現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デザインは理由じゃない? 営業マンのみぞ知るアルファードがヴェルファイアを逆転した真相

ここから本文です

デザインは理由じゃない? 営業マンのみぞ知るアルファードがヴェルファイアを逆転した真相

掲載 更新 87
デザインは理由じゃない? 営業マンのみぞ知るアルファードがヴェルファイアを逆転した真相

 2008年に兄弟車となったトヨタの人気大型ミニバン、アルファードとヴェルファイア。導入から約10年間はヴェルファイアの人気がアルファードを上回っていたものの、2020年の全車種併売化以降、アルファードの売れ行きが大きく加速し、ヴェルファイアは目立たぬ存在となっている。何が原因だったのだろうか。

 これまでも「なぜヴェルファイアがアルファードに逆転されたのか」に関して多くのメディアで取り上げられてきたが、本稿では筆者が販売現場で培った経験から、アルファード・ヴェルファイアの販売の歴史と、アルファードが現在人気を集めている理由を独自に解説していく。

商用車の王者、ハイエースがバイカーたちからも熱い支持を受けるワケ

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】(本文未掲載写真あり)似ているようでかなり違う! アルファード&ヴェルファイアを写真で比較

■アルファードは人気上昇したがヴェルファイアも失速したわけではない

ホワイトのボディが似合うアルファード。販売面では当初、ヴェルファイアに負けていたが、2018年を境に逆転し、その後大幅に販売を伸ばした

 ヴェルファイアは、導入当初から順調に販売台数を伸ばしていった。徐々にアルファードの人気が高まっていったのが、2015年のフルモデルチェンジ以降となる。その後の売れ行きを乗用車ブランド通称名別順位で見ていこう。

■アルファード/ヴェルファイア 販売台数(暦年)の推移

【2016年】ヴェルファイア:17位(4万8982台)/アルファード:24位(3万7069台)
【2017年】ヴェルファイア:23位(4万6399台)/アルファード:25位(4万2281台)
【2018年】ヴェルファイア:25位(4万3130台)/アルファード:15位(5万8806台)
【2019年】ヴェルファイア:23位(3万6649台)/アルファード:13位(6万8705台)
【2020年】ヴェルファイア:37位(1万8004台)/アルファード:5位(9万748台)

2015年1月のフルモデルチェンジで登場した現行モデル(2代目)。発売当初、販売が好調だったのはヴェルファイアだった

 2016年~2018年までの間、ヴェルファイアの販売台数は大きく変化していていない。2019年の順位を見ても、前年とほぼ変わらず、失速を感じるのは2020年以降だ。対するアルファードは、2018年のマイナーチェンジ以降、ヴェルファイアを逆転し、2020年の全車種併売開始で爆発的に売れた。

 なぜこの逆転劇が起こったのか。その理由を、ヴェルファイアが好調に売れていた、2010年代におけるトヨタの販売構造から紐解いていきたい。

■「代わり」がいるアルファードと「代わりの利かない」ヴェルファイア

ヴェルファイアは、2021年4月28日の一部改良で、グレードを「GOLDEN EYES II」のみとするモノグレード化を実施した

 併売化前、ヴェルファイアが好調に売れ続けた理由は、トヨペット店とネッツ店における、チャネル専売車種の差にあると筆者は考える。

 新車の販売利益は、高額なクルマほど大きくなる傾向だ。小型車と大型高級車の利益差は5~10倍程度になることもある。2010年代のトヨタ販売店では、大きく高額なクルマを多く扱うトヨタ店やトヨペット店の方が、経営しやすいチャネルだった。

 大型高級車や商用車の取り扱いが多く、法人ユーザーを多く抱えていたトヨペット店扱いのアルファード。対してヴェルファイアを扱うネッツ店は、圧倒的に個人ユーザーが多い。取り扱い車種も若者や女性をターゲットにした小型車がメインだ。

 アルファードの他にも利益の柱になるクルマがあるトヨペット店と、小型車で台数を稼ぎながら、利益の軸としてヴェルファイアを売っていくネッツ店では、両車の重要度が大きく違う。

 クルマを売る力は、トヨタ4チャネルの中でネッツ店が群を抜いて強い。ネッツ店は販売力の強さで、利益の軸となるヴェルファイアを数多く売ると同時に、派手でカッコいいラージサイズミニバン市場を作り上げた。

 2020年の併売化後、ネッツ店は多くの利益車種を手に入れる。ヴェルファイアの販売に注力する必要がなくなり、ヴェルファイアの勢いは衰退していく。

■高級という誰もが納得する価値観

先代モデルはアルファード以上の人気モデルだったアルファード。現行モデルは2018年のマイナーチェンジの頃から売れゆきが逆転した

 アルファードは、セダン・ワゴン・ハッチバックや、もちろんミニバン・SUVに乗っているユーザーが、どこからでも目指せる「高級車」になった。法人利用や官公庁での使用も目立ち、最上級グレードの「エグゼクティブラウンジ」が、アルファードの象徴とも言える。

 対するヴェルファイアは、高級よりも派手さやカッコよさが先行する。特別仕様車のゴールデンアイズのイメージが強くなり、ヴォクシーの上級版というイメージが強くなった。

 アルファードの高級感は、非常にターゲット層が広く、売りやすい。ヴェルファイアユーザーがいるネッツ店ではもちろん、高級車を売り慣れたトヨタ店も、アルファードへ乗り換えるユーザーが多いチャネルであり、販売を続々と強化する。

