レトロな丸目4灯の新型「ハッチバック」実車展示! ホンダ車に斬新デザイン採用で話題沸騰!? ミツオカ「M55」のベースはナニ?

ここから本文です

レトロな丸目4灯の新型「ハッチバック」実車展示! ホンダ車に斬新デザイン採用で話題沸騰!? ミツオカ「M55」のベースはナニ?

掲載 25
レトロな丸目4灯の新型「ハッチバック」実車展示! ホンダ車に斬新デザイン採用で話題沸騰!?  ミツオカ「M55」のベースはナニ?

■話題沸騰のミツオカ「M55」 そのベースはなんなのか?

 SNSなどで話題沸騰の光岡「M55コンセプト」ですが、現在東京都内のミツオカ麻布ショールームに展示されています。
 
 ベースとなるのはホンダ「シビック」だと言われますが、M55と比べるとどのような違いがあるのでしょうか。

【画像】丸目4灯が超カッコイイ! 「M55」を画像で見る(81枚)

 ミツオカは2023年2月に創業55周年を迎えまています。

 ここ最近では、2018年に創業50周年記念モデル「ロックスター」を、2020年にはミツオカ初のSUV「バディ」を発表しました。

 さらに2023年で30周年を迎えた「ビュート」の後継モデル「ビュート ストーリー」を発表するなど、様々モデルを展開しています。

 そんな中M55は、1968年に創業したミツオカが2023年に55周年を迎えたことを記念して作られました。

 2023年11月16日に発表されたM55は、ホンダ「シビック(6速MT車)」ベースとして製作。

 ターゲットはミツオカ創業当時に生まれ、同じ世代を歩んできたユーザーだと言います。

  デザインはトヨタ「セリカ」や日産「スカイライン(ケンメリ)」、ダッジ「チャレンジャー」といったスポーツモデルを彷彿とさせるエクステリアです。

 とくに印象的なフロントデザインはボンネット先端が突出した逆スラントにして、一段奥まった部分に丸目4灯ヘッドライトやメッシュグリルやヘッドライトを配置することで、個性的な佇まいとなっています。

 またフェイスチェンジすることで、先進的でスタイリッシュな印象のシビックとは全く別モノの印象を付与しました。

 サイドビューでは、レトロさを感じさせるホワイトレタータイヤにブラックホイールを組み合わせています。

 また前後フェンダー部分はワイドに広がるような造形になっていることで、シビックよりも存在感があるスタイルに。

 リアにはウインドウルーバーやダックテールスポイラーを備えることでどこか懐かしいさのある後ろ姿を印象付けています。

 スタイリッシュなシビックとM55のリアビューを比べると全体的に造形が異なることに加えて、リアエンド周りではシビックがボディ同色ナノに対して、M55はメッキで覆いつつ中央をブラックアウトすることで引き締めた後ろ姿となっています。

 インテリアは最近のホンダ車で共通する水平基調に加えて、ディスプレイオーディオを配置や、センターから助手席側にかけてメッシュ造形、シフトレバー周りはシビックのままです。

 変更点でいえばハンドル中央の「Hマーク」が「MITSUOKA」に変わっていることや、シートが青みがかったレザー表皮(ハトメ加工)となり、ヘッドレストや肩部分にミツオカマークや「MITSUOKA M55 CONCEPT」というエンボス加工が施されています。

 このようにベースのシビックとM55では主に見た目の部分で大きく変わっていることが分かりますが、ユーザーからは「見た目が超好みで、シビックとは分からなかった」、「シビックのデザインもいいけど、このデザインのキットがあれば欲しい」、「丸目4灯というだけで好み。ホンダとミツオカのコラボで出ないかな」という声が聞かれました。

※ ※ ※

 なお発表時には「市販化については予定はない」とアナウンスされていましたが、多くの人から注目されたこともあり担当者は「『市販してほしい』という声も多く、ベースであるシビックの供給体制が整えば、むしろ市販化したい」と語っていました。

