現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました

ここから本文です

かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました

掲載 3
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました

ステアリングを切り込むとアルファ ロメオらしさが感じられた

モータージャーナリストの島崎七生人さんが年末年始にかけてアルファ ロメオ「トナーレ プラグインハイブリッドQ4ヴェローチェ」をインポーターの休暇中に借り出しました。実際に自分の生活の中で乗って試した印象をお届けします。

イタリアのパトカーにアルファ ロメオ「トナーレ」が就任! 歴代アルファの警察車両を振り返ろう

元アルフィスタはSUVの「トナーレ」をどう感じ取る?

個人的な話で恐縮だが、何を隠そう筆者はかつてアルファ ロメオのV6エンジン搭載車に5台乗り継いだことがあった。終盤の頃の164(最小回転半径の大きさに手を焼き8カ月で手放した)を皮切りに、GTVの最初の2Lターボ(タペットがイッたり、シフトノブが抜けたりした)、スタイルと走りに一目惚れした156の6速MT(走行中にクラッチレリーズがパスン!とイッた)、そして166×2台(ATをリビルド品に乗せ替えたり、運転席のパワーウインドウスイッチが何度かイッたりといろいろあったが惚れ込んで2台乗り継いだ)がその内訳。( )内にトピックのごく一部を記したが、こう見えてもいずれも新車で、大小のトラブルのほとんどは新車保証で面倒を見てもらいながら乗り切っていた。

自身の車歴ではドイツ(5台)、イギリス(3台)、日本(4台)などの各ブランドにも乗ってきたが、アルファ ロメオに乗ると、もうそのスイートな世界観が染みつき、ほかのクルマに乗れないカラダになってしまった(注:現在はイタリア車繋がりで2気筒のフィアット500)。

現役のアルフィスタだった頃には、同名のムックがネ○パブリッシングから発刊されていて、最終版のvol.14まで何かしら手伝っていたし、同じ編集部のR○sso誌の取材で乗ったネプチューングレーの166を気に入り同色の166(ともう1台はシルバー)に自分で乗ることにしたり……と、今思えば、公私共にもうアルファ ロメオにドップリなのだった。

思い返せば近年なら155、164、145、さらに156、147、GT、GTV、スパイダーの頃のアルファ ロメオには華があり、ブランドそのものの存在が魅力的だったように思う。156など「アウディやBMWから乗り換えのお客様も随分おられます」と当時のセールス氏から聞いたこともあった。

その後、159やブレラの世代から、その次のミトやジュリエッタ、さらに現行のジュリア……。今でも見かけると“ほぼ”ショーモデルのスタイルに見入ってしまうブレラは別格だが、それ以外の車種には自分が乗っていた頃のアルファ ロメオに対し今ひとつ燃えないというか冷めて眺めている自分がいる……というのが筆者の素の気持ちだ。

ところで本稿の主題は「トナーレ」である。ご承知のとおり、トナーレはステルヴィオに次いで登場した最新のアルファ ロメオのSUVだ。今はランボルギーニもマセラティもロータスもポルシェもセンチュリーも(!)SUVを用意する時代だから、アルファ ロメオからSUVが登場しても世の中の人は誰も不思議には思わない、のだろう。

だが、あの傑作V6エンジンのクォォォォ……の鼓動としなやかな足さばき、それと走るオブジェと言っても過言ではないスタイルをかつて存分に味わった身としては「アルファ ロメオのSUVってどうなの!?」の思いは少なからずあった。

バッテリー残量がある限り、積極的にEV走行をする

で、試乗車貸し出しの予定にようやく余裕が出来たとのことで、先の年末年始にかけてトナーレを借り出し、実際に自分の生活の中で乗って試してみた。

すると、なるほど、と思った。試乗車はプラグインハイブリッドのQ4ヴェローチェで、まず前提として新車の車両価格が740万円と十分に高価格車だということ。なのであれこれ思いのままに自分で手を加えるというよりも、吊るしでそのまま乗るほうがスマートだ。装備、仕様は十分だし、幸いにも全幅1835mmと扱いやすいボディサイズだから涼しい顔をして乗っていられる。

類型的なSUVのスタイルを大きく外していない外観は、息を飲むほどの個性は薄い。けれど前後の灯体に特徴を持たせる(クルマのオン/オフでメーターにも動画で描写される)などしているところが粋。試乗車はヴェズヴィオグレーと呼ぶダークグレーで、筆者の自宅の隣近所にも同系色のSUVのレクサス、マツダのCX系×2台が生息しており、一見するとどれも似た風だが、アルファ ロメオのグレーは光の加減で黄色が浮かび上がったりと、凝った色調であることが発見できた。

インテリアは“ふた山”のメーターフードがスポーティで156(や1960年代の各車)を思い起こさせる。同様に12.3インチデジタルクラスターメーターをアナログ表示にした際の放射線状の向きに数字を並べたクラシックな盤面になるのも心憎い。それとドライバーズシートが上出来で、身体をキチンと支えてくれ、長距離でも途中1度も姿勢を直さずに座っていられた。今やステアリングが上を向いていたりせず、ペダル類も(フットレストを含め)気がつけばごく自然なリーチなのは、かつてのアルファ ロメオを思うと感慨深い。

今回は日常使いということで、わが家の愛犬のシュン(柴犬:2歳)と家内を乗せ、ドッグランや買い物へも出かけた。かれこれ20年近く前、独身だった頃にはアルファ ロメオに犬を乗せてドライブするなど想像もしなかったこと。だが、筆者がアルファ ロメオ・ファンだと知ってか知らずか「ふーん、トナーレってこういう乗り味なんだ」と、まんざらでもない表情で後席に乗車していた(ように見えた)。