 ヴェルファイアの魅力である格好良さは、可愛さと同じように個人の主観で決まる要素だ。これまではネッツ店のイメージとマッチしていた魅力なのだが、トヨタチャネルの中には、その魅力を持て余すところも出てくる。併売化後の販売規模拡大を、自身の個性爆発によって行えないまま、販売強化されたアルファードに主役を譲ることとなった。

 しかし、アルファードがここまで売れた背景には、ヴェルファイアとネッツ店が地道にラージミニバン市場を牽引し続けた努力がある。両車は競い合ったようにも見えるが、筆者にはヴェルファイアがお役御免と身を引き、アルファードに跡継ぎを託したようにも見えるのだ。

 ヴェルファイアの個性がなければ、ラージミニバン市場は大きくならなかったと思う。販売は衰退してしまったが、新しい風を吹き込み、市場の先駆者となったヴェルファイアに賛辞を送りたい。

【画像ギャラリー】(本文未掲載写真あり)似ているようでかなり違う! アルファード&ヴェルファイアを写真で比較

こんな記事も読まれています

新型ヴェゼル魅力解剖 ~グレード解説&オススメグレード~
新型ヴェゼル魅力解剖 ~グレード解説&オススメグレード~
グーネット
ホンダ「脱ガソリン」本気 中国で希望退職1700人応募も、海外勢へ強まる逆風とは
ホンダ「脱ガソリン」本気 中国で希望退職1700人応募も、海外勢へ強まる逆風とは
Merkmal
二段ベッドが常設だから、レイアウト変更の手間要らず! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
二段ベッドが常設だから、レイアウト変更の手間要らず! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
2ローターでしかも縦置きだぜ!! [新型コスモスポーツ]改め[アイコニックSP]が超絶期待したいデキ
2ローターでしかも縦置きだぜ!! [新型コスモスポーツ]改め[アイコニックSP]が超絶期待したいデキ
ベストカーWeb
超エレガントな初代[プレセア]は日産版カリーナED]!? スタイリッシュ4ドアクーペの優雅なスタイルは唯我独尊!!
超エレガントな初代[プレセア]は日産版カリーナED]!? スタイリッシュ4ドアクーペの優雅なスタイルは唯我独尊!!
ベストカーWeb
井戸田潤、パパになる!うきうきファミリーカー探し…のハズがドタバタ過ぎる展開に!?
井戸田潤、パパになる!うきうきファミリーカー探し…のハズがドタバタ過ぎる展開に!?
グーネット
文句無しのかっこよさ!! クラウンクロスオーバーランドスケープにまさかの先祖がいた!? 販売店が手掛けたコンセプトカーを解説
文句無しのかっこよさ!! クラウンクロスオーバーランドスケープにまさかの先祖がいた!? 販売店が手掛けたコンセプトカーを解説
ベストカーWeb
NISMOと日産を愛するドライバーに届け!【日産 アリアNISMO】
NISMOと日産を愛するドライバーに届け!【日産 アリアNISMO】
グーネット
日産「サクラ」一部仕様向上で利便性アップ!2トーンカラーの新色も追加
日産「サクラ」一部仕様向上で利便性アップ!2トーンカラーの新色も追加
グーネット
新型キックス先取り解説 ~新旧&ライバル比較も~
新型キックス先取り解説 ~新旧&ライバル比較も~
グーネット
ヒョンデ “Qちゃん”2号機、稼働!新モバイルサービスカー導入で出張整備サービス強化へ
ヒョンデ “Qちゃん”2号機、稼働!新モバイルサービスカー導入で出張整備サービス強化へ
グーネット
ジープ「レネゲード フリーダムエディション」発売 遊びゴコロあふれる特別限定車
ジープ「レネゲード フリーダムエディション」発売 遊びゴコロあふれる特別限定車
グーネット
三兄弟で月に4万台も売れた! 昭和のGX71型マークII/クレスタ/チェイサーがメガヒットした理由とは 今いくらで買える?
三兄弟で月に4万台も売れた! 昭和のGX71型マークII/クレスタ/チェイサーがメガヒットした理由とは 今いくらで買える?
ベストカーWeb
え、ジムニーに10型の大画面ナビ? 視界を遮らない専用デザイン アルパインBIG Xのこだわりが凄い!
え、ジムニーに10型の大画面ナビ? 視界を遮らない専用デザイン アルパインBIG Xのこだわりが凄い!
AUTOCAR JAPAN
YZ RACING、2024年もGTWCジャパンカップにBMW M4 GT4で参戦。M2 CSレーシングにも挑戦
YZ RACING、2024年もGTWCジャパンカップにBMW M4 GT4で参戦。M2 CSレーシングにも挑戦
AUTOSPORT web
燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!
燃費爆上げ確実! スバルのストロングハイブリッド第1弾[クロストレック]初公開!! [新型フォレスター]にも搭載へ!!!
ベストカーWeb
ノート“AUTECH CROSSOVER”がマイナーチェンジ。外観一新で『SUVらしさ』を強調
ノート“AUTECH CROSSOVER”がマイナーチェンジ。外観一新で『SUVらしさ』を強調
AUTOSPORT web
【衝撃】次期セリカ用???トヨタ新エンジン3種お披露目 最高スペック2Lターボ発表
【衝撃】次期セリカ用???トヨタ新エンジン3種お披露目 最高スペック2Lターボ発表
ベストカーWeb

みんなのコメント

87件
  • >>先代モデルはアルファード以上の人気モデルだったアルファード。

    どっちもアルファードかい。ちゃんと校正してる?
  • 残クレマイルドヤンキー御用達ヴェルファイア
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02199.0万円

中古車を検索
アルファードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02199.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村