 そんなM55は、2023年12月16日までミツオカ麻布ショールームにて展示。

 その後、2024年1月12日から28日には富山ショールームでの展示を予定しています。

こんな記事も読まれています

2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「ミアータ」登場! 「GT」仕様アリの「コンパクトスポーツカー」“540万円超え”に嘆きの声も…米に登場
2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「ミアータ」登場! 「GT」仕様アリの「コンパクトスポーツカー」“540万円超え”に嘆きの声も…米に登場
くるまのニュース
STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
レスポンス
基本骨格はほぼ同じ……なのにハリアーがクラウンスポーツに一体感が劣るワケって? トヨタのプレミアムSUVを直接比較
基本骨格はほぼ同じ……なのにハリアーがクラウンスポーツに一体感が劣るワケって? トヨタのプレミアムSUVを直接比較
ベストカーWeb
3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
レスポンス
「最も多い違反」&「最も反則金が高い違反」って何? 最新「違反取締り状況」から見えた「意外な現状」とは
「最も多い違反」&「最も反則金が高い違反」って何? 最新「違反取締り状況」から見えた「意外な現状」とは
くるまのニュース
自動車アフターマーケットの展示会「IAAE2024」、東京ビッグサイトで開幕 過去最大の418社・団体が出展
自動車アフターマーケットの展示会「IAAE2024」、東京ビッグサイトで開幕 過去最大の418社・団体が出展
日刊自動車新聞
バイクとクルマのいいとこどり! おきがるトライク「APtrikes125」2024年モデルが発売!
バイクとクルマのいいとこどり! おきがるトライク「APtrikes125」2024年モデルが発売!
バイクブロス
アルピーヌ、F1開幕戦は”予想通り”の後方フィニッシュ。18位ガスリー「皆で団結している。辛抱強くあることが必要」
アルピーヌ、F1開幕戦は”予想通り”の後方フィニッシュ。18位ガスリー「皆で団結している。辛抱強くあることが必要」
motorsport.com 日本版
旧車趣味に必要なものはガレージにパーツに……ってそれだけじゃ維持できない! じつは「主治医」が何よりも大切だった
旧車趣味に必要なものはガレージにパーツに……ってそれだけじゃ維持できない! じつは「主治医」が何よりも大切だった
WEB CARTOP
スーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。GT300は年間エントリーより2台少ない25台の参加に
スーパーGT岡山公式テストのエントリーリストが発表。GT300は年間エントリーより2台少ない25台の参加に
motorsport.com 日本版
320馬力×6速MTだと!? ホンダ新型「超速ハッチバック」登場! めちゃ戦闘力強化された「インテグラ タイプS」に「ほしい」反響多数
320馬力×6速MTだと!? ホンダ新型「超速ハッチバック」登場! めちゃ戦闘力強化された「インテグラ タイプS」に「ほしい」反響多数
くるまのニュース
F1分析|バーレーンGP圧勝フェルスタッペン、それでもかなりの余裕残しか? 昨年以上の強さの予感
F1分析|バーレーンGP圧勝フェルスタッペン、それでもかなりの余裕残しか? 昨年以上の強さの予感
motorsport.com 日本版
BYDが日本市場に毎年1台新型車を投入…3つのアップデートを発表:2024からの戦略
BYDが日本市場に毎年1台新型車を投入…3つのアップデートを発表:2024からの戦略
レスポンス
超レトロな「新型スポーツカー」25年に発売へ 6速MT×丸目4灯の“旧車デザイン”採用! ミツオカ「新型M55」登場予告に大反響
超レトロな「新型スポーツカー」25年に発売へ 6速MT×丸目4灯の“旧車デザイン”採用! ミツオカ「新型M55」登場予告に大反響
くるまのニュース
“究極のSUV” メルセデスAMG「G63」にゴールドの差し色がまぶしい特別仕様車登場! 235台のみの限定車
“究極のSUV” メルセデスAMG「G63」にゴールドの差し色がまぶしい特別仕様車登場! 235台のみの限定車
VAGUE
扱いやすさはピカイチ!普通二輪免許で乗れるハーレーダビッドソン『X350』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
扱いやすさはピカイチ!普通二輪免許で乗れるハーレーダビッドソン『X350』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選
車室内置き去りゼロへ!! タイヤ摩耗はクラウドで一括管理! 世界のビックリ最先端技術8選
ベストカーWeb
FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、2023年F1サウジGPでペナルティ撤回に介入? 倫理委員会が疑惑を調査中との報道
FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長、2023年F1サウジGPでペナルティ撤回に介入? 倫理委員会が疑惑を調査中との報道
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

25件
  • nom********
    どう見てもバランスが悪い!
    これの何処がかっこいいのか理解出来ない…
  • sak********
    もう何度もこの記事見てます。いい加減飽きたよ!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8269.8万円

中古車を検索
シビックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8269.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村