試乗車は「Q4」だが、現代のそれは後輪を適宜モーター(128ps/25.5kgm)で駆動する方式の電子制御4WD。パワートレインは1331ccの4気筒ターボ(180ps/27.5kgm)で、トランスミッションは6速ATの組み合わせだ。動力性能ではもちろん不満はなくマナーも自然で、バッテリー残量がある限り、積極的にEV走行も実行してくれる。

ただし標準のドライブモード切り換えでは、あえて最高の“d”を選び、このモードでのみ切り換え可能な足をソフトにし直接的なショックを緩和すると、クルマの加減速の感覚が掴みやすく、かつ乗り味が穏やかにできるためシュン(犬)を乗せている場合には運転がしやすかった。

コーナーにさしかかり、ステアリング上の切れ角で言うと90度から180度にかけてのスウーッ! としなやかに気持ちよくクルマが向きを変える様は、「おお、アルファ ロメオだ」と思わせられる場面のひとつ。もしも今「1台ください」と言える立場にあるなら悪くない選択肢だ、と思った。

こんな記事も読まれています

【万人受けは狙わない】 時代を裏を突いた仏の一台 DS 4エスプリ・ド・ヴォヤージュEテンス
【万人受けは狙わない】 時代を裏を突いた仏の一台 DS 4エスプリ・ド・ヴォヤージュEテンス
AUTOCAR JAPAN
聖地の名前を冠した特別なアルファロメオ世界初公開!! ミラノはアルファ初のBEV!!
聖地の名前を冠した特別なアルファロメオ世界初公開!! ミラノはアルファ初のBEV!!
ベストカーWeb
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
Auto Messe Web
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
Auto Messe Web
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
WEB CARTOP
1億7400万円で「カウンタックLP400」が売出中! 高値の理由は「ペリスコピオ」に加え、20年も空調管理で保管されていたから
1億7400万円で「カウンタックLP400」が売出中! 高値の理由は「ペリスコピオ」に加え、20年も空調管理で保管されていたから
Auto Messe Web
【魅力あるクルマ】 Sクラス譲りの最新技術を積極投入。メルセデス・ベンツCクラスの完成度
【魅力あるクルマ】 Sクラス譲りの最新技術を積極投入。メルセデス・ベンツCクラスの完成度
カー・アンド・ドライバー
コンパクトになったスポーティネス! 新型「アルファロメオ・ミラノ」登場。ブランドのスタイル的特徴を再解釈した一台
コンパクトになったスポーティネス! 新型「アルファロメオ・ミラノ」登場。ブランドのスタイル的特徴を再解釈した一台
LE VOLANT CARSMEET WEB
VWのスポーツワゴン「ゴルフRヴァリアント」公道での印象は? “人気低迷のステーションワゴン”でも高評価を得ている秘密とは
VWのスポーツワゴン「ゴルフRヴァリアント」公道での印象は? “人気低迷のステーションワゴン”でも高評価を得ている秘密とは
VAGUE
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
AUTOCAR JAPAN
元リトル・ミックスのジェシー・ネルソンが世界に1台だけのメルセデスAMG「G63」をオーダー! 強烈なマンダリンオレンジの内装がゴージャスすぎです
元リトル・ミックスのジェシー・ネルソンが世界に1台だけのメルセデスAMG「G63」をオーダー! 強烈なマンダリンオレンジの内装がゴージャスすぎです
Auto Messe Web
2024年最新!BMW 3シリーズを中古車で買うとしたら…オススメモデル3選
2024年最新!BMW 3シリーズを中古車で買うとしたら…オススメモデル3選
グーネット
走り屋あがりの家族もちオヤジが歓喜した! いまや絶滅危惧種の「バカッ速ミニバン」6台
走り屋あがりの家族もちオヤジが歓喜した! いまや絶滅危惧種の「バカッ速ミニバン」6台
WEB CARTOP
【究極の1台を探せ! ハンドリング編】走り好きの山田弘樹が本音で選ぶ、ワインディングでハンドリングが楽しいマシン!「アルピーヌ・A110R vs BMW・X1 vs マセラティ・グレカーレ vs マツダ・ロードスター」
【究極の1台を探せ! ハンドリング編】走り好きの山田弘樹が本音で選ぶ、ワインディングでハンドリングが楽しいマシン!「アルピーヌ・A110R vs BMW・X1 vs マセラティ・グレカーレ vs マツダ・ロードスター」
LE VOLANT CARSMEET WEB
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
グーネット
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
AUTOCAR JAPAN
約2億2000万円まで高騰したフェラーリ「812コンペティツィオーネ」は、走行わずか90キロ! 999台限定の究極の跳ね馬とは
約2億2000万円まで高騰したフェラーリ「812コンペティツィオーネ」は、走行わずか90キロ! 999台限定の究極の跳ね馬とは
Auto Messe Web
マジで楽しくて気持ちいい!! ロードスターの走りの良さはコスパ最強!「深化」を感じられる走りって?
マジで楽しくて気持ちいい!! ロードスターの走りの良さはコスパ最強!「深化」を感じられる走りって?
ベストカーWeb

みんなのコメント

3件
  • fia********
    輸入元から借り出した車両に犬を乗せるとは、最低なジャーナリストだな。買えよ自分で
  • uwv********
    164は、ATだとハンドル切れ角が、悪いけどMTならもう少しハンドル切れ角がましでしたね。ただMTだとトルクステアが、ガンガンに来ます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

524.0625.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

418.8665.0万円

中古車を検索
トナーレの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

524.0625.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

418.8665.